人工知能を活用した
店舗解析サービス

ABEJA Insight for Retailとは

ABEJA Insight for Retailは、最新のテクノロジーを用いて
勘と経験から脱却し、小売経営を科学するためのソリューションです。

ABEJA Insight for Retail 概要
機能1.

入店から購買までの
消費者行動を可視化

従来の技術では可視化・指標化が難しかった消費者行動。
店舗に設置したカメラなどデバイスを通して、
消費者の動きを数値化します。

消費者行動を可視化

ABEJA Insight for Retail で取得・連携可能なデータ一覧

来客人数
来客人数
店前通行量
店前通行量
入店率
入店率
フロア別 来客人数
フロア別 来客人数
買上率
買上率
エリア立寄率
エリア立寄率
来客属性
来客属性
店前属性
店前属性
滞在率
滞在率
詳細資料を見る

人工知能だから、
学び続けることができます。

ABEJA Insight for Retailは、自社開発のディープラーニング技術に基づいた解析システム。
ABEJAでは定期的に新たな教師データを提供して、精度向上を測っています。
使えば使うほど賢くなる店舗解析サービス。
学び続けることが、ABEJAの最大の強みです。

ABEJA Insight for Retailのロゴ
機能2.

データに基づき
店舗の課題を発見

取得した店舗データと、POSや天気など既存データを組み合わせることで
売上に至るまでの過程のうち
店舗の課題がどこにあるのか、見つけ出すことができます。

多様な既存データと連携することができます

レジアイコン
POSデータ
POSと来客人数を掛け合わせることで
売上はもちろん、平均客単価や
購入点数などもクラウド管理画面上で
見ることができます。
天気アイコン
天気データ
店舗の立地に合わせて
その地域の天気データを参照。
天気に応じた来客人数の動向などを
知ることができます。
カレンダーアイコン
シフトデータ
店舗データ・売上と
シフトデータを掛け合わせて
人時生産性や最適なスタッフ数を
知ることができます。

クラウド管理画面

誰でもカンタン・手軽に、
店舗データを分析。

  • 取得した店舗データは、ブラウザ上の管理画面から
    ご覧いただけます。
  • 忙しい店長がひとめで店舗状況を確認できる分かりやすさながら、
    本部で行う細かい分析にも対応できる使いやすい確認画面です。
試してみる
ABEJA Insight for Retail のクラウド管理画面

週次メール配信

忙しくて管理画面を開けなくても大丈夫、
先週取得したデータを、サマリーレポート
にして毎週メールでお届け。

  • どこに課題があるのか、大きく変化した指標は何か、
    分析してお伝えします。
週次メール配信のサンプル画面
先週の実績画面
先週の傾向画面
機能3.

改善施策の実施や
効果検証をサポート

データは活用してこそ意味があります。
発見した課題をもとに施策を実施、そして効果検証するPDCAの流れを
カンタン・手軽に、店舗が主体となって実施できるよう
店舗施策をサポートするアプリをご用意。

施策登録アプリ

  • 店舗が行なった施策を登録することで、
    店舗施策 およびその効果のデータベースを構築できます。
  • POSや店舗データにより、施策ごとにどれくらいの
    効果があったのかが一目瞭然に。
  • 店舗の成功事例を吸い上げて横展開することで、
    全ての店舗が最適な施策を行なえるようになります。
アプリ画面

活用の流れ

Step 1
店舗で行なった施策を
写真とともに登録
施策を写真と登録
Step 2
施策内容を本部/他店舗に
自動で共有
データを本部/他店舗と自動共有
Step 3
店舗データ・POSから
施策効果を測定・蓄積
データを測定・蓄積
Step 4
貯まった施策データに基づいて、
人工知能が効果のある施策を
提案するようになります
人工知能が提案

スマートストアの実現

ABEJA Insight for Retail 導入により、店舗データを蓄積することで
人工知能がデータを読み解き、より高度な分析・活用が可能になります。
面倒な事務作業は人工知能に任せて、人は人にしか出来ないことを。
スマートストアの実現を最大限サポートします。

店舗課題の
自動抽出
在庫最適化
施策の
自動提言
シフト
最適化

店舗データの取得・活用を
今すぐ始めてみませんか?