ナイキCMやパフューム公演の制作も手掛けるクリエイティブ集団「ライゾマティクス」に迫る

WRITER : 楠富 智太

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2015年5月1日から10月31日の184日間、イタリア・ミラノで開催される「2015年ミラノ国際博覧会」(以下「ミラノ万博」)の開幕まで、残り約3ヶ月となった。

ミラノ万博は、「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマに、約140の国と国際機関が参加し、それぞれが魅力的なパビリオンを展開する。

そのミラノ万博で日本館の展示をプロデュースする企業の1つが株式会社ライゾマティクス(以下、ライゾマティクス)である。

日本が誇るクリエイティブ集団ライゾマティクスとは

ライゾマティクス

引用:株式会社ライゾマティクス

ライゾマティクスは、ウェブ制作や映像製作を始め、プロジェクトによってはシステム開発や、アーティストのコンサートの演出まで、幅広く手掛けるクリエイティブ集団だ。メンバーには、デザイン,アート,建築,数学,工学など,様々なバックグラウンドを持つ個性豊かなプロフェッショナルが集まっている。

ライゾマティクスの代表取締役である齋藤精一氏は、「3カ月で廃棄される広告、いつまでも鑑賞されるアート。この2つを両立させたい」と考え、2005年7月に同社を設立した。

今回はこれまでライゾマティクスが手掛けてきた多くのクリエイティブな作品の中から、3つの作品を紹介する。

1.NIKEのシューズで音楽を奏でる「NIKE MUSIC SHOE」

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/watch?v=uS1exujG3cY” width=”500″]https://www.youtube.com/watch?v=ostZlQx_30c#t=134[/su_youtube]

2010年4月、ライゾマティクスはNIKEのプロジェクト「NIKE MUSIC SHOE」をYouTubeで公開し、国内・海外のメディアやブログで大きな反響を呼んだ。この映像は当時のNIKEの新シューズ「NIKE FREE RUN+」を楽器に改造し、ブレイクビーツユニット「HIFANA」が演奏するシークレットライブを収めた作品だ。

シューズと音楽を掛け合わせるという斬新な発想で見る人を惹き付け、YouTubeにアップされた動画はこれまで130万回以上再生されている。

単なる広告の枠を超え、音楽、スポーツ、カルチャーが密接に交わったキャンペーンを行ってきたNIKEらしい独特の世界観を、ライゾマティクスは見事に表現した。

▼参照

NIKE MUSIC SHOE

2.先端テクノロジーを用いてパフュームの舞台を華麗に演出

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/watch?v=gI0x5vA7fLo#t=276″ width=”500″]https://www.youtube.com/watch?v=ostZlQx_30c#t=134[/su_youtube]

ライゾマティクスは,若者を中心に絶大な支持を得るテクノポップユニットPerfume(パフューム)の舞台演出のテクニカル・サポートのほか、先端技術を用いたMVの演出も手掛けている。上の動画は「第60回カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」で、パフュームとライゾマティクスがコラボした際の映像だ。パフュームが着ている衣装にプロジェクションマッピングを行い、近未来的な世界観を演出している。「第60回カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」は、毎年フランスのカンヌ市で行われる世界的なイベントだ。そのイベントの中で、ライゾマティクスがパフュームと共に創り出した独特の世界観は観客を魅了し、世界中から集まった4000人のクリエイターや広告関係者からはスタンディングオベーションが起こった。

▼参照

ライゾマティクス inspired by Perfume

3.経産省の複雑なデータをビジュアル化

ライゾマ

引用:OPEN METI

ライゾマティクスは、経済産業省のデータを視覚的にわかりやすく表示し、有効活用していこうというWebサイト「OPEN METI」を製作した。経済産業省の年報3万ページ以上を解析し、独自開発したアルゴリズムを用いて取得したデータを元に、インフォグラフィック形式で分かりやすく表現している。

「月間景気変動幅」や輸入・輸出の品目別シェア、「年間政策別コストデータ」といったデータを1988年から2011年まで参照することができる。

▼参照

OPEN METI

常に新たなフォーマットを創り出し続けるライゾマティクス

いかがだっただろうか。ライゾマティクスはデータ・ビジュアライゼーション、ウェアラブル・コンピューティングといった最新メディア・テクノロジーを強みとする。高い技術力だけではなく、常に斬新かつ洗練されたアイデアを生み出し続けるクリエイティビティを武器に、ライゾマティクスは世界中から注目を集めている。日本が世界に誇るクリエイティブ集団ライゾマティクスの今後に期待だ。

▼関連記事

チームラボが伝承する日本独自の「カルチャー」と「テクノロジー」

アッと驚く!「チームラボ」が創り出すデジタルサイネージ事例まとめ4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら