アジア初開催!Decoded Fashion Tokyoピッチファイナリスト企業を一挙公開!

WRITER : 朴 泳虎

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Decoded Fashionとは「ファッションとテクノロジーの融合」をテーマとしたイベントで、ニューヨーク、ロンドン、ミラノなど世界中で開催されている。

そして今回、アジア初となるDecoded Fashion Tokyo Summit 2015が開催された。Decoded Fashionについてもっと詳しく知りたい方は下記を参照してほしい。

今回はそんなDecoded Fashionで開催されたファッション×テノロジーピッチイベント「THE ISETAN CHALLENGE」のファイナリスト企業についてご紹介したい。

▼関連記事

ファッション×テクノロジーの最先端を行く専門家が語る未来の姿

海外最先端のリテールテクノロジーが集結!「Decoded Fashion Pitch」 ファイナリスト10社まとめ【前編】

海外最先端のリテールテクノロジーが集結!「Decoded Fashion Pitch」 ファイナリスト10社まとめ【後編】

ショッピング体験に革命を起こす?動作一つで服を脱がずに試着ができるデジタルミラーMEMOMI

2

引用:MEMOMI

 

企業名:MEMOMI

調達額:未調達

CEO:Salvador Nissi Vilcovsky

設立年月:2013年

MEMOMIはアパレル・ファッション企業向けに、試着を劇的に簡易化するデジタルミラーを提供している。デジタルミラーの前に立って顧客が簡単なジェスチャーをすると、着ている服の色を変えることができる。さらに、前に来た服を記録しておいて、いま着ているものと同時に並べて比較をする、SNSでシェアをするといったことも可能である。

誰もがデザイナーに?縫い合わせる必要のない衣類を制作できる3DプリンターELECTRO LOOM

3

引用:ELECTRO LOOM

 

企業名:ELECTRO LOOM

調達額:非公開

CEO:Marcus Foley、Aaron Rowley

設立年月:2014年9月

ELECTRO LOOMが提供する3Dプリンターは無数の細かいナノファイバーを原料とすることで、縫い目のない1枚の衣類を、誰でも簡単に作ることができる。同社のミッションは、全ての人が自分に合った服を簡単にデザイン・製造できるようになることだ。技術は開発途上であるものの、非常に未来への可能性を感じさせる製品である。

iBeaconよりもすごい?来店者の人数や滞在時間をほぼ100%測定できるBLUEFOX

4

引用:BLUEFOX

 

企業名:BLUEFOX

調達額:未調達

CEO:Guillaume de La Tour

設立年月:2015年

BLUEFOXは、スマホなどのモバイルデバイスから発信される電波を検出・分析して顧客の人数カウントや滞在時間の測定を行う店舗内顧客分析サービスを提供する企業である。同じジャンルの企業としてiBeaconやWi-Fiを使って顧客の分析を行う企業が多いが、BLUEFOXが他社と違う点はWi-Fiに加えて3G,4Gといった電波も検出できる点だ。従来のiBeaconが全体の10%程度の顧客しか検出できなかったのに対して、BLUEFOXが提供するソリューションは検出率75%~100%を実現しているという。

最先端技術、ディープラーニングを実用化したオフライン世界のGoogle Analytics ABEJA

a

引用:ABEJA

 

企業名:ABEJA

調達額:非公開

CEO:Yousuke Okada

設立年月:2012年9月

ABEJAは、今回の「THE ISETAN CHALLENGE」で選ばれた日本企業2つのうちの1社である。ABEJAが提供しているのは、画像解析とディープラーニングと呼ばれる技術を使った店舗内分析サービスで、来店顧客の人数、年代・性別といった属性、更に店内をどのように回遊しているかといったデータを取得してWebからリアルタイムに閲覧することができる。

空間を演出する総合インラクティブコンテンツ INSECT MIRCRO AGENCY

6

引用:INSECTMICRO AGENCY

 

企業名:INSECTMICRO AGENCY

調達額:非公開

CEO:川村 行治

設立年月:2010年7月7日

INSECT MIRCRO AGENCYは、今回の「THE ISETAN CHALLENGE」で選出された一つの日本企業である。デジタルサイネージを使った空間演出を得意としており、クライアントにニーズに合わせて様々な形のインタラクティブコンテンツを提供している。

まとめ

今回はアジア初開催となるDecoded Fashion Tokyo Sumit 2015で登場した5社について紹介したが、いかがだったろうか?ファッション業界でテクノロジーが注目を浴びる背景にはSNSやスマホの普及による顧客行動の複雑化に加えて、ECやファストファッションといった新興勢力の台頭がある。ファッション業界はその性質ゆえに、長らくテクノロジーとは縁遠い場所にいたが、だからこそファッションとテクノロジーの融合には大きな可能性が眠っており、ファッション業界にはその大きな可能性が必要なのだ。今後も拡大するDecoded Fashionとファッション×テクノロジーの未来から目が離せない。

 

▼関連記事

ファッション×テクノロジーの最先端を行く専門家が語る未来の姿

海外最先端のリテールテクノロジーが集結!「Decoded Fashion Pitch」 ファイナリスト10社まとめ【前編】

海外最先端のリテールテクノロジーが集結!「Decoded Fashion Pitch」 ファイナリスト10社まとめ【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら