パルコが公式アプリをついにリリース!「POCKET PARCO」でオムニチャネル化を加速

WRITER : Editorial department

  オムニチャネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式会社パルコ(以下、パルコ)は10月31日より、公式スマートフォンアプリ「POCKET PARCO」をApple App Store、およびGoogle Playに公開し、サービスを開始した。 同社は、11月13日に新たにオープンする「福岡パルコ・新館」デビューに合わせて、ICTを活用した様々な施策を実施する。今回のこのアプリはその取り組みの一環で、顧客一人ひとりに合わせてパーソナライズされた情報を表示する「ライフスタイル版キュレーションメディア」の機能と、来店時の快適なショッピングをサポートする機能を備え、『24時間、いつでも、どこでも。』顧客に向けた新しいショッピング体験の創造を目指すという。

014-10-31 18.13.25引用:POCKET PARCO

来店時はもちろん、来店前から来店後まで、いつでもサポート

来店前には、情報収集(タイムリーな情報提供・情報クリップ)、ショップ検索、商品取り置き、通販注文機能が、来店時や来店後には、チェックイン・Wi-Fi接続機能、ショッピング等によるCOINの付与、優待券の発行がなされる。 たとえば来店前には、パルコ各店舗Webサイトと連携し、全国のショップから配信されるおすすめ情報が届く。気になった商品はクリッピングしておいたり、取り置きサービスを利用して確保しておいたり、実際に購入したり、といったことが可能だ。

14-10-31 18.08.27引用:ニュースリリース | 株式会社パルコ

もちろん、実店舗でもアプリを使用する特典はあり、たとえば、全国のパルコ店頭にてアプリ画面からチェックインをしたり、アプリから福岡パルコ全館に設置される無料Wi-Fi「atPARCO」に接続したりすることで、COINを貯めることができる。このCOINというのは、パルコ独自のポイントでCLO(Card Linked Offer)※1も考慮してクレジットカードで登録した顧客を対象している。貯めたCOINは福岡パルコ館内での買い物に使用可能な「POCKET PARCOご優待券」等の特典に交換できる。

※1 CLOとは、Card Linked Offerの略で、クレジットカードの利用履歴から最適なクーポンをユーザへ配信する仕組みである。

▼関連記事

アメリカで急成長するCLO市場、手間なしで顧客にも店にも便利な脅威のO2Oビジネスモデルに迫る

 

全国のパルコ店舗に順次拡大

貯まったCOINの「POCKET PARCOご優待券」への交換は、福岡パルコのみでの実施だが、2015年春移行、順次全国のパルコ各店舗に拡大予定だそうだ。 パルコといえば、株式会社スタートトゥデイが提供する、アパレル店舗で商品のバーコードをスキャンすることで、商品情報やコーディネートを確認できるスマートフォンアプリ「WEAR」を導入するなど、最先端テクノロジーを活用したO2O(オーツーオー)施策、オムニチャネル戦略に定評がある。

今後パルコは、さらにオンラインとオフラインのシームレス化を進め、これまでにない新しい顧客体験を提供し、ショッピングを通じて顧客一人ひとりのライフスタイルに応じたコミュニケーションを可能にしていくだろう。

同社が打つ施策では、この公式アプリがキーとなってくるのは間違いない。パルコ初の自社アプリケーションのダウンロード数がどこまで伸びるのか非常に注目である。「POCKET PARCO」が福岡パルコで成功し、全国展開される日が待ち遠しいものだ。

▼参照

パルコ公式スマートフォンアプリ「POCKET PARCO」 本日リリース!-ニュースリリース | 株式会社パルコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら