売上規模3,000億円!「サイバー・マンデー」にみた米国小売市場の変化

WRITER : 楠富 智太

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

k1972467790

米国で最もEコマース売上が伸びる日「サイバー・マンデー」。その売上分析を各社が発表した。急激なモバイルデバイスの普及にみる市場の変化が小売市場にどのような影響を与え始めているのか。

今回は「サイバー・マンデー」から読み取れる米国の小売市場の変化をみてみる。

※「サイバー・マンデー」とは、アメリカ合衆国で感謝祭(11月の第4木曜日)の次の月曜日を指す。この日は、オンラインショップ等におけるセールの開始日と考えられており、小売業各社が大々的なキャンペーンを実施して売上が急増する。

オンライン売上高前年度比15%以上増加

米国カリフォルニア州サンノゼ発のアドビは1日、「サイバー・マンデー」のオンライン売上高は約3163億円で、前年比16%増との推計した。また、米国でインターネット視聴率の測定及びデジタル市場分析を行うコムスコアは2日、デスクトップパソコンからのオンライン売上高として、2432億5000万円で前年比17%増との数値を出した。

一方、IBM Digital Analyticsの分析では、「サイバー・マンデー」のオンライン売上高は、前年比で8.5%増。平均購入金額は、約1万4800円で、前年から3.5%減るとした。

感謝祭週末の店舗売上高は冴えず

感謝祭週末の店舗売上高さえず、米小売株軒並み下落

例年と変わらず感謝祭の店頭は、賑わったようが、水面下で売り時・買い時が分散しはじめた。全米小売業協会(NRF)のデータによると、2014年の買い物客1人当たりの平均支出額は、前年同期比6.4%減だった。

小売最大手ウォルマート・ストアーズは1.4%超、百貨店メーシーズは2.5%超、JCペニーは5%超、シアーズ・ホールディングは1.2%超、ディスカウント大手ターゲットは2.3%超、家電量販店ベスト・バイは6%超それぞれ下落した。店頭での売上は不調に終わっている。

前年比39%増。増加するモバイル経由での支払い

squarelogo2

アドビとIBM両社の分析に共通するのは、2014年のモバイル経由のEコマースが伸びるという点だ。

IBMはオンライン売上全体の内、22%がモバイル端末経由とし、アドビも同様に、モバイル端末からの売上が全体の19%を占め、累計391億5000万円に達するとしている。

モバイル端末が購買の場での存在感をさらに増している。米ペイパルは、今年の「サイバー・マンデー」でのモバイル経由による支払い金額は前年比39%増となった、と発表している。

IBMの調べでは、これまで1日に集中していた感謝祭休暇シーズンのセールだが、買い時が分散しはじめているといっている。その理由は、小売やマーケターがt、いつでも、どこでも、得をする店やサイト、商品について、消費者に知らせられるようになった結果であり、今後もっと活用が考えられるという。

モバイルデバイスの普及にみる各社戦略の変化

140203namazon

米アマゾンはスマートフォンアプリ限定のセールを、ECの最繁忙日「サイバーマンデー」である12月1日に実施。10分に一度、割引対象商品が変わるセール企画で、選んでから30秒以上経過してしまうと買えなくなってしまう。アプリは事前に刷新し、iOS、AndroidOS、アマゾンKindle用のFireOSそれぞれに配信していた。

アマゾンに限らず、小売はモバイルコマース(Mコマース)を活用すべく工夫を凝らしている。

中でも百貨店大手のメイシーズは9月、音声認識アプリの「Shazam」と提携し、音楽とファッションのイベント「Fashion Rocks」をスポンサード。同イベントを中継したテレビ番組の音声を認識して、画面に映っている著名人がまとう服を判別し、即座にモバイル端末から買える仕組みを構築した。

このように「サイバー・マンデー」の売上分析からもわかる通り、モバイルデバイスの普及により、モバイルデバイス経由での購買活動が増加しているのは明らかである。消費者はいつでもどこでも購買が可能になった。小売やマーケターは今後ますますいつでも、どこでも、得をする店やサイト、商品を展開する必要があるだろう。オムニチャネル戦略で日本を先行する米国小売の動きに今後も注目である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら