AIのPoCを
より早く、より簡単に

プログラミング不要のAI開発パッケージ

お問い合わせ

データを準備するだけ
AI導入における初期仮説を
すぐに検証

  • ABEJA Platform Acceleratorは、
    AIの実装を加速するために、
    非エンジニアの方でもデータを収集するだけで
    AIの学習・検証が可能な初期仮説検証のための
    パッケージです。
  • AIのPoCを行うにはAI人材の確保、
    大量データの集取、計算リソース
    の確保やアルゴリズムの開発や実験など 多岐にわたるプロセスが必要で、
    初期仮説検証においても、最初の一歩が難しいものでした。
  • ABEJA Platform Acceleratorはこの最初の一歩を
    より早く、簡単に踏み出せるサービスです。
    プリセットのAIアルゴリズムと各アルゴリズムに
    特化したレポート出力機能(初期仮設検証レポート)を
    利用することで、
    多岐にわたるプロセスを簡略化し、
    AIの初期仮説を検証することができます。
  • また、検証したAIをそのまま使いたい場合は、
    運用開発基盤PaaSであるABEJA Platform
    活用することで、そのままAPIとして
    自社サービスに組み込んだり、エッジコンピューターに
    デプロイして利用することも可能です。
    ABEJA Platform Acceleratorを使うことで初期仮説検証から実証実験まで、
    一貫して実現することができます。

データを収集&
アップロードし、
アノテーションするだけ

ABEJA Platform AcceleratorはプリセットのAIアルゴリズムとレポート出力機能を兼ね備えています。
データを収集してアップロードし、お好みのアルゴリズムを選択するだけで自動的に学習・検証が行われます。
検証結果は各アルゴリズムごとに設計されたABEJAお勧めのレポートが出力されるため、深い専門知識やプログラミングをすることなく解決したい課題を検証することが可能です。

教師データ作成も
よりスピーディーに

ABEJA Platform AcceleratorはABEJA Platform Annotationと連携しています。教師データをお持ちでない場合でも、ABEJA Platform Annotationを利用することで簡単に教師データを作成することができます。
もしあなたの手元にデータ無い場合も、ABEJA Platform Annotationでニーズにあったデータを収集、用意します。
詳しくはABEJA Platform Annotationをご覧ください。

用意された「AIアルゴリズム」を
選ぶだけ

画像認識の代表的なアルゴリズムを用意しています。
ユーザーは「AIアルゴリズム」を選ぶだけで、プログラミングを一切することなく簡易AIモデルを作成することができます。

※用意された画像認識アルゴリズムは、クラス識別「ResNet50」、物体検出「SSD300」をはじめ、ABEJAオリジナルのアルゴリズムも随時追加予定です。

学習後のモデルを
そのままAPIとして活用可能

ABEJA Platformを活用することで、仮説検証で作成した学習モデルをそのままデプロイ・APIとして利用することも可能です。
初期仮説検証からプロトタイプ・実証実験まで、一貫して実装することができます。

※別途ABEJA Platformの契約が必要です。

利用可能な
機械学習アルゴリズム

  • 画像のクラス分類

    画像のクラス分類

  • 画像の物体検出

    画像の物体検出

  • 画像のセグメンテーション

    画像のセグメンテーション (Comming Soon)

価格

ABEJA Platform Accelerator 利用料金

10万円〜 1レポート・1ヶ月

  • ※データ量・タスクに応じて変動
  • ※アノテーションプラットフォーム利用料を含む

データ作り(アノテーション)から必要な場合もまずはお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお送りください。後日、担当者よりご連絡差し上げます。
(必須項目*)

会社名

会社名 を入力してください

部署

役職

お名前

お名前 を入力してください

メールアドレス

メールアドレス を正しく入力してください

電話番号

電話番号 を正しく入力してください

試したいAIアルゴリズム

ご興味のあるソリュ―ションを正しく入力してください

お問い合わせ内容

問い合わせ内容を入力してください

同意してください

同意してください