ABEJA Insight
for Retailとは

店舗のあらゆる数値を可視化することで、
正しい店舗の状況把握から、
短期的な改善策の効果検証が可能に。

小売の経営判断を支援する店舗解析サービス小売の経営判断を支援する店舗解析サービス

入店から購買までの
顧客行動を可視化

従来の技術では可視化・
指標化が難しかった顧客行動。
店舗に設置したカメラなどデバイスを通して、
顧客の動きを数値化します。

消費者行動を可視化

取得・連携可能なデータ一覧

来客人数
来客人数
店前通行量
店前通行量
入店率
入店率
フロア別来客人数
フロア別来客人数
買上率
買上率
エリア立寄率
エリア立寄率
来客属性
来客属性
店前属性
店前属性
滞在時間
滞在時間
リピート推定
リピート推定
動線分析
動線分析
接客率
接客率
棚前通行量
棚前通行量
棚前立ち寄り率
棚前立ち寄り率

リピート推定

来店客の顔画像を取得することにより、リピーター比率や再来店回数などを測定することが出来ます。
※リピート推定が可能な期間は 6ヶ月以内に限ります。

分かること
  • ・来店客の新規顧客/リピート顧客割合
  • ・リピーターの来店頻度分布  …等
活用方法

集客施策により獲得した顧客は新規/リピートどちらなのかといった効果測定や、顧客満足度を測るためのKPIとしてご活用いただけます。

リピート推定

動線分析

店内に複数台設置したセンサーを活用して、来店客の入店から購買までの動きを一筆書きに捉え、回遊状況や滞在状況を測定することができます。

分かること
  • ・立ち寄り率
  • ・滞在時間
  • ・接客率 …等
活用方法

・店舗レイアウトの改善やVMDの定量データによる効果測定、接客の改善に繋げることができます。

動線分析

データに基づき
店舗の課題を発見

取得した店舗データと、
POSや天気など既存データを組み合わせることで
売上に至るまでの過程のうち店舗の課題が
どこにあるのか、見つけ出すことができます。

顧客行動の数値化で、
課題が客観的に分かる

顧客行動を数値化して捉えることで購買までのプロセスのどこに課題があるのか、客観的に理解することが出来ます。

顧客行動の数値化で、課題が客観的に分かる

顧客行動を数値化して捉えることで購買までのプロセスのどこに課題があるのか、客観的に理解することが出来ます。

クラウド管理画面

誰でもカンタン・手軽に、店舗データを分析できます。取得した店舗データは、ブラウザ上の管理画面からご覧いただけます。忙しい店長がひとめで店舗状況を確認できる分かりやすさながら、本部で行う細かい分析にも対応できる使いやすい確認画面です。

クラウド管理画面

週次メール配信

忙しくて管理画面を開けなくても大丈夫。先週取得したデータを、サマリーレポートにして毎週メールでお届けします。どこに課題があるのか、大きく変化した指標は何か、分析してお伝えします。

週次メール配信

改善施策の実施や
効果検証をサポート

データは活用してこそ意味があります。
発見した課題をもとに施策を実施、
そして効果検証するPDCAの流れをカンタン・手軽に、
店舗が主体となって実施できるよう店舗施策を
サポートする機能をご用意。

施策登録機能

店舗が行なった施策を登録することで、店舗施策のデータベースを構築できます。

来客人数や来客属性といった店舗データと照らし合わせることで、施策による顧客行動の変化が一目瞭然に。

店舗の成功事例を吸い上げて横展開することで、全ての店舗が最適な施策を行なえるようになります。

施策登録機能

スマートストアの実現へ

ABEJA Insight for Retail 導入により、
店舗データを蓄積することで
人工知能が
データを読み解き、より高度な分析・
活用が可能になります。
面倒な事務作業は人工知能に任せて、
人は人にしか出来ないことを。
スマートストアの実現を最大限サポートします。

店舗課題の明確化
店舗課題の
明確化
在庫最適化
在庫最適化
レイアウト改善
レイアウト
改善
接客改善
接客改善

店舗データの取得・活用を
今すぐ始めてみませんか?