オンラインメディアを巧みに使ったGAPのO2Oマーケティング事例集

WRITER : 比嘉 ふみえ

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

gap_img01
世界的に展開しているアパレルブランドGAPが、Google Adwordsのクーポン表示オプションを使ったキャンペーンを行いました。主にオンラインストアへの誘引に利用されているGoogle Adwords検索連動型広告を、リアルストアへ誘導するO2O施策として活用。

gap_img02
http://www.dreamnews.jp/press/0000080071/

キャンペーン内容は、期間中に携帯電話・タブレット・パソコンでGapストアや特定の地域に関する関連キーワードを入力してGoogleで検索すると、店舗で使える割引クーポンがもらえるというもの。また、スマートフォンにGoogle Offersアプリを使えば、付近にクーポンが使えるGapストアがあることの通知を受けることもできます。

オンラインメディアを巧みに使い、次々に話題性の高いキャンペーンを打ち出すGAP。2013年夏に行われたO2Oマーケティング事例をいくつかご紹介します。

「GAP SUMMER! 夏休みプレゼントキャンペーン Powered by デジガチャ」( 7/26〜)

gap_eye
http://gapjp.tumblr.com/post/56399294734/gap

オプト、グランドデザイン&カンパニー、タカラトミーエンタメディア、アクセンチュアの4社が共同開発し、2013年5月にリリースされたばかりの「デジガチャ」をGAPが導入。

デジガチャは、カプセル自動販売機「ガチャ」と同様、決められた数の賞品をデジタルカプセルに入れて提供し、ポイント会員がためたポイントを使用すると、ランダムに賞品が出る仕組み。Gapの店頭で、スマートフォンやタブレットなどでGPSチェックインすると、画面上で「デジガチャ」が回せ、クーポンやオリジナル商品が当たるというキャンペーンを実施。キャンペーン中は1日1回、毎日デジガチャに挑戦することができます。

ELLEgirlコラボのウィンドージャックイベント( 7/26〜)

gap_img03
http://ellegirl.jp/article/gap-harajuku-0831event-13-0807/

Gapフラッグシップ原宿のショーウィンドウにマネキンモデルとして入って、仲間と一緒にチームでファッションシューティングを体験できるイベント。
事前にネット上で参加者を募集し、抽選で12組を選出。フォトグラファーが撮影した写真は、後日ELLEgirlのFacebook上に掲載され、「いいね!」が最も多かったチームが優勝となります。優勝者はELLEgirlの公式サイトやGAPの運営するファッションコミュニティーで世界中のおしゃれブロガーと一緒に紹介されます。
また、撮影の模様をSNSにUPし、その画面をレジにてご提示いただいた方にも、マークダウンアイテムを含む全商品を30%にてお買い物いただけるクーポンをプレゼントなど特典も。

ELLEgirlコラボのスナップコンテストは、Gapオリジナルアイスキャンディの無料プレ­ゼントキャンペーン「LIFE IS SHORTS ~ENJOY YOUR SUMMER~」でも行われました。

Facebook、Twitter、Tumblr、Pinterestなど、オンラインメディアを使い、常に新しいO2Oプロモーションに挑戦し続けるGAPのマーケティング戦略は今後も注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら