今が旬!020クラウドファンディング

WRITER : 山口 莉奈

  オムニチャネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

クラウドファンディングって知っていますか?

クラウドファンディングとは、ある志を持った個人や団体に対する資金をインターネットを介して支援者を募り、資金を集める方法です。日本で初めてクラウドファンディングを開始したREADYFOR?は2011年4月にオープンし、今までに754以上のプロジェクトの資金調達を行い、これまでに3万8000人から約4億6000万円を支援されています。この金額・人数は共に日本で最大級です。また7割以上のプロジェクトが目標金額を集めることに成功しており、昨今では特に自治体やNPO法人による社会課題解決のためのプロジェクト支援に注目が集まっています。

例えば、『greenz.jp』という社会課題をクリエイティブに解決したアイデアをまとめて発信しているウェブマガジンをご存知でしょうか?これはNPO法人グリーンズが発行しているもので、日本では多くの書店でこれらの記事を書籍化したものが並んでいます。このアイデア集を日本だけでなく世界に発信しようという取り組みで2012年にREADYFOR?を使って支援金を収集しています。

支援に参加した人は金額によってグリーンズが定めたお礼を受け取ることができます。このプロジェクトの場合は現地からの速報レポートや記事に「SUPPORTER」として名前を掲載してもらうなどがありました。

他にもこんなプロジェクトが進行中

東日本大震災の復興支援プロジェクトが多いですが、他にも個人や団体でさまざまなプロジェクトがあります。今回は商品開発などちょっと珍しい企画をピックアップしてみました。
・我武者羅應援團
「気合いと本気の応援で世界を熱くする」という志の下、自分に自信がない人100万人に対して個別にエールを送るという、独自に応援活動をするプロの応援団によるプロジェクト
え、何?応援って?と思った人は下記のリンクとyoutube映像をご覧ください!

https://readyfor.jp/projects/hoketsuoen
https://www.youtube.com/watch?v=HucNTTcDLKw

・yepchord

昔ながらの近所付き合いを復活させるため、自分の持ち物をシェアすることでコミュニケーションを生むというアイデアを具現化。そのための開発宣伝費用獲得を目的とするプロジェクト。

https://readyfor.jp/projects/yepchord

・大森コレカラカイギ
子どもたちの就業体験イベント「リアルアキナイ」を、継続的に商店街で行う目的での、活動資金のためのプロジェクト
https://readyfor.jp/projects/little_akinai

 

・れのあ

重度のアトピー体質を改善をするために白砂糖・卵・乳製品不必要のスイーツを作るためのプロジェクト
https://readyfor.jp/projects/renoa-atopy-sweets

 

O2Oを生かしきる

クラウドファンディングは、時間制限があり、期限内に希望金額を集められなければ、支援が実行されることはありません。READTFOR?では5万円から1000万円近くまで幅広い活動支援がこれまでに提供されてきました。自分の夢や志があれば、年齢・性別・国境を超えて支援できるクラウドファンディングという仕組みはインターネットでしか出来ないまさにO2Oの真骨頂です。オンラインで資金を募り、オフラインで夢を実行し、さらにそのリターンがオンライン・オフライン双方で見える。自分に共感した夢に自分も加担させてもらうことで、その夢を叶える一員になれるのです。社会を変えるには大きな力と覚悟が必要です。その大きな勇気をインターネットの前に座ったあなたが原動力となって生み出すことが出来るって、わくわくしませんか?

 

誰かのためが自分のために

誰かのための社会貢献が、自分のためにもなるのがクラウドファンディングの魅力だと個人的には感じています。その上で資金というリスクに対し、リターンというビジネス的な仕組みは重要となります。支援金の用途が見えやすいのはもちろんのこと、スタートアップに参加したことで得られる特権は実は本当にお得なものが多いです。
「yepchord」では50000円の支援金で開発会議に参加する権利が得られます。これも、学生や起業を目指す方にとっては有意義な経験となるのではないでしょうか?また「れのあ」では10000円以上の支援金で実際に白砂糖・卵・乳製品が入っていない健康に優しいスイーツを送ってくれたり、自分の誕生日にバースデーケーキを送ってくれたりします。アトピーの方にと作られた商品ですが、女性全般にとってもヘルシーで嬉しいですよね。

もちろんお得と感じるかどうかは人それぞれですが、自分のための購買が直接、誰かのために役立っているのはやっぱり嬉しいもの。入り口が社会貢献でなくても良いのです。気軽に買い物をする気分で是非一度READYFOR?を開いてみてください。

 

・READYFOR?
https://readyfor.jp/about_more
・NPO法人グリーンズ
http://greenz.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら