今さら聞けない!O2Oプラットフォーム「LINE@」導入のメリットとは?

WRITER : 楠富 智太

  オムニチャネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


スマホ向け無料通話・メールアプリ「LINE」は2011年6月に無料メッセージサービスとしてスタートし、サービス開始から3年間の2014年6月で、ユーザー数は4億7000万人を突破している。国内利用者は約5000万人を超え、じつに日本人の2人に1人がLINEを使っている計算になる。

今回はこのように私たちの生活から切っても切れない存在となっているLINEが手掛けるビジネス向けサービスLINE@の紹介とその導入メリットを説明する。この記事を読んでLINE@がもっと身近なものになってもらえるとありがたい。

 

LINE2

 

引用:LINE

アカウント数10万件を突破!拡大する企業のLINE活用

2014年に入って、飲食店、小売店、娯楽施設、医療機関などリアル店舗や施設を運営する企業・団体が、集客手段として、あるいは顧客とのコミュニケーション手段としてメッセージアプリ「LINE」を活用するケースが急激に増加している。LINEの発表によると、ビジネス向けサービス「LINE@」のアカウント登録数は機能拡充や無料プランを含む料金体系の刷新を行った2014年5月以降に約7万件も増加し、9月には累計登録数が10万件を突破した。全国チェーンやいくつかの百店舗単位での大型導入、官公庁や自治体、飲食店や小売店だけでなく生活関連サービスや医療・福祉分野などでの導入が進んでいるのだ。

LINE

引用:LINE@

 

そもそも「LINE@」ってどんなサービス?

個人がコミュニケーションツールとして使用している「LINE」とビジネス向けサービス「LINE@」は何が違うのかを整理しよう。使用できる機能に大きな違いがある。

「LINE@」では、通常の「LINE」と同様に”友だち”として繋がっているユーザーに対してメッセージが配信できるだけでなく、下記の機能がある。

 

・店舗が情報発信できるページを持つことができる

・”友だち”限定のクーポンを配信できる

・繋がっている”友だち”を対象に投票やアンケートができる

・「お店トーク」という機能で、店舗に対する問い合わせや予約受付をリアルタイムにLINEで受け付けることができる

 

このようにビジネスアカウントを持っている店舗のニーズに応える独自機能が盛り込まれている。その中でも、「お店トーク」機能は、営業時間外の予約獲得や電話応対の負担軽減などの効果が生まれ、予約全体の40%がLINE経由という店舗の事例も生まれているのだそうだ。

LINE

引用:LINE@

 

LINE@」の導入でうまれるメリットとは?

このサービスのメリットは、リアル店舗がもつ強みや個性と、LINEでユーザーが生み出しているコミュニケーションの特性を掛け合わせることができるという点であろう。さらに登録費用・ランニングコストが無償化したことによって、「LINE@」のアカウントはどの企業でも、個人店舗でも開設することができるも利点だ。集客広告費があまりない店舗でも、独自に作ったアカウントを工夫次第でユーザーをワクワクさせたり楽しませたりすることができ、”自分たちだけのコミュニケーションの場”を手軽に創ることができるのだ。

LINE3

引用:LINE@公式ブログ

 

O2Oプラットフォーム「LINE@」がオンラインとリアル店舗の垣根をなくす

今年に入り、企業のO2Oやオムニチャネルへの取り組みに拍車がかかってたように思える。今回紹介した「LINE@」もその取り組みの一環である。いわゆるオンライン上の繋がりである”友だち”に対して発信して、リアル店舗への誘導を行う。今後、その際に得られる情報を有効に使っていくことにも期待が集まる。例えば、ユーザー属性やクーポン反応情報、購買履歴、さらには位置情報まで取得することができれば、サービスを導入している店舗側もよりユーザー視点のサービスを展開が可能になる。そうすることで、ユーザー側も今までにない快適な顧客体験ができ、店舗側もこれまで以上の購買機会を創出できるだろう。今後も続く「LINE@」の躍進に大きな注目が集まる。

 

▼関連記事

出品から1週間が勝負!? 「LINE MALL」の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら