【講演】ユナイテッド・アローズ×東急ハンズ「OtoOはクーポンばらまき?流通小売りとデジタルメディアの良い関係」~UA編(2/2)~

WRITER : 長沼 あね佳

  オムニチャネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

th_top_0s.png

引用元:ZOZOTOWN

4/15(火)、株式会社宣伝会議のアドタイ・デイズに参加してきた。数々のセミナー、展示会の中でも、今回は株式会社ユナイテッドアローズ 上席執行役員 事業支援本部長 佐川 八洋 氏と、株式会社東急ハンズ オムニチャネル推進部 オムニチャネルコマース課 緒方 恵 氏による「OtoOはクーポンばらまき?流通小売りとデジタルメディアの良い関係」について聴くことができた。

パネラー紹介

th_united-arrows_p1.png 株式会社ユナイテッドアローズ 佐川 八洋 氏
1987年4月 株式会社ワールドへ入社。1996年3月 ㈱ユナイテッドアローズに入社。情報管理部、営業推進部、人事部などの部門長を経て、2008年6月より現職。現在は上席執行役員 事業支援本部長として、物流、情報システム、店舗開発、お客様相談室、CRM、EC、WEBなど、事業支援部門を管掌。
出典:アドタイ・デイズ セミナーの案内

 

前回のおさらい

【講演】ユナイテッド・アローズ×東急ハンズ「OtoOはクーポンばらまき?流通小売りとデジタルメディアの良い関係」~UA編(1/2)~

UAは、クーポンではなく、「ハウスカード(百貨店などが顧客サービスのために発行している、割引などの特典付き自社専用カード)」を提供することでお客様の再来店を図った。
さらに、「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE」では、実店舗でのサービスを、出来る限りオンラインで再現することが購入につながると考え、様々な施策を打ち出した。このオンライン事業は成功し、全体利益の約11%を占めるまでに至っている。

 

アプリにバーコードスキャンを搭載

スクリーンショット 2014-05-06 23.23.20.png

今後、「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE」のアプリには、あの株式会社スタートトゥデイが廃止してしまったバーコードスキャンの読み込み機能を搭載する予定とのこと。この機能により、タグをスキャンすれば、カラー・在庫数・サイズの在庫確認が可能となる。店員が取り込み中でも、欲しい商品が今店舗にあるのかどうかを確認できるのだ。

ちなみに、WEARがバーコードスキャンを廃止した理由は、「より多くのブランド様や商業施設様に WEAR を安心してご利用いただくために、 バーコードスキャン機能を中止することといたしました。」とのことだが、以前本ブログ行った調査によって発覚した、実店舗での在庫登録がオペレーションの負荷につながり、未登録の商品が多く存在し、結果としてスキャンできなかったことにも起因していると思われる。

 

店舗とオンラインを、より密接に

th_UA_HANDS004.png

オンラインとオフラインを繋げても、実際には、店舗で働く店員がオフラインへの道を繋げなければ、O2Oは成立しない。

オンラインとオフラインの相互作用が浸透しきれていない原因としては、「ショップの店員がネットショッピングをしない」ことが挙げられる。ショップ店員は洋服好きだからこそ、実際に手にとってから買うのだ。だから、ネット購入者の心理がわからない。わからなければ、おすすめもできないのだ。

そこで、積極的にショップ店員にネットショッピングにトライしてもらおうと、社販を自社ネットでできるようにしてみたものの、なかなか購買は促進されない。「ネットで見て〜。」という会話が増えていけば、店員も、オンラインにも需要があると腹落するのではないかと佐川氏は語っていた。

実店舗での購入のみのお客様の年間平均購入額は4万円。しかし、オンラインと実店舗を行き来しているお客様の年間平均購入額は、その3倍の12万円だ。このうち、10万円が実店舗での支出である。ネットで新規商品をチェックしていることが、来店回数の増加につながっていることの証明だろう。

 

予想されるUAの未来

オンラインが力を増すことで、人と人とのコミュニケーションが薄れることを危惧する声もあるが、ネットを強くしたからといって、コミュニケーションが減ることはない、と佐川氏は語る。むしろネットで得た情報から生まれる、今までには無かった会話が生まれることだろう。ネットで買うのもお客様のためになる、という実感が浸透するのはあと2年程度と踏んでいる。

UAの顧客層は、25-40歳がコアである。したがって、現状では店舗での購入を求めるお客様が多い。しかし、25歳以下はオンラインでの購入が伸びているため、5-10年後に向けて、オンラインだけで購買完結する人に向けたものも作る必要がある。そのうち、サンプルだけが置いてある店などの業態開発や、GPSを使った、現在地からの最寄りの店舗で在庫の有無をすぐに確認できるシステムも作り出したいとのことだ。

次回、ついに東急ハンズのO2Oについて、「【講演】ユナイテッド・アローズ×東急ハンズ「OtoOはクーポンばらまき?流通小売りとデジタルメディアの良い関係」~東急ハンズ編(1/2)~」を公開!(5/14配信予定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら