今さら聞けない「オムニチャネル」とは?サルでもわかる簡単解説!

WRITER : Editorial department

  オムニチャネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2014年はオムニチャネルが注目を集めた。オムニチャネルとは、あらゆる販売チャネルを統合するという意味を持ち、2009年にアメリカの大手百貨店Macy’sが、米国各地の各店舗と、オンラインストアの商品在庫を統一し、一定の成果を挙げた事で注目を集めた。

日本ではセブン&アイホールディングスや東急ハンズなど大手小売業者がオムニチャネル戦略に取り組んでおり、専門の部署も設置している。2015年も国内でオムニチャネルを推進する企業は増加する事が予想される。

今回は、サルでもわかるオムニチャネルと題して、オムニチャネルの概要を簡単に紹介したいと思う。

オンラインとオフラインの垣根をなくす新しいショッピングの形

01

オムニチャネルは、顧客にオンラインとオフラインの垣根を意識させない、シームレスな購買の形を提供する形態だ。顧客が商品に興味を持ってから、実際に購入に至るまでの間に、オンラインとオフラインの間を何度も行き来するのが特徴の1つだ。

例えば、顧客が店頭で気になる商品に出会ったとき、すぐには商品を購入せず、ECサイトで商品の価格やレビューを調べたりするケースや、ECサイトで商品を閲覧してから、実際に店頭に足を運び、商品を手に取って購入を決めるといったケースが考えられる。

また、商品購入後は、商品を自宅に配送したり、逆に店舗での受け取りを選択できるのもオムニチャネルの特徴の1つだ。

データベースの統合はオムニチャネルの重要な要素

02

引用:Scientific Databases

小売企業がオムニチャネルに取り込む場合は、まず商品データベースを統一する事が求められる。商品データベースを統一する事で、顧客はオンラインでも実店舗でも同じ商品を購入する事が可能になる。

また、どの商品がどこの店舗にどれだけ在庫されているというかという事も分かるようになるため、顧客は店を訪れる前に欲しい商品の在庫状況を確認でき、品切れによる無駄足を防ぐ、といった事も可能になる。

従来は別々に管理されてきた顧客情報も、統合して一元管理する事で、顧客が本当に何を求めているのかを多角的に分析でき、潜在的なニーズに応える事が出来る。

オムニチャネル時代の新しい消費者行動モデルASPRA

03

引用:ASPRA モデルの5つのプロセス

オムニチャネル型の購買における消費者行動は、従来のものとは異なる。昨年、オムニチャネル関連のコンサルティングを行う株式会社Leonis&Co.は、オムニチャネル型の消費者行動のモデルを定義した。

同社は、消費者の行動を、興味、選択、購買、受け取り、アフターに分けて考えるASPRAというモデルを提唱した。この購買モデルの特徴は、商品と店舗の選定と、購入と受け取りが分離している事である。

このような購買行動が広がる事で、品揃えや立地だけで店舗を選ぶ事が無くなっていくとされている。したがって、オムニチャネル時代において、各社は「なぜ自分の店で買うのか」を示さなくてはいけなくなる。

▼参照

オムニチャネル時代の新しい消費行動モデル 「ASPRA(アスプラ)」

商品受け取り場所の拡大がシームレスな購買体験を後押しする

04

引用:AMAZON’S DELIVERY LOCKERS BOOTED FROM STAPLES, RADIOSHACK

近年国内でもオムニチャネル推進の動きが加速し、自社で ECサイトを運営している小売企業は増えてきている。ただ、ECサイトを運営することが、必ずしもオムニチャネルを指すわけではない。

オンライン店舗と実店舗の商品データベースが統合されていて、商品購入後は多様な受け取り方が選択できるなど、オンラインとオフラインの垣根を意識する事なく購入できる事が顧客体験を高める鍵となり、オムニチャネルの本質である。

今後は店頭やコンビニでの商品受け取りに加え、各地に設置されたロッカーに商品を配送し、顧客が好きな時に好きな場所で商品を受け取れる形が今以上に広がっていくと予想される。

▼関連記事

【インタビュー】リアル店舗の逆襲!東急ハンズキーマンが描く未来のオムニチャネル

「O2Oリーディングカンパニー」へ!ユナイテッドアローズのオムニチャネル戦略に迫る

3つのスライドから導かれるオムニチャネル時代を生き抜くキーインサイト

オムニチャネルの時代に小売店が直面する6つの課題

オンラインとオフラインの垣根を超えるAmazonのオムニチャネル戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら