オムニチャネル・O2O担当者必見のTwitterアカウント7選

WRITER : 朴 泳虎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

だれもかれも、オムニチャネル・O2Oの取り組みを叫ぶ中で、急速に変化しつつある顧客の購買行動を深く洞察した上で知見を述べる優良な情報源は多くない。今回、皆さんにご紹介したいのは、当編集部が独断で選んだオムニチャネル・O2Oに該当する領域で注目すべき企業とそのキーパーソンたちだ。ぜひとも、今後の情報収集に役立てて欲しい。

Estimote


引用元:Polska (左:Jakub Krzych 右: Łukasz Kostka)

https://twitter.com/jimiasty
EstimoteCEOのJakub Kyzychは、Beacon端末のEstimoteを提供している。Estimoteは洗練されたデザインと使いやすさで世界的に注目を集めているハードウェアスタートアップ企業だ。

主な投稿内容
・Beacon(ビーコン)の新しい使用方法
・チームメイトの写真
・参加カンファレンスの実況

iconeme


引用元:RetailDesignWorld

https://twitter.com/JonathanABerlin
iconemeCEOのJonathan Berlinは、マネキン型Beaconデバイスを使って顧客の位置情報に基づいた広告配信と行動分析を行うIconemeというサービスを提供している。アパレル店舗ならばどこでもあるマネキンをBeaconとして活用した事で注目を集めている企業だ。

主な投稿内容
・自社のインタビュー記事
・小売業界についての考察記事
・参加カンファレンスの実況

Cloudtags


引用元:Business review Europe

https://twitter.com/JamesYancey
CloudTagsCEOのJames Yanceyは、小売向けのオムニチャネル領域のコンサルティングサービスを提供している。ロンドンのアパレル店舗を中心にコンサルティングを行っている。

主な投稿内容
・オムニチャネル領域に関する考察記事
・自社のインタビュー記事
・テクノロジー全般に関するニュース

SkuRun


引用元:Twitter

https://twitter.com/ralphacosta
SkuRunCEOのRalph Acostaは、コンニビ向けに特化したモバイル・オムニチャネルサービスを提供している。顧客へ複数のチャネルから広告やクーポンを発信する以外に、顧客の行動を分析できるツールを販売している。

主な投稿内容
・自社のインタビュー記事
・ローカル店舗や小売企業に関する考察記事
・参加カンファレンスの実況

Babberly


引用元:Google+

https://twitter.com/bobbymarhamat
BabberlyCEOのBobby Marhamatは、ローカル店舗の情報をユーザー間でリアルタイムに共有できるサービスを提供している。

主な投稿内容
・スタートアップ企業の経営に関する記事
・テクノロジー全般の活用方法に関して
・ライフハック情報

Shopppeception


引用元:Idea Mensch (左:Ariel Di Stefano  右:Raúl Verano (right))

https://twitter.com/arieldistefano
ShopperceptionCEOのAriel Di Stefanoは、Kinectセンサーを使って顧客が商品とどの様に接触しているかを分析するサービスを提供している。世界的に有名なビールブランドHeinekenの市場調査にも活用されている。

主な投稿内容
・スタートアップ企業の経営に関する記事
・チームメイトの写真
・テクノロジー全般に関する意見

Slyce

DSC_0283_convert_20140708180631
引用元:Google+

https://twitter.com/CameronChell
SlyceCEOのCameron Chellは、ファッションアイテム版Shazamの様なサービスを提供している。顧客が専用アプリで商品を撮影すると、画像解析技術を用いて商品を特定して当該商品を購入できるECページを表示する。

主な投稿内容
・スタートアップ企業の経営に関する記事
・イノベーションに関する考察記事
・参加カンファレンスの実況

Square


引用元:Wired

https://twitter.com/jack
SquareCEOのJack Dorseyは、言わずと知れたTwitterの共同創業者だ。現在は、モバイルクレジット決済サービスのSquareを提供している。日本でも、スターバックスなどで導入されており、馴染みのある方も多いだろう。

主な投稿内容
・自社のプレスリリース
・気に入った画像

Nomi


引用元:Trend Hunter

https://twitter.com/marcferrentino
Nomi CEOのMarc Ferrentinoは、カメラやWi-Fi位置情報検出デバイスを使った店舗内顧客行動分析サービスを提供している。

主な投稿内容
・テクノロジーに関連したニュース全般
・自社のインタビュー記事
・小売業界に関する考察記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら