話題の日米O2Oサービスカオスマップから見据える世界トレンド ~In-Store Marketing事例編~

WRITER : 朴 泳虎

  オムニチャネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

Shopping-Ecosystem-thumb

(出典:http://finance-startups.jp/2012/08/o2o-chaosmap/

スマートフォンの台頭により、私達のライフスタイルは大きく変化している。購買行動においても例外ではない。顧客は店舗を訪れる前にスマートフォンで商品についての情報収集をする。店舗で実物を見たあとはECサイトや価格比較サイトで商品を検索し、より安い価格で販売されていないかを確認する。小売企業にとってはショールーミング化を加速させる非常に厳しい時代である。

オフライン・オンラインの垣根を無くすO2Oの登場には、こうしたショッピングのデジタル化と、店舗にかかる費用を抑えて低価格で商品を提供するECサイトに対抗して、モノ以上の顧客体験を提供する必要に迫られた小売企業の現状がある。今日は、世界中で話題のO2Oサービスの中から、In-Store Marketingサービスを提供する企業のマーケティングやプロモーションに関する成功事例について紹介したい。

 

カオスマップから見るグローバルIn-Store Marketing動向

Facerecog

FaceRecog-720x478

Facerecogはシンガポール発の広告効果測定ソリューションを提供する会社である。従来、看板などのオフライン広告は、オンライン広告の様に顧客の属性・行動データを取得して、適切な顧客層にアプローチ出来ているかを検証する手段がなかった。Facerecogは広告の前に専用カメラデバイスを設置して、顔認証技術を用いた年齢・性別・表情認証を行う事により、広告を見た人の属性や反応を定量的なデータに変換して計測する事が出来る。これにより、現実世界の広告でも仮説構築→実行→検証→修正というPDCAサイクルを回す事が可能になった。同社はTech in Asiaの主催するStartup Asia 2014で最も将来有望な企業に選ばれており、近年のトレンドをいく企業である。

(出典:http://facerecog.asia/

SPAR

chart_web_sis

SPARはアメリカ、中国、香港、日本を含む9カ国に6500人以上のアドバイザーを持つ小売企業向けコンサルティング会社である。市場分析やマーケットリサーチの他にも、RFIDを用いた勤怠管理・在庫管理システムを販売している。他にも、小売業界での長いコンサルティング経験を活かしてデジタルサイネージやPOPを使用したプロモーション支援も同社の根幹事業の一つとなっている。

(出典:http://www.sparinc.com/

Zoommedia

434352941_1280

ZoomMediaは9万点以上の広告枠を保有するメディア企業である。デジタルサイネージの広告枠を2万5千点以上持っており、特にアメリカ全土の2300以上のフィットネスクラブにディスプレイを設置して広告を配信している。フィットネスクラブは、ユーザーセグメントがはっきりしている上、フィットネスが一般的なものであるアメリカでは非常に重要な広告チャネルとなっている。

(出典:http://www.zoommedia.com/en-us/

Synqera

3013741-slide-synqera6

Synqeraは独自デバイスを活用して、会員カードに紐付いた購買履歴や顧客属性データに基づいた、個別最適化された広告・クーポンを発信する購買促進ソリューションだ。レジ横にデバイスが設置されており、顧客が支払いを行う約40秒間に会員カードに登録されている顧客情報(性別、年齢、購買履歴)に合わせて、クーポンなどを画面に表示する事が出来る。また、表情認証技術を組み合わせてゲーム要素を取り入れたアンケートを実施し、その場で顧客満足度を計測する事も可能だ。

(出典:http://synqera.com/

 

小売業界が創る未来世界

http://www.youtube.com/watch?v=D6rXBMo0W-4

今回紹介したサービスは、従来のリアル世界では実現に至っていない効果測定の実現を試みるサービスが中心である。効果測定型のサービスが登場する背景には、これまで効果測定をせず、サービスを提供しているだけで売上が上がっていた小売業界が、かつて無いほどの厳しい局面に直面しているという事実がある。しかし、これまでのイノベーション同様に、厳しい局面だからこそ新しいテクノロジーが積極的に活用され、新たな取り組みが生まれていく。この動画は2013年の6月にリリースされたものであるが、驚くべきは登場する技術の多くが既に実用化されている点である。例えば、拡張現実に対応した雑誌(http://www.youtube.com/watch?v=ixiQoGYSokQ)、個別最適化された広告や近接メッセージングもiBeacon(アイビーコン)によって実現(http://www.youtube.com/watch?v=ppXoqintleQ)している。空間に映像が浮かぶホログラムは、まだ実用段階に至っていないが、遠くない未来に実現するだろう。急速に進化していく未来の技術たちから今後も目が離せない。

 

参考URL:
http://finance-startups.jp/wp-content/uploads/2012/08/Shopping-Ecosystem.png
http://finance-startups.jp/2012/08/o2o-chaosmap/
http://synqera.com/
http://www.sparinc.com/
http://www.zoommedia.com/en-us/
http://facerecog.asia/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら