東京五輪に先駆けてアイリッジが訪日外国人観光客向けのO2Oサービスを開始

日本でO2O業界を牽引し続ける株式会社アイリッジ(以下アイリッジ)は、2月24日(火)に、訪日外国人旅行客をリアル店舗へ集客するO2Oソリューションを発表した。アイリッジは2008年の創業で、フィーチャーフォン全盛の時代からモバイルマーケティングに取り組んできた知見を活かしつつ、現在では国内大手企業を中心にO2Oソリューションを導入している。 今回は、アイリッッジが発表した新ソリューションと、同ソリューションが発表された「次世代O2Oが変える未来のお買い物」と題したプレス向けの勉強会にて、代表取締役社長 小田健太郎氏(以下小田氏)が語った、今後のO2O市場とその展望を紹介する。 東京五輪を見据

【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発

今回は「ディープラーニングと未来」の連載第3回としてディープラーニング(Deep Learning)開発に取り組む世界の巨大企業、Facebook、Baidu、Googleの取り組みを紹介する。 第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか 第2回:【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史 第3回:【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発 第4回:【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

ウェアラブルが未来の生活を変える?障碍者支援ウェアラブル事例3選

昨今、ウェアラブルデバイスへの注目が集まっている。総務省のデータでは、ウェアラブルデバイスの端末数は2013年度の40万台から、2020年には600万台以上へと増加し、7年間で約15倍になると予測されている。一口にウェアラブルデバイスといっても、様々な用途があるが、今回は障碍者支援に向けて開発が進められているウェアラブルデバイスを紹介したい。 盲導犬の代わりに道案内をする「INDEPENDENCE DAY」 [su_youtube url=”https://www.youtube.com/watch?v=BEzncMLLOxE” width=”500&#82

【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史

前回連載第1回では、ディープラーニング(Deep Learning)とは何かについてご紹介した。今回はディープラーニングの源流であるニューラルネットワークの成り立ち、歴史についてご紹介したい。 ディープラーニングとは、経験(データ)により自ら賢くなるアルゴリズムである機械学習という技術の一種である。現在、Google、FacebookなどをはじめとしたIT業界の巨大企業たちが研究・開発・実装に大きく力を入れており、音声認識の飛躍的な精度向上、人間と遜色ないレベルの顔認証技術など、既に様々な分野に利用されて驚くべき成果を挙げている。この様に、我々の世界に大きなインパクトを起こしつつあるディープラ

Pebble社CEOが語るスマートウォッチ戦国時代を生き抜くための6つのヒント

2015年はスマートウォッチ戦国時代の幕開けとなりそうだ。Googleとパートナー企業達は「Android Wear」を昨年の夏から次々と投入しており、Apple は「Apple Watch」の発売を2015年4月に予定している。アナリストの予測では、Apple Watch の発売を機に、スマートウォッチやウェアラブルデバイスへの認知が急激に高まり、市場規模は2020年までに約230億ドルまで成長するとされている。 世界の巨大IT企業が相次いて参入するスマートウォッチ市場の中で、大きな存在感を示しているのが「Pebble」だ。「Pebble」 は電子ペーパー用のディスプレイを特徴としたスマート

【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

最近ディープラーニング(Deep Learning)という言葉が世を賑わしている。Googleトレンドが示すところによると、2013年辺りからディープラーニングというワードは注目を浴び始め、最近では自動運転を構築するコンピュータ「NVIDIA DRIVE」にディープラーニングが用いられた事でも注目を集めた。 本日から五回にわたって、「ディープラーニングと未来」というテーマで連載を行う。今回は「ディープラーニングと未来」の連載第一回目として、ディープラーニングとは何かに迫りたい。 第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか 第2回:【連

週末にまとめ読み!デジタルマーケティングトレンド関連記事総集編

スマートフォンやウェアラブルデバイスの登場で、私たちはデジタルコンテンツに接する機会が格段に増えた。O2Oイノベーションラボでも、これまで何度もデジタルマーケティングをテーマとして扱ってきた。今回はその中から特に注目すべきものを6つピックアップして紹介する。 巨大企業が見据えるデジタルマーケティングの未来とトレンド 引用:http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LUBQ310D9L3501.html ■”世界で最も革新的な企業”セールスフォースが語るデジタルマーケティングの未来 ■Facebookが予測する2015年に世界を動かす5つのデジタルマーケティングトレ

2015年Beacon関連市場規模は43兆円に!関連記事総まとめ

2014年は「Beacon(ビーコン)の年」といっても過言ではないほど、Beaconに注目が集まった。Beaconとは、BLE(Bluetooth Low Energy)という通信規格で、モバイル端末の位置情報を特定し、必要な情報を常時配信するというものである。NRI Knowledge InsightによるとBeaconを含むO2Oの2015年の市場規模は43.8兆円と推測されている。 2013年6月、Appleの開発者イベントで発表されたiBeaconは、国内外問わず、広い範囲で導入されている。しかし、まだ多くの人はiBeacon機能を実際に体験したことがなく、どのような便利さがあるのかイ

来場者8万5千人!ウェアラブルエキスポで注目を集めた3つのトレンド

2015年1月14日(水)〜16日(金)の3日間、東京ビックサイトにて第一回ウェアラブルEXPOが開催された。ウェアラブルEXPO公式サイトによれば、開催期間3日間を通じての来場者は85,924人を記録し、日本国内でのウェアラブルデバイスへの注目度の高さが伺える。以下では、ウェアラブルEXPOで見られた3つのトレンドを紹介したい。 ヘッドマウント系ウェアラブルは、B2B向け作業現場での活躍に期待 ウェアラブルEXPOでは主に工事現場、医療現場など、B2B向けのグラス系ウェアラブルデバイスが多くみられた。野村総合研究所の資料によれば、プライバシーやコスト、社会的規範等の観点から、まずはB2B向け

各社オムニチャネル事例~アプリから決済まで~

この記事は、「アパレルマーケティング」より転載。 各社オムニチャネルを進めていく上で、アプリ導入は必須になってきました。 スマートフォンでの購入が主流になりつつありますが、その次はIoT(インターネットオブシングス)で身の回りのあらゆるものがコンピュータに組み込まれ、ネットワークで接続されると言われています。 最近、話題のウェアラブルデバイスや自動車(スマートカー)、家屋(スマートハウス)など等がその流れです。 IoT時代にはどうのような購買活動になるかは未知数です。今回は、各社の最新オムニチャネル事例をご紹介します。 ナノ・ユニバースは決済を利用 引用:株式会社ゼウス ナノ・ユニバースはO2

【連載企画】スマートシティの未来に関する3つの予測

前回第4回記事では、スマートシティ事業に取り組む注目企業を紹介した。スマートシティ特集最終回となる今回は、スマートシティの未来を考察していく。 近年、自然資源に依存しない、人と環境にやさしいスマートシティの建設は、世界各国の重要課題として研究・開発が急がれている。現在国内外を問わず、多くの都市がスマートシティプロジェクトに取り組んでいるが、そのほとんどはまだ実証実験段階にとどまっている。そこで今回は、国内外でスマートシティ事業に取り組む企業や、予測を発表している記事の内容を元に、スマートシティの未来に関する考察をお伝えする。 第1回:【連載企画】世界の最先端ICT技術が結集!未来型都市「スマー

パルコシティがショップブログ連携型ネット通販サービス 「アミュカゴ」をスタート

パルコグループでWebコンサルティング事業を運営する株式会社パルコシティ(以下パルコ・シティ)は、本日2月19日に、鹿児島ターミナルビル株式会社が運営する商業施設アミュプラザ鹿児島で、ショップブログ連携型ネット通販サービス「アミュカゴ」の提供をスタートさせたことを発表した。「アミュカゴ」はパルコが2014年に開始した「カエルパルコ」の仕組みを利用したサービスで、パルコ以外の外部の商業施設においては、今回が初の導入事例になるという。 ▼参照 株式会社パルコニュースリリース 店頭在庫で運営ができる、ショップブログ連携型ネット通販サービス 「アミュカゴ」 引用:ニュースリリース 「アミュカゴ」は、ア

【連載企画】最新テクノロジーで夢のスマートシティを実現する先端企業5選

前回第三回記事では、日本国内におけるスマートシティプロジェクトを紹介した。今回はスマートシティ連載第四回として、「スマートシティを支える企業」を紹介していきたい。 近年、自然資源に依存しない人と環境にやさしいスマートシティの建設は世界各国の重要課題として開発・研究が急がれている。2030年までに世界のスマートシティ市場は4000兆円に到達すると言われており、数多くの企業が大きな可能性に魅せられて、あるいは社会的意義に駆られて同市場に参入している。 スマートシティを作る重要な概念のなかで、今回は特に「スマートグリッド」「持続可能なエネルギー」「次世代交通システム」「水処理」「スマートホーム」の5

シアトルNFLチーム「シーホークス」公認ストアも導入するBeaconテクノロジースタートアップ

※「Arch for Startup」より寄稿 引用: Seahawks 公式サイト 約2週間前にアリゾナ州で行われたアメリカのスポーツ史上最大の影響力を誇るスーパーボウル。対戦した2チームのうちの一つはシアトルを拠点とするシーホークスである。日本ではアメフトは馴染みの薄いスポーツかもしれないが、アメリカでは一番人気のスポーツということもあり、スーパーボウルの盛り上がりはとてつもない。 周辺地域への経済効果は、なんと1試合につき約6億円以上というデータもあるほどだ。今年は優勝を逃してしまったものの、シーホークスは2年連続のスーパーボウル出場ということもあり、チーム関連グッズの売り上げはすごいス

【連載企画】日本のスマートシティプロジェクトから持続可能な未来を考える

前回第2回記事では、海外のスマートシティ先進事例として、シンガポール・オランダ・インドの例を紹介した。今回はスマートシティ連載記事第3回として、スマートシティの国内事例を紹介する。 日本においても経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証事業」、総務省の「ICTスマートタウン構想」、内閣府の「環境未来都市構想」など、政府が関わる形でスマートシティ構想の実証実験が行われ始めており、スマートシティプロジェクトは国家規模の取り組みとなっている。 今回は日本の数あるスマートシティプロジェクト都市の中から、けいはんな学研都市、柏の葉、豊田市の例を紹介する。 ▼参照 Japan smart city

自動運転自動車の未来を拓くコンピュータ「NVIDIA DRIVE」の性能に迫る

引用:Conducción inteligente de la mano de Nvidia 2015年1月4日、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある半導体メーカーのNvidia Corporation(エヌビディアコーポレーション:以下、Nvidia)は、2015年1月5日から1月9日にわたって、ラスベガスで開催されていた世界最大級の家電展示会「CES2015」のなかで2つの製品を発表をした。 1つ目は、自動運転機能を開発する「NVIDIA DRIVE PX」。もう1つは最先端のデジタル・コクピットを構築する「NVIDIA DRIVE CX」だ。この2つの製品は自動車の自動運転技術を実現する

【連載企画】シンガポール・オランダ・インドの海外事例から読み解く世界のスマートシティ動向

引用:Amsterdamsmart City 連載第一回目となった前回は、「スマートシティとは何か」について紹介した。連載二回目の今回は、国外に目を向けて、海外のスマートシティ事例を紹介する。 前回の記事で述べていたように、スマートシティとは「市民の生活の質を高めながらも、環境負荷を抑えつつ健全な経済活動をうながすことで、さらなる成長を続けられる新しい都市の姿」のことを指す。世界各国では最先端のテクノロジーを活用して、スマートシティ建設を行い、環境問題やエネルギー問題の解決に取り組んでいる。今回は、数ある海外事例の中から、シンガポール、オランダ、インドのスマートシティへの取り組みを紹介する。

CCCが仕掛ける5,200万人のビッグデータを活用したマーケティング戦略

引用:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 近年、「ビッグデータ」というワードが世間を賑わせている。ビッグデータとは、従来のデータベースを管理するシステムでは、記録や集約、分析が困難な程に膨大な量のデータ群を指す。近年では、POSシステムに基づく顧客の購買データや、オンライン上の顧客行動データ等、多種多様なデータが取得できるようになってきており、こうしたビッグデータの活用法がその重要さを増している。 例えばGoogleは、検索エンジンと無料アプリケーション経由で取得・蓄積したビッグデータを基に、ターゲティングした広告を展開するなどのビジネスを行っている。 今回は、ビーグデータ活用の事例と

【連載企画】世界の最先端ICT技術が結集!未来型都市「スマートシティ」とは?

近年、環境に配慮した再生エネルギーの開発が注目を集めている。これは、石油、天然ガスなどの自然資源には限りがあるため、いつか枯渇してしまう恐れがあるからである。自然資源の枯渇を防ぐため、先進諸国ではスマートシティプロジェクトを官民一体で進めている。また、自然資源保護以外にも、増え続ける世界人口を見据えたスマートな都市作り、それぞれの都市に合った街づくりによる文化支援などスマートシティを進める理由は多岐にわたる。今回は連載一回目として、「スマートシティとは何か」に迫っていきたい。 第1回:【連載企画】世界の最先端ICT技術が結集!未来型都市「スマートシティ」とは? 第2回:【連載企画】シンガポール

IoT時代の高性能シングルボードコンピュータ「RaspberryPi 2 ModelB」

今年2月2日、格安PCボード「Raspberry.Pi(ラズベリーパイ)」を開発するRaspberry.Pi.Foundationはラズベリーパイの2世代目になる「Raspberry.Pi.2.Model.B」を発表した。 欧米での販売価格は35ドルと据え置きとなり、「Raspberry.Pi.2.Model.B」はCPU性能を向上させている。日本ではアールエスコンポ―ネンツ株式会社が法人向けに4,291円(税抜)で発売を開始した。 ▼参照 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/020200383/ 世界で400万台以上販売されている「Raspber

「ミハラヤスヒロ」が三陽商会の新ブランドに参画し脱バーバリー体制のブランディングを担う

2015年2月13日に、株式会社三陽商会が、新ブランド「ブルーレーベル・クレストブリッジ」「ブラックレーベル・クレストブリッジ」を立ち上げる事を発表した。また、「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」を展開する、ファッションデザイナーの三原康裕氏を、同ブランドのクリエイティブディレクターとして迎え入れる。今回は三陽商会の今後の構想を見ていきたい。 ▼参照 三陽商会ニュースリリース 従来のブランドコンセプトを継承したままの「脱バーバリー」へ 引用:Burberry 同社はこれまで、英国バーバリーグループとライセンス契約を結び、「バーバリー・ブルーレーベル」「バーバリー・ブラックレーベル

ゲームの域を超える!新感覚のユーザー体験をもたらす三つの最新技術

2014年、視界にイメージやテキストを重ねて表示するGoogleGlassの発表をきっかけに、仮想現実(以下VR)、拡張現実(以下AR)という単語が世間を賑わせてきた。特別なヘッドセットを通してみる光景は、コンピュータによって創られたものだが、まるで現実そのもののように感じることができる。仮想現実や拡張現実の世界では、突然恐竜が目の前に現れたり、空を飛ぶこともできるのである。今回は、VRやARを始めとした、今までにない空間創造を行うサービスを3つご紹介する。 「オキュラスリフト」ブームによって広がった仮想現実の世界 [su_youtube url=”https://www.yout

効果絶大!メディア運営が100倍楽になる驚きのツール「Shuttlerock」

皆さんは、おもしろい記事を書くのがどれだけ難しく、大変かはメディアを運営している人なら誰しもご存知だろう。情報収集から、企画立案、執筆、校正など、やらなくてはいけないことが山ほどある。今回ご紹介するのは、そんなメディア運営者を今より100倍楽にしてくれるサービスだ。 メディア運営が100倍楽になる驚きのツールShuttlerockとは? Shuttlerockは2011年に設立したスタートアップ。ソーシャルメディアマーケティングソフトウェアを提供している企業だ。同社はFlickerやInstagramなどのSNS上にある画像、社員や自社のファンが撮影した画像をキュレーションして企業のメディアに

【インタビュー】リアル店舗の逆襲!東急ハンズキーマンが描く未来のオムニチャネル

2014年11月末に「東急ハンズアプリ」をリリースしてから約2ヶ月で7万ダウンロードを記録。カード機能のデジタル化のような主要機能に加えて、コレカモ成長日記やバッジのようなゲーム性を交えた仕掛けにより、東急ハンズファンの心を確実につかんでいる。 2009年7月からTwitterをはじめとしたソーシャルメディアの運用で顧客とオンラインでのコミュニケーションを取り、2010年からレコメンド機能を搭載したTwitterロボットのコレカモ.netを展開するなど、他社とは一線を画したオムニチャネル化を推進している東急ハンズ。東急ハンズオムニチャネル推進部オムニチャネルコマース課ディレクターの緒方恵氏(以

LINEがバーバリーのグローバルパートナーとしてロンドンからファッションショーを生中継

引用:The global partnership will offer users of the Japanese social platform LINE unique creative content LINEでバーバリーのファッションショーが見られるようになる。2月5日にLINE株式会社(以下LINE)とバーバリージャパン株式会社(以下バーバリー)は、グローバルパートナーとして今後様々な取り組みを共同で行っていくことを発表した。直近では、LINE公式アカウントのリアルタイム動画配信機能「LINE.LIVE.CAST」を活用して、2月23日にロンドンで開催されるバーバリーのファッションシ

【インタビュー】「2018年。3年後のWeb戦略」物流ビジネスで世界進出を支える オープンロジの挑戦―【後半】

この記事は、「アパレルマーケティング」より転載。 出荷依頼のための入力画面 雇用創出、海外進出。物流が広げる可能性 ―確かにボリュームディスカウントの世界だから、規模感がないと物流企業にアウトソーシングという話ができないですよね。ところで、ECサイトの事業者以外でも利用されるケースはあるのでしょうか。 はい、ありますね。オープンロジのメリットの1つは「早い」ということですが、スポットで利用したいというニーズがあります。 例えば、プレゼント企画やイベント連携といった瞬発力が求められるシーンでは活用が増えるはずです。 さらにいくつかのスタートアップ企業とも話をしています。従量課金モデルを採用してい

健康志向都市シアトルから生まれたウェアラブルスタートアップ3選

※Arch for Startupより寄稿 私達A4Sが拠点を置くワシントン州シアトル市。この都市はスターバックスに代表されるコーヒーショップや、MicrosoftやAmazonといった大企業が本社を置くことでも有名である。それと同時に、シアトルは健康管理に敏感で頻繁に運動をする人々、いわゆるヘルスコンシャス(健康志向者)やエココンシャス(環境志向者)と呼ばれる人々が、多く集まる街としても有名なのだ。 最近こうした健康志向の高い人々の中で密かにブームとなっているものがある。それは、ウェアラブルだ。日々健康を求めて運動をするシアトルの人々は、ウェアラブルを身につけてデータを集め、効果的に運動をす

LINEが50億円の投資ファンドを設立、O2O、EC、決済、メディア、エンタメ領域での連携を視野に

2月9日、LINEは約50億円規模の投資ファンド「LINE Life Global Gateway」を設立した事を発表した。同ファンドの主な投資対象は、O2O、EC、決済、メディア、エンターテインメントといったLINEとの連携が図りやすい領域の企業であり、これによりLINEプラットフォームのさらなる拡大を目指す。同ファンドは2015年2月4日から既に運用が開始されており、10年間の運用期間を予定している。同ファンドにはLINE、およびLINE Venturesが出資を行っている。 O2Oに取り組む企業に追い風、昨年12月リリースの「LINE Pay」 引用:http://cdn-stf.lin

マーケター必見!絶対に外せない2015年5つの海外デジタルマーケティングトレンド

2014年はモバイルにとって非常に重要な年となった。 デジタルマーケティング調査会社のeMarketerによると、2014年末の時点で17.6億人がスマートフォンを所持・使用しており、その数は2013年と比べて25%増加した。それに伴い、モバイルコマース市場は大きな飛躍を遂げ、PCを使ったEコマースよりも著しい速度で成長した。その証明として、IMB.Digital.Analyticsの発表によれば、2014年はモバイルコマースの売上がオンライン売上全体の22%を占め、この数は前年より27%高い数値である。 更にAppleWatchの発表やApplePayのリリースなど、新しい技術も次々に登場し

国家機関のデータ分析を支援する「Palantir」がオムニチャネル戦略コンサル「FancyThat」を買収

引用:Palantir picks up Fancy That in latest acqui-hire 「Palantir(パランティア)」は経済、ヘルスケア、国防など多岐にわたり活躍する世界最大級のビッグデータ分析会社だ。 「Palantir」の創業者は言わずと知れたPayPalマフィアの首領こと、ピーターティールだ。企業の市場価値は1.5兆円に上り、「Palantir」の顧客の中にはCIAやFBIなどの国家機関も存在する。 先日、そんな「Palantir」が小売向けオムニチャネル戦略コンサルタント会社の「Fancythat(ファンシーザット)」を買収したと報道された。 これにより、「Pa