びっくりするほど未来的な実用化済み小売テクノロジー3選

WRITER : 朴 泳虎

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

retail-in-store-technology-01

引用:Barber

 

最近、小売業界でのテクノロジー活用が盛んになっている。本メディアでも過去にiBeaconを使った近接マーケティング等についてご紹介した。ECの台頭により新しい顧客体験を提供することに迫られた小売は新しいテクノロジーの活用を加速している。今回は、その中でも驚くほど先進的にも関わらず、すでに実用化されているテクノロジーに関してご紹介したい。

 

店舗内ナビアシスタント

a引用:Fierce Retail

店舗内で商品を探しても見つからず、店員に聞こうと思ったが近くにいなくて困ってしまった。誰しもこんな経験が一度はあるだろう。そんな悩みを解消するのが店舗内ナビアシスタントだ。米小売最大手のWalmartは年内に店舗内ナビアシスタントの導入を予定している。ユーザーはSMSを通して質問を送ると、コンピュータが内容を解析して自動で回答してくれる。

 

例えば、商品名を打てばその商品の置いてある場所や在庫状況などを即座に教えてくれる。SMS経由で利用できるので機種に依存せず、アプリをわざわざインストールする必要もない。近い将来、Siriのような音声ナビアシスタントを使って店舗内の情報を聞ける機能の搭載も検討されているようだ。

欠品自動検知ロボット

b

引用:Retail Customer Experience

 

小売店舗において、欠品は非常に大きな機会損失である。IHL Groupの研究によると、世界の小売企業が欠品のために被っている売上機会損失は年間930億ドルに登るという。しかし、欠品を防ぐために店員の確認作業を増やせば業務が増加し、他の業務に悪影響を与えたり、人件費などが発生してしまう。

 

そこで開発されたのがこの欠品検出ロボットだ。見た目はルンバから長いポールが生えたような形で、店舗内を巡回しながら内蔵されたセンサーで周辺に欠品している棚がないかを監視している。まだ試験段階ではあるが、既に米国内のいくつかのスーパーで導入されている。スーパーという我々の日常生活のいち風景の中に、ロボットが自然に溶け込む日も近い。

インタラクティブ試着室

c

引用:WWD

 

これまでにもVRを使ったバーチャル試着室に関して何度かご紹介してきたが、今回のインタラクティブ試着室は少し違った趣旨を持つ。2015年の11月、アパレルブランドのラルフローレンは同社が運営する旗艦店舗8つにOak Labs社製のインタラクティブ試着室を導入した。

この試着室では、ユーザーが試着したい商品を持ってくるとRFIDで何の商品が持ち込まれたかが認識される。更に、鏡部分がタッチスクリーンにもなっており、照明を調整したり、関連した商品を探したり、他のサイズが欲しい場合はボタン一つで店員に持ってきてもらうことも出来る。更に、商品を後で買いたい場合は電話番号を入力するとインスタントメッセージ経由でURLが送られ、開くとその商品をECから購入できるようになっている。

一般的に試着室を利用する人はしない人の数倍、買上率が高いというのがアパレル業界での通説だ。試着室内での顧客体験を充実されることにより、買上率向上の実現を目指す。

 

まとめ

今回は3つの小売テクノロジー先進事例をご紹介したが、いかがだったろうか?一昔前まではEC、最近までは店舗とウェブを融合したオムニチャネルが小売業界の主なトレンドとなってきた。しかし、センサリング・ロボット・サイネージ技術の発達・普及により、イノベーションの中心地はリアル世界に移りつつある。我々の生活と最も関わりの大きい場所の一つである店舗で今後、どのようなイノベーションが起こっていくのか、目が離せない。

 

▼参照記事

Fierce Retail

Retail Customer Experience

WWD

 

▼関連記事

1分でわかる!ファッション業界における7つのテクノロジー活用事例まとめ

【インタビュー】人工知能が人間のセンスを学習?SENSY渡辺社長が語るテクノロジーの未来とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら