規格外の発想!?中国最先端のIoTデバイス5選

この一年で様々なIoT(Internet of Things:モノのインターネット)機器がアメリカを中心とした世界中で発売され、注目を集めている。実は隣国の中国でも同様にIoTデバイスの開発は一つのトレンドとなっている。今年9月の人民网の記事によると、中国IoTの市場規模は5000億元(約8兆7000億円)を突破したとのことである。 そこで、中国の数あるIoTデバイスの中でも、特に注目すべきものを5つ紹介する。 ▼関連記事 知らないと損!?IoTで健康管理ができる海外の最新デバイス5選 引用:美国FDA转向云 促进大数据利用 箸で油の安全性がチェックできるKuaisou(百度:Baidu) 引

シアトル発!Arch for Startupが紹介するオムニチャネル系スタートアップ3選

シアトルとArch for Startup Arch for Startupは今年6月に設立されたシアトルに拠点を置く団体だ。彼らのビジョンは日本とシアトルのスタートアップのためのプラットフォームを構築し、相互の経済発展に貢献することである。シアトルは、MicrosoftやAmazonをはじめとする大手IT企業の本社や、StarbucksやCostcoといった大手小売企業の本社があり、且つ人材面、環境面も充実したスタートアップエコシステムも形成されていることから、今後益々成長することが期待される。また、アメリカにおけるオムニチャネルに対する注目度は高く、今年9月末にはシアトルのダウンタウンで、

人間の深層心理が分かってしまう!?ニューロマーケティングの使用法

脳科学は、遥か昔には戦争で使用され洗脳の道具にされ、サブリミナル広告にも活用されているような危険な学問と認識されていた。そのため、ビジネスでの活用は軽視されていた。 しかし、そのような中2004年頃から注目を集めているのがニューロマーケティングである。 ニューロマーケティングは、商品設計やサービスのデザイン性や顧客が感じる品質を可視化したり、アンケートでは明らかにされない心の機微や、商材の意外な魅力を引き出すヒントを与えてくれる。今回は、消費者の深層心理に迫るニューロマーケティングの概要と事例、そしてその重要性について紹介する。     消費者の脳の反応を計測するニューロマ

Orange Fab Season 2開幕!今注目のスタートアップ5社

前回当編集部でも紹介したOrange Fab Season 2がついに開幕して、アジアで今注目の5社が採択された。Orange Fabは、スタートアップに対するアドバイスやサポートを提供するとともに、世界最大級の通信企業の最適な部門へのアクセスが可能となるようにデザインされている。Orange Fabは、Orangeの持つディストリビューションチャネル、市場、知見、そしてグローバルな事業展開を活用することができるアジアのスタートアップを対象としているのだ。今回は、採択された5社を紹介し、そこから今世界が注目している分野もみてみよう。 ▼関連記事 間もなくOrange Fabシーズン2開幕!世界

斬新な着想が勢揃い!大学生のためのマーケティングコンテスト”第6回「試す」applim”

引用:学生団体applim 10月25日に六本木で学生団体applimが主催する大学生のためのマーケティングコンテスト”第6回「試す」applim”の決勝レセプションが開催された。今大会は、特別協賛企業である株式会社TBSテレビ(以下TBSテレビ)、日本たばこ産業株式会社(以下JT)、日本マイクロソフト株式会社(以下Microsoft)に対して、大学生で構成される各チームが「ブランドに再発明を」をコンセプトとした新規事業の提案を行うというものである。決勝レセプションでは総勢約130チームの中から1次、2次予選を勝ち抜いた各部門2チームがそれぞれプレゼンテーションを行い、「アイデア性」「ブランド

店舗開発担当必見!テクノロジーで売上を伸ばす方法

ここ数年、アメリカを先駆けとして「インストアマーケティング」が注目を集めている。オンラインでは、Google Analyticsに代表される解析サービスを用いれば、サイトのアクセス履歴などから、顧客の性別や年齢等の属性や、どのような商品を閲覧しているのかといった情報は容易に獲得することができるようになってきている。その一方で、実店舗でそうした顧客の情報を得ることは非常に困難であった。しかし、近年登場したiBeacon(アイビーコン)や画像解析といったテクノロジーを用いることで、店舗内での顧客の動きが可視化できる上に、性別や年齢等の情報も分かるようになってきている。そこで、顧客情報に基づいて、い

【待望】話題の美人事がLINEスタンプを作ってみた(前編)

先週末、個人的にこっそりと申請していたあるLINEスタンプの承認が下りた。申請開始から約2ヶ月、待ちに待ったリリースである。今回は、実際に制作してみてわかった、制作時のひと通りの流れや、予め考えておくとよい準備事項についてご紹介する。 追って、LINEスタンプ「リリース編(後編)」を公開するので、是非お役立て頂けると嬉しい。         盛り上がりを見せるLINEスタンプ市場 「LINE Creators Market」がリリースされ、クリエイターによる登録受付開始から、約半年が経過した。LINEの調査によると、販売・購入開始後3ヶ月間でスタンプ販売

決済はスマホ1つで!「GMO Pallet」ならBeaconで簡単に決済可能

Apple Payの利用が米国で開始されるなど、「スマホ1つで決済」の流れは世界中で起きている。そんな中、日本でもスマホ1つで行える決済サービスが多く存在する。今回はそのうちの1つ、Beacon(ビーコン)を使用した決済サービスを紹介する。 ▼関連記事 いくつ知ってる!?Beaconサービス導入事例まとめ7選 あなたの生活を変えるかも!?国内最新のiBeacon導入事例4選 海外iBeacon導入事例から見るiBeacon導入のメリットと課題 iBeacon導入前にマーケティング担当者が確認すべき5つの課題 ▷無料iBeacon資料ダウンロードはこちら 引用:GMO Pallet(パレット)

ビッグデータを活用し、スマートハウスの未来を彩る最新デバイス3選

引用:Ninja Sphere by Ninja Blocks 自宅は憩いの場だ。家具・家電を選ぶにあたり、「いかに快適に過ごせるか」を重視している方も多くいらっしゃるのではないだろうか。最近は、自宅の快適性を高めてくれ、スマートハウス化に一役買ってくれるデバイスが、特に海外で数多く登場している。今回は、Kickstarterをはじめとしたクラウドファンディングにおいて、目標金額を大いに上回る資金調達に成功したデバイスについて紹介する。 「Ninja Sphere」を使えば、家のすべてを把握・管理できる 引用:NINJA SPHERE: Next Generation Control of Y

コーヒー通販大手のブルックス、ペイパルを導入!オムニチャネル戦略本格化

コーヒー通販大手である株式会社ブルックスと日本PayPal株式会社およびPayPal Pte. Ltd.は10月17日、国内・海外向け双方のブルックスオンラインショップおよび初のコンセプトショップBROOK’S CAFÉ原宿店に決済サービス「ペイパル」を導入したと発表した。 引用:マイナビニュース 本日22日よりキャンペーンが開始 BROOK’S CAFÉ原宿店のグローバルオープンは2014年10月22日だ。すなわち、本日より日本PayPalとペイパルは共同で、ペイパル利用者を対象にキャンペーンを開始する。 今回のこの事例は、実店舗およびオンライン双方にペイパルを導入することでオムニチャネル化

海外企業比較!Amazonとアリババの描く経営・O2O戦略!

アリババというと、最近の上場ですっかりと話題になり、ソフトバンク株式会社やEコマースといった印象が強い。よく比較に出されるのはAmazonで、どちらも一見すると同じに見えるが、その成長戦略やビジネスモデルに違いが見られる。本記事ではまず成長戦略として何が違うのか、またアリババとAmazonが描いているO2Oへの取り組みとは何かについて述べる。 中国最大のEコマースサイトを運営するアリババ アリババは1999年に創業し、今では中国最大のEコマースサイトを運営する企業になっている。最初はBtoBの取引で拡大したが、現在はBtoCにも対応するなど、業務拡大が急ピッチに進んでいる。最大の市場である中国

マイクロソフト社、先手を取る戦略でスマートウォッチを発売か

マイクロソフト社はスマートウォッチの発売を今後数週間以内に予定していると米経済誌のForbesが報じている。iOS/Androidともに対応する見込み。 Appleも参入するスマートウォッチ市場 AppleがApple Watchを発表したのも記憶に新しい。こちらは2015年初頭に発売される予定だが、今回話題となっているマイクロソフト社のスマートウォッチは今度数週間で発売され、今年の年末商戦には間に合うとのことだ。 発売時期を早めることで、Apple Watchなどに対して先手を取るという営業戦略を採ったのではないだろうか。 引用:Apple ▼関連記事 【速報】ついにAppleの腕時計型デバ

最新事例から見る、YouTubeを最高に有効活用する3つの方法

今や、マスメディアでさえ面白さを認める「動画」。ビジネスにも取り入れようと動く企業が多い中、果たして成功している事例はいくつあるだろうか?たった数秒の動画でも効果を発揮するものから、長くても意図が伝わらないものまであるのが動画である。それなら、高いコストパフォーマンスで制作したい!そんな人のために、海外事例を含めた成功事例をお伝えする。 動画マーケティングを有効に使えていない企業が多数 引用:YouTube YouTuberや動画広告など、動画を利用したビジネスは進み、日々その利用数は増加し続けている。2013年に設立されたuuum(ウーム)株式会社は、YouTuber向けのマネジメントサービ

ZARA、物流センターにRFIDソリューションを導入

世界的なアパレルブランド「ZARA」等を展開するインディテックス社は、同社の物流センターに、段ボールやハンガーなどさまざまな納品形態を持つ大量の衣料品に付けられたタグに高速でエンコーディング(※1)するRFID(※2)ソリューションの採用を決めた。 ※1:情報を一定の規則に従ってデータに置き換えて記録すること ※2:電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの 引用:RFID – YouTube  梱包形態を問わず納品精度を自動的かつ高速にチェックすることが可能に インディテックス社が導入したこのソリューションシステムは、手

IPO時価総額2兆5700億円!注目の中国版Amazon「JD」とは

インターネットが普及し、わたしたちは当たり前のようにオンラインで購買行動をするようになってきている。EC(eコマース、電子商取引)と呼ばれるこうした形態は、今や全世界的なものであり、我々の隣国、中国でも、今年5月にECサイト「JD.com」を運営するベンチャー企業JDが米国で株式を公開し、世界にその名を轟かせた。”中国版Amazon”との呼び声も高い「JD」とは一体どのような企業なのか。その全貌に迫る。 IPO時価総額2兆5700億円、中国版Amazon「JD」とは 引用:京东更新IPO文件 JD.com(京东商城)は、中国のEC市場で圧倒的な地位を占めるアリババに次ぐシェアを誇るオンラインモ

新型iPadに指紋認証機能が追加!モバイル決済を支える最新の生体認証技術とは

Appleが電子決済サービス「Apple Pay」を発表するなど、決済にモバイル端末を利用する「モバイル決済」に注目が集まっている。モバイル決済を取り扱うシステムでは、盗難やアカウントの乗っ取りに対処するために、個人認証による本人確認が重要となる。従来のパスワードによる個人認証では、他人にパスワードを盗み見られたり、本人がパスワードを忘れてしまうことがある。そこで登場するのが、生体認証だ。生体認証とはバイオメトリクス認証とも呼ばれ、人間の身体的特徴や行動的特徴の情報を用いて行う個人認証技術である。指紋などの本人しか持ち得ない情報を利用するので、他人がなりすますことは難しく、安全性が高い。そこで

知らないと損!?IoTで健康管理ができる海外の最新デバイス5選

株式会社NTTドコモがRunastic社と提携して健康管理ができるサービスを発表した。この1年間で、IoTで健康管理ができるサービスやデバイスが続々とローンチされている。 しかし、国外へ目を向けると、まだ日本へは入って来ていないような最新のIoTデバイスが数多く存在する。今回はそんな海外・国内の最新健康管理デバイスを5つまとめて紹介する。 spree: ヘアバンドで運動中のデータを測定 spreeはヘアバンドを使って運動中の生体データを管理する。体温や心拍数などの体内データと、走行距離などのデータを取り、デバイス上で表示してくれるのだ。 引用:Spree 従来のウェアラブルデバイスで取得してい

将来のITっ子を育てる?「チームラボ未来の遊園地」とは

O2OイノベーションラボではO2OやIoTといった最先端のテクノロジーや事例を紹介している。今回は少し視点を変えて、テクノロジーを駆使した最先端アートをご紹介したい。今回紹介するのは聞いたことがあるものから知らなかったものまで、童心に帰って楽しみたいものばかりだ。知れば知るほど体感したくなるメディア・アート、芸術の秋に嗜んでみてはいかかがだろうか。 インパクト絶大、プロジェクションマッピング 東京駅、ディズニーランドのワンス・アポン・ア・タイム、姫路城、きゃりーぱみゅぱみゅ、perfume…。今多くの施設やアーティストのプロモーションに使用されているのが、プロジェクションマッピングを始めとする

iBeacon導入前にマーケティング担当者が確認すべき5つの課題

iBeaconは救世主かもしれないが、万能ではない 「iBeacon(アイビーコン)」とは、AppleのiOS7から搭載された、Bluetoothを利用した新しい無線技術である。iBeaconを利用すれば、iPhoneやiPadなどデバイスを持った人の「位置」や「方向」を把握できる。また把握した位置情報に合わせた、メッセージやデータを顧客のスマートフォンに送信することができる。 引用:Estimote ▼さらに詳しく知りたい方はこの記事をチェック これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ iBeaconは、これまで精度やコストの問題

ウェアラブルおもちゃで世界を獲る!「Moff Band」開発者インタビュー(後編)

前編から引き続き、「Moff Band」を開発する「Moff」の共同創業者 / 取締役エンジニアの米坂元宏氏に「Kickstarterを活用した資金調達の裏側」についてのお話を伺います。「Moff Band」は、世界最大規模のクラウドファンディングサイトKickstarterで目標金額の約4倍となる7万8800ドルの支援額をわずか48時間で達成し、日本国内だけでなく世界中で話題となっている。 ▼関連記事 ウェアラブルおもちゃで世界を獲る!「Moff Band」開発者インタビュー(前編) Kickstartar を活用した資金調達の裏側とは なぜ資金調達先にKickstartar を選んだのか

ウェアラブルおもちゃで世界を獲る!「Moff Band」開発者インタビュー(前編)

「Google Glass」や「Apple Watch」など、さまざまなウェアラブルデバイスが登場する中、「Moff Band(モフバンド)」 は「ウェアラブルおもちゃ」という新しいジャンルを切り拓こうとしている。「Moff Band」は、世界最大規模のクラウドファンディングサイトKickstarter で目標金額の約4倍となる7万8800ドルの支援額をわずか48時間で達成し、日本国内だけでなく世界中で話題となっている日本発の「ウェアラブルおもちゃ」だ。 日本発のウェアラブルおもちゃ「Moff Band」開発者インタビュー 今回は、「Moff Band」を開発する「Moff」の共同創業者 /

世界初!シート1枚とLED1個だけで3D映像を空間投影技術の持つ可能性とは?

最近街の至る所でデジタルサイネージ(※1)を目にすることが増えているのではないでろうか? 国内のデジタルサイネージ広告市場は、2012年に214億円規模で、2020年にはなんと1,600億円もの規模になると予測されている。交通広告が市場の約半数を占めており、大震災の影響も少なかった鉄道車両がこの市場を牽引している。駅構内においても、首都圏主要駅に加え、地方都市駅の設置が増加して、媒体認知度が急速に高まっている。 今回は、日本人3人のノーベル物理学賞で注目が集めるLEDを利用した空間投影技術を紹介する。デジタルサイネージ市場に大きな変革をもたらす可能性を秘めている。 ※1デジタルサイネージ:屋外

徹底比較!大手通信3社のO2O戦略まとめ

当編集部では最新のO2Oテクノロジーを開発・提供しているベンチャーやスタートアップを数多く取り上げて来た。しかし、大手企業が行っているO2Oサービスもそれぞれの強みを生かした特色あるものが多い。今まで紹介してきた新しいテクノロジーに加え、実際に大々的に事業化してO2Oビジネスを行っている大手企業の動向を知ることで、今のO2Oビジネスのトレンドをより深く理解出来るかもしれない。 今回は日本の大手通信3社に注目し、各企業が取っているO2Oサービスとその特徴を紹介していく。   au au スマートパスでクーポンを中心としたネットから店舗への流れ auのO2O戦略として有名なものは「auス

今さら聞けない!O2Oプラットフォーム「LINE@」導入のメリットとは?

スマホ向け無料通話・メールアプリ「LINE」は2011年6月に無料メッセージサービスとしてスタートし、サービス開始から3年間の2014年6月で、ユーザー数は4億7000万人を突破している。国内利用者は約5000万人を超え、じつに日本人の2人に1人がLINEを使っている計算になる。 今回はこのように私たちの生活から切っても切れない存在となっているLINEが手掛けるビジネス向けサービスLINE@の紹介とその導入メリットを説明する。この記事を読んでLINE@がもっと身近なものになってもらえるとありがたい。     引用:LINE アカウント数10万件を突破!拡大する企業のLINE

GoogleがIoT市場を席巻!?スマート温度調節器のNest買収の真意

皆さんはスマートホームという言葉をご存知だろうか? iOS8の発表でiPhoneにスマートホームのプラットフォームとなる機能が追加された事で今話題となっている。スマートホームとは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念で、家電や設備機器をインターネットで接続して制御する事で、遠隔で操作をしたり、環境を最適化するというものである。近年の情報インフラ、及びセンサリング技術の目覚しい発達により、このスマートホームが大きな注目を集めている。今回は、O2Oの中でも特に注目されているスマートホームに関するサービス事例を紹介する。 ▼参照 Nest Smart Thermostat スマートホームの未

UberがO2Oサービス「CORNER STORE」テストリリース!その先にある展開とは?

タクシー配車アプリをメイン事業として、世界にイノベーションを起こした「Uber」。創業5年で世界38カ国へ事業展開し、総額1.8兆円超の時価総額を叩き出したモンスター企業である。同社はこれまでタクシーの配車だけに留まらず、アイスクリームを届けるキャンペーン「Uber Ice Cream」を行うなど、様々な取り組みを行ってきた。 今回は新しく日用品をデリバリーするサービス「CORNER STORE」をワシントンDCのみ一部地域限定でテストリリースをした。最近も地域のランチ・デリバリー向けサービス「Uber FRESH」をテストリリースするなど、新たな取り組みに積極的なUberを追ってみよう。 引

マーケターに特化したクラウドソーシングサービス「Traction」とは?

クラウドソーシング市場は2014年現在、市場規模として400億円弱の市場だが、3年後の2017年には4倍以上の1400億円になると言われている成長市場である。国内ではランサーズ、クラウドワークス2社で既に取引総額は500億をゆうに超えている。また、最近のニュースとして同じくクラウドソーシング分野でリアルワールドが2014年8月に東証マザーズ上場の承認を得ている。 今回紹介する「Traction」というサービスは、デジタルマーケティングに特化した海外のクラウドソーシングサービスである。立ち上がったばかりのサービスでありながら、SONYやYAHOO!などの有名企業が利用していることで注目を集めてい

注目度大!今知っておくべき店舗に変革をもたらす注目の海外テクノロジー3選

現在、アメリカをはじめとした世界中で、リテールテクノロジーが注目されている。アメリカでは店舗での最新リテールテクノロジーに特化したイベントであるNRFTechが7月に開催されたり、9月にデジタルマーケティングと店舗内マーケティングに関するイベントであるShop org.が開催されたりとリアル店舗でも最新の技術を取り入れる流れが出来つつある。 引用:500friends Talks Loyalty, Personalization at NRFtech 2014 今後、ECサイトに対抗していくため、新しいリテールテクノロジーの活用や店舗内での正確なマーケティング、それを元にした店舗改善が必要にな

いくつ知ってる!?Beaconサービス導入事例まとめ7選

iBeacon(アイビーコン)は、Appleが2013年秋にリリースしたiOS 7で搭載された機能である。2014年現在あらゆる場所で、このiBeaconを用いたサービスが展開されている。そこで今回はO2Oやオムニチャネル施策を考えるマーケティング担当者が押さえておきたいiBeacon導入事例についてまとめてみた。 ▼関連記事 2015年Beacon関連市場規模は43兆円に!関連記事総まとめ iBeacon導入を考えているあなたへ!海外の活用事例から学ぶiBeaconの3つの活用方法 2015年の飛躍を占う国内iBeacon導入事例14選 決済・スタンプ関連事例 Beacon対応!スマホ決済サ

位置情報による新しいゲームの形とは?! GPS情報連動ゲーム まとめ 4選

私たちの現在位置を示す位置情報は、携帯電話やスマートフォンの地図のナビゲーション、現在位置の天気予報など、多くのサービスに広く利用されている。その中でも、エンターテインメント性の強いゲームでの位置情報の利用が拡大しており、位置情報によって、ゲームの中の世界と現実の世界を連動させることが可能になる。例えば、ある特定の場所でアプリを起動することによって、ゲームの中で使用可能なアイテムを得ることができる。今回は、位置情報を利用した携帯電話・スマートフォン向けゲームを紹介する。 代表的な位置情報利用ゲーム Ingress (Google)   「Ingress」はGoogle が2013年よ