リアルとネットを繋ぐアーバンリサーチ3つのオムニチャネル施策

WRITER : 楠富 智太

  オムニチャネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オムニチャネルとは、一般的に実店舗やオンラインストア、通販サイト、自社サイト、カタログ通販、ダイレクトメール、ソーシャルメディアといったあらゆる顧客接点を統合することと定義される。またそうした統合販売チャネルの構築によってどのチャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現することとも言われている。

今回は、「すごいをシェアする」を企業理念にもつアパレルブランド株式会社アーバンリサーチ(以下、アーバンリサーチ)が行う「すごい」オムニチャネル施策に注目してみた。

▼関連記事

オムニチャネルの時代を征するための6つのポイント

iBeacon x 3Dプリンタを用いた新しいオムニチャネル施策

fig1

引用:教えて!びい子

アーバンリサーチは、2014年11月から「iBeacon(ビーコン)」と3Dプリンタを融合した情報配信サービスを始めている。来店者が公式アプリ「UR STYLE」をダウンロードしたスマートフォンを持って、3Dプリンタを用いて作られたフィギュアに近づくと、フィギュアに搭載されたiBeaconが反応し、自動的に情報が来店者のスマートフォンにプッシュ通知される。現在は、店舗周辺のカフェやショップ、街のおススメスポットといったコンテンツが配信されている。

この仕組みは、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社コスモ・コミュニケーションズが提供する、クーポン情報と店舗周辺の街に関する情報を配信するサービス「教えて!びい子」を活用している。

▼関連記事

iBeacon導入前にマーケティング担当者が確認すべき5つの課題

EC機能とSNS連携機能を備えた業界初の次世代バーチャルフィッティングシステム

d3710-105-945683-0

引用:ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ

アーバンリサーチは、3D技術を用いて服を試着できるバーチャルフィッティング端末「ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ」を開発した。

同端末はECサイトと連携しているため、気に入った商品があれば、液晶画面上に表示されるECサイト上でそのまま購入することができる。また、自身が服を試着した様子を、同端末を用いてSNSに投稿することもできる。バーチャルフィッティング機能、EC機能、SNSとの連携機能を全て搭載した端末を導入したのは、アパレル業界ではアーバンリサーチが初となる。

試着から購入までを同端末1台で行えるため、将来的には限られたスペースでも出店が出来る無人店舗としての活用が期待されている。

接客を介在しないものの、SNSと連携していることで、顧客は友人からフイードバックを受けることができ、単なるECサイトとは異なり、第三者から商品購入の後押しを受けることが出来る。ある研究では、親しい人間と一緒に買い物をすると、衝動買いをする確立が高くなるという結果が出ている。この研究結果に基づいて推論すると、SNSを通じて親しい人間のフィードバックを貰うことで、研究結果のような、”親しい人間と購買をする”のと同じような効果が得られ、商品購入の後押しをすることが期待できる。

▼参考

「ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ」を池袋パルコに期間限定設置

Luo, Xueming, and 永井猛. “同行者が衝動買いに与える影響.” インストアマーケティングに関する欧米の研究論文集 4 (2007): 49-58.

アプリでQRコードをスキャンして商品詳細ページに誘導

1192_01

引用:UR STYLE

アーバンリサーチは、公式アプリ「UR STYLE」のスキャン機能を用いて商品のQRコードを読み取ることで、商品の紹介動画などデジタルコンテンツにアクセスできるサービスを提供している。当サービスの目的は、紙のカタログでは表現しきれない商品の特徴を、より正確かつ魅力的に顧客に伝えることである。

デジタルコンテンツを閉じると、選択された商品の詳細ページと、その商品を着用したスタッフのコーディネート写真、該当商品の在庫情報を表示し、自然な形でオンラインストアへの導線を設置している。

顧客がオンラインとオフラインの垣根を意識することなく、多様な形で商品情報に触れられる形は、オムニチャネルの本質と言える。

リアルとネットを融合するアーバンリサーチのオムニチャネル施策

アーバンリサーチは、企業理念にあるようにお客様と「すごい(感動、商品品質)」を「シェア(お客様、取引様と共有)」する先進的なオムニチャネル施策を行っている。

アーバンリサーチは2015年もデジタルとリアル世界を融合させた「すごい」ショッピング体験を顧客に提供していくに違いない。今後の施策にも要注目である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら