【この夏必見!】未来の世界を描いた名作SF映画6選

WRITER : 朴 泳虎

  小売業界トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人はいつの時代も未来に思いを馳せている。1年後、10年後、100年後の未来がどうなっているか、未来の世界についての好奇心は尽きることを知らない。映画は人が頭に思い描いた未来の世界を表現するのに非常に適した手段であり、近年のCGを始めとした映像技術の進化はそれを強力に後押ししている。

今回は、夏休みの間に見たい、未来の世界を描いた名作SF映画をご紹介したい。

 

トランセンデンス

a

引用:Gigazine

製作年度: 2014年

監督: ウォーリー・フィスター

キャスト: ジョニー・デップ、レベッカ・ホール

上映時間: 119分

 

近年、科学者やイーロン・マスクを始めとしたIT業界の重鎮が懸念を注目を浴びている「技術的特異点*」について描いた映画。

ジョニー・デップ演じるウィルは意識をもったスーパーコンピューターを研究開発している科学者だったが、反テクノロジーを掲げるテロリストの襲撃を受け、凶弾に倒れてしまう。ウィルが死亡する直前、妻のエヴリンは彼の研究をもとに、ウィルの脳をスーパーコンピューター上にアップロードすることに成功する。ウィルの意識を保存することに成功して喜ぶエヴリンだったが、ネットワークの力によって地球上のあらゆる知識を手に入れたウィルの行動は、予想だにしない方向へと進み始める。

*「技術的特異点」とは、人工知能が人間の知能を超えて自分より賢い知能を作り出すことにより、技術開発のスピードが人間の知能の限界を超えて加速していくこと

 

her/世界でひとつの彼女

b

引用:her/世界でひとつの彼女

製作年度: 2013年

監督: スパイク・ジョーンズ

キャスト: スパイク・ジョーンズ、スカーレット・ヨハンソン

上映時間: 126分

 

舞台は近未来のロサンゼルス。主人公の男性セオドアは妻のキャサリンと別れたばかりで、悲しみに暮れた日々を送っていた。ある日、世界初の人工知能型OSに興味を持ったセオドアが早速購入して起動してみると、OSは魅力的な女性の声で自らをサマンサと名乗った。

生活のあらゆる場面を共にするうちに、サマンサはセオドアにとって欠かせない存在となっていた。セオドアは少しずつサマンサに惹かれる自分を感じながらも、サマンサが実体をもたない音声だけの存在である事に葛藤する。

 

マトリックス

c

引用:映画.com

製作年度: 1999年

監督: アンディ・ウォシャウスキー 、ラリー・ウォシャウスキー

キャスト:キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン

上映時間: 136分

 

言わずとしれた普及の名作。主人公のトーマス・アンダーソンは大手ソフトウェア会社のプログラマだが、同時に危険な仕事を手がける天才ハッカーという裏の顔を持っていた。

ある日、彼に「マトリックスが見ている」という謎のメッセージが届く。直後、謎の女に連れ去られたトーマスは、モーフィアスという男と出会い、この世界がコンピュータによって作り出された仮想世界だと告げられる。

 

マイノリティ・リポート

c

引用:Movie.net

製作年度: 2002年

監督: スティーヴン・スピルバーグ

キャスト:トム・クルーズ、コリン・ファレル

上映時間: 145分

 

舞台は西暦2054年のアメリカ。政府は度重なる凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を採用した。それは、3人の予知能力者によって未来に起こる犯罪を事前に察知し、事件が実際に起きる前に犯人となる人物を逮捕するというもの。

主人公のジョンはその犯罪予防局のチーフとして活躍していたのだが、ある日、自分が36時間以内に殺人事件を起こすと予知されたことを知る。一転して追われる身となったジョンは、自らの容疑を晴らそうと奔走するのだが…

 

アイロボット

f

引用:映画.com

製作年度: 2004年

監督: アレックス・プロヤス

キャスト:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン

上映時間: 105分

 

西暦2035年。世界では家庭用ロボットが普及し、人間の生活に必須なものとなっていた。ある日、巨大企業USロボティックス社に勤務する研究者の1人、アルフレッド・ラニング博士が謎の死を遂げる。

ロボットを毛嫌いするデル・スプーナー刑事は、博士が開発したNS-5型ロボットの“サニー”が犯人なのではないかと疑いの目を向けるのだが、捜査に協力するロボット心理学者スーザンは、“3原則”を理由にロボットが人間へ危害を加えることは絶対にあり得ないと主張する。捜査を進めていくうちに二人は驚愕の事実に直面する。

 

スターウォーズ

f

引用:DEWLANNA

製作年度: 1977年~現在

監督:  ジョージ・ルーカス、 J・J・エイブラムス.etc

キャスト:ハリソン・フォード、マーク・ハミル.etc

上映時間: 136分

 

映画史に残るSF映画最高傑作。辺境の惑星で奴隷の身分であった一人の少年アナキン・スカイウォーカーとその子供達の成長、銀河系の自由と正義の守護者ジェダイと悪と恐怖の信奉者シスの攻防、そして、銀河規模の国家体制の変遷を壮大なスケールで描いた作品。

現在まで7作品が公開されており、2019年までにエピソード9の公開が予定されている。

 

まとめ

未来の世界を描いた名作SF映画をご紹介してきたが、いかがだったろうか?「所詮は映画、つくりものだ」と言って侮ってはいけない。新しい発明やアイディアも最初は誰かの頭の中にしかないものなのだ。

未来を描いた物語の中には作り手の未来に対する期待や不安が入り交じっている。未来がどうなるかは誰にも分からない。

しかし、未来を作り上げていくのは他のだれでもない私たちなのだ。ぜひ、他の人が描いた未来の世界の姿を参考に、あなただけの未来を描いてみてほしい。

 

▼参照

Yahoo映画
映画.com

▼関連記事

【まだ死ねない】絶対に体験したい近未来のテクノロジー動画6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら