Facebookが予測する2015年に世界を動かす5つのデジタルマーケティングトレンド

WRITER : 野田 勝

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Facebookは、今や言わずと知れた世界最大級のソーシャルネットワークサービスである。FaceBookの利用者は2014年6月の時点で13億人を突破し、今後も引き続き成長していくであろう注目企業だ。今回は、Facebookが予測した、2015年のデジタルマーケティングトレンドを紹介したい。

▼参照

2015 digital marketing predictions for Facebook

1.モバイルが更なる注目を集める

3

引用:There’s a Whole New Way to Buy Yourself an iPhone 6

2015年、モバイルは以前にも増して人びとの注目を集めるようになる。その結果、ニュースや画像、動画など、人びとが閲覧する情報の幅は更に広がっていく。さらに、モバイルの普及によって、私たちの購買のあり方もシフトし、従来より多様な場所、形態で、新たな商品に出会うこととなる。そのため、広告は一カ所にフォーカスして打ち出すのではなく、ターゲットが様々なメディアを行き来し、情報を獲得しているということを念頭に入れた上で戦略を建てるべきである。

2.広告は数値計測型から説明可能型へとシフトするeffective

従来の広告の効果測定と言えば、広告クリック数を始めとする数値計測型であった。しかし、今後は新たな効果測定ツールが登場し、広告がどのようにビジネスに影響を与えたかを計測できるような説明可能型の広告が実現する。その結果、広告主はより効果的にターゲットへ広告を届けることが出来るようになる。

3.より個別化されたアプローチを行ったビジネスが勝利を収める

personalize-the-online-experienceD8EF15894A4E

引用:Personalized Website: A Personalization Primer

現在は技術の進歩によって、従来より多くの顧客情報を獲得できるようになってきている。オンラインであればWeb閲覧履歴に基づいて、特定のユーザーが何に興味関心を抱いているかを知ることは比較的容易になってきている。従って、マーケッターは販売プロモーションやキャンペーンを行う際に、より詳細にターゲットを設定し、個々の顧客に個別化したアプローチを取ることが求められる。現在世の中には情報が溢れており、ユーザーは無意識のうちに情報を取捨選択しながら生きている。情報を発信する側は、情報の受取手に対し、個別化した有益な情報を発信することを心がけなければ、情報を受けとって貰うことさえ出来ないだろう。

4.メッセージで顧客とダイレクトに繋がる

Talking girls

企業と顧客が繋がる手段として、メッセージベースのコミュニケーションが重要性を増してくる。従来、企業と顧客のつながりは、自宅の郵便ポストに届くダイレクトメールや、企業の会員に配信されるメールマガジンなどが主流であった。しかしこれからの時代は、企業と顧客が対話型のコミュニケーションを取ることで、顧客の企業に対するロイヤリティが高まる。最近では株式会社LINEが提供するビジネス向けサービスLINE@や、Twitterの企業公式アカウントなどで、顧客と企業が対話型のコミュニケーションをとる例も散見される。2015年はこれまでにも増して、企業と顧客間のダイレクトなコミュニケーションが増加していくに違いない。

5.急成長を遂げる国が世界のモバイル利用に大きな影響を与える

file7971292337680

現在、世界で最も急速な成長を遂げている国はアメリカではない。近年急成長を遂げている新興国は、世界の人口にも大きな影響を与え、モバイル人口の拡大にも少なからぬ影響を与えている。eMarketerの調査によると、世界人口に対するモバイル端末の普及率は、3年以内に現在の61.1%から69.4%まで成長するという。多くの人がモバイルを利用するようになるにつれて、ビジネスもそれにならった形で進化していく。今後のデジタルマーケティングの主役はやはりモバイルで間違いなさそうだ。

▼関連記事

「eBay」が予測する、2015年押さえておくべきデジタルマーケティング4つのトレンド

マーケッターが今知っておくべき2015年の4つのトレンド

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら