ABEJA PLATFORM

ABEJA Platform パートナーエコシステム
利用規約

第1条 (規約の適用)

株式会社ABEJA(以下、「当社」といいます。)は、ABEJA Platformパートナーエコシステムサービス(以下、「APPE」といいます。)に関する利用規約(以下、「本規約」といいます。)を定め、本規約に基づき締結されるABEJA Platformパートナーエコシステム契約(以下、「本契約」といいます。)に基づき、本契約の相手方である参加パートナー(以下、「パートナー」といいます。)に対して、APPEを提供します。

第2条 (規約の変更)

当社は、パートナーの承諾を得ることなく、いつでも本規約の全部又は一部を変更できるものとします。かかる変更を実施する場合、当社は、当社のウェブサイト又は当社が定める任意の方法でパートナーに対して告知するものとし、当該告知が行われた後に継続してAPPEの提供を受ける場合、パートナーはかかる変更に同意したものとみなします。

第3条 (APPEの目的等)

APPEでは、別途定める様々なプログラムを通じ、ABEJA Platformに関する技術資料や、専門のトレーニング、マーケティング支援などの所定のサポートを提供します。パートナーになることによって、当社の提供するABEJA Platformをよりよく活用いただけます。

第4条 (Marketingパートナー)

本契約のパートナーは、データの取得におけるIoT製品、ネットワーク機器やそのソフトウェア、デプロイにおけるアプリケーション、可視化のためのツール等を提供する企業、及び、AIにおける戦略的コンサルティング企業など、ABEJA Platformと連携するソリューションを持ち、提供が可能な企業であることを要するものとし、対外的には「Marketingパートナー」という名称で表示されるものとします。

第5条 (参加の申込み)

本規約はAPPEにお申し込みいただいた方に適用されるものであり、当該申込者は、当社の定める様式によってAPPEを申し込み、当社がこれを承諾した時点で、当社との間に本契約が成立し、パートナー資格を取得します。

第6条 (パートナー資格の喪失)

パートナーは本契約の解約若しくは解除又は当社によるAPPEの提供終了のいずれかの事由によって、その資格を失うものとします。

第7条 (解約)

パートナーが本契約を解約しようとするときは、別途定める様式によって速やかに 当社に届け出なければならないものとします。

第8条 (解除)

パートナーが次のいずれかの事由に該当するときは、当社は本契約を解除することができるものとします。
(1) 申込時に虚偽の事項を通知したことが判明したとき。
(2) APPEを故意に妨害し、又は当社の名誉を毀損する行為を行ったとき。
(3) APPEで扱うふさわしい製品又はサービスを提供しなくなったとき。
(4) その他、本契約に違反又は当社がAPPEへの参加が相応しくないと判断したとき。

第9条 (提供の終了)

当社は、APPEの提供をいつでも一時停止又は終了することができるものとします。ただし、終了にあたっては、終了の30日前までにパートナーに対し周知を行うよう、合理的な努力を行うものとします。なお、当社はかかる終了に関してパートナーに生じた一切の損害に関して免責されるものとします。

第10条 (当社の権利)

当社は、パートナーから要請のあった製品・サービスのうち当社が適切と認めた製品・サービスを認定製品・サービスとして登録する権利、また必要な使用許諾等を受ける権利を有することとし、当該権利には次の各号に定める販売促進活動などが含まれますが、これらに限られないものとします。ただし、これらの細目については、個々にパートナーと当社との間で別途協議のうえ定めるものとします。
(1) 当社のウェブサイトへのパートナー製品・サービスの掲載を含む共同マーケティング活動
(2) パートナーの会社名及び商品名(ロゴ)の当社による使用
(3) 開発などに必要となる各種技術情報のパートナーからの開示

第11条 (パートナーの権利)

パートナーは、次の各号に定める事項を当社と協力して行うことができるものとします。ただし、これらの細目については、個々にパートナーと当社との間で別途協議のうえ定めるものとします。
(1) 当社ABEJA Platformとパートナーの製品の接続性、又は、相互運用性の保証
(2) 共同マーケティング活動
(3) 当社からの販売教育・販売拡大・マーケティング支援などの資料提供
(4) 当社許諾に基づく当社の社名及びロゴの使用

第12条 (信用の維持)

パートナーは、APPEの提供又は使用にあたり、当社の信用を損なう行為を行ってはならないものとします。

第13条 (必要事項の通知)

パートナー及び当社は、次の各号に定める事項について、書面(電磁的記録を含みます。)により相手方に通知することとします。
(1) 名称、住所若しくは居所、請求書の送付先又は法人の代表者の変更
(2) 事業の廃止又は法人の解散
(3) 当社が有する第10条に基づく権利内容に影響がある製品・サービスの変更、増設又は廃止

第14条 (権利譲渡)

パートナーは、本契約により生じる権利若しくは義務の全部若しくは一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は自己若しくは第三者のために担保に供してはならないものとします。ただし、書面により当社から事前の承諾を得た場合はこの限りではありません。

第15条 (販売契約)

(1) 当社がパートナーの製品・サービスを販売する上で必要な場合には、別途契約を締結するものとします。
(2) パートナーが当社の製品・サービスを販売する場合には、別途契約を締結するものとします。

第16条 (秘密保持)

パートナーは、本契約の有効期間中及び本契約終了後、本契約に関連して知り得た特定の情報、当社よりパートナーであることを前提に開示を受けた情報、その他本契約の利用に際して知り得たAPPE、当社、利用者に関する情報を、他に開示・漏洩してはならないものとします。

第17条 (パートナーの地位) 

当社とパートナーは、相互に独立した当事者であり、いかなる目的においても、相互に相手方の法律上の代理人ではなく、契約により当事者間に組合、パートナーシップ、ジョイントベンチャーや提携関係を構成するものではありません。

第18条 (合意管轄)

本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第19条 (準拠法)

本規約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。