アメリカ大手VCが投資する注目のリテールテック企業3選!

WRITER : Editorial department

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オムニチャネルやO2O(オーツーオー)をはじめとしたリテールの最新テクノロジーが注目されている。それと同時にリテールテクノロジーの投資額も年々増加しているが、いかに利益を増大させるポートフォリオ(リスクを分散させて収益を最大化させるかの戦略)を描くかがVCにとっては重要である。
今回の記事では、アメリカに本社を置くSimon Venture Group(以下、SVG)がどのような企業へ投資をしているのかを紹介する。また、次回の記事では、そのポートフォリオを読み解いていく。

SVGはリテールテクノロジーに関するスタートアップに投資をしている

vz1zmufspd2fbjxrahoz引用:SVG

SVGは、アメリカ・ニューヨークに本社を置くVCだ。主な投資先はリテールテクノロジーを扱うスタートアップで、前身のSimon Property Groupの頃と合わせると、326社以上のアメリカやアジアの企業へ投資している。その中からリテールテクノロジーに関する企業を3社紹介する。

Augmateはスマートグラスでリテールを可視化する

Augmateは、2013年に設立されたスタートアップで、企業向けスマートグラス用のソフトウェアを提供する。たとえば、このサービスを店舗内で使えば、スタッフが店舗内にあるアイテムの詳細な情報が把握できたり、スタッフのKPIに関する情報もグラス越しに確認できる。

Retail_augmate_01_mini引用:Augmate

このサービスにより、来店した顧客に在庫数まで含めた商品に関する詳細な情報を提供でき、接客の質の向上が期待できる。早期にこのサービスを導入すれば、スマートグラスを使うことで、商品に関する情報をしっかりと把握しているからこその質の高い接客ができるだけでなく、顧客への印象を強く残し、次回の来店も促せるだろう。

SVGはこの企業に2014年に会社設立前の資金、シードとして他のVCと合わせて2.8億円の投資を行った。

Delivは注文から当日中の配達をスマートに行う

カリフォルニアに本社を置くDelivは、2012年に設立されたスタートアップだ。EC(eコマース)サイトや実店舗向けにスマートフォンを活用した即日配達のサービスを提供している。従来ならば、実店舗からの配達には数日を要していたが、Delivにより短時間での配達が実現された。ドライバーは配達要請をスマートフォン上で確認し、デリバリーのスケジュールを把握する。顧客は当日中に商品が届けられ、その過程で配達状況のトラッキングをスマートフォン上で行える。

enhanced-buzz-26978-1412099710-8引用:BuzzFeedNews

小売店にとってもこのサービスを導入することで利点がある。店舗で商品を購入した顧客が、重いものを持たなくてよくなり、買い物後に予定が入っていても気にせずに買い物を続けることができる。重い商品を扱っている家電量販店・家具店や、一回の買い物で多くの商品を購入する量販店においては特に、顧客にとって魅力的なサービスとなる。

SVGはこの企業に2014年にシードAとして他のVCと合わせて4.5億円を投資している。

Jifitiはギフトサービスをより手軽にする

Jifitiは、オハイオ州に本社を置くギフトサービスに特化した会社だ。具体的には、顧客がオンライン上か実店舗において、提携している企業の中からギフトを選び、購入。すると、テキストメッセージなどを添えて、相手がすぐに受け取れる形にして贈ることができる。ギフトを選ぶためのアプリも展開している。

jifiti2引用:TechCrunch

Jifitiの特筆すべき点は、従来はオンライン上でしか選べなかったギフト用の商品を、オフラインの店舗でも選べるようになっている点だ。加盟店舗で贈りたい商品のバーコードをスマートフォンで読み取り、決済を行うと、ギフトを渡す相手へその商品のギフトカードが送られる。
顧客が店舗を何気なく歩いていて、良い商品があった時に手軽にギフトを贈れるというサービスで、顧客はギフトを贈る相手がその場にいなくても決済が可能ということで、機会ロスを防ぐことができる。顧客にとっても良い商品を手軽に、熱が冷めない内に贈れるということは魅力だろう。

SVGは2013年に会社設立前の資金、シードとして他のVCと合わせて2.5億円、Jifitiに投資を行った。

 

リテールテック関連と言えど、さまざまな企業がある。次の記事では、SVGが投資するリテールテック企業をさらに紹介し、またSVGのポートフォリオを読み解いていく。

次の記事はこちら→「リテールテック企業に投資するアメリカ大手VCが見据える未来

▼参照
LeonisSimon Venture Group

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら