徹底比較!定額制音楽配信サービスの勝者はどこに?

WRITER : 柏倉 明郎

  最新テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1

引用:salon.com

これまで人々の音楽の楽しみ方は、時代によって変化してきた。レコードからCD・MDへと変化し、ウォークマンが主流となった。その後iPodが登場し、それまでの音楽の楽しみ方は一変し、人々はCDを購入するのではなく、データをネット上で購入したり、YouTubeの視聴を楽しむようになった。同時に違法ダウンロード問題が騒がれるようになり、現在に至っては音楽の楽しみ方のさらなる変化が見られる。

今日では、毎月一定の料金を払うことで、音楽を自由に楽しむことができるサービスが相次いで始まっている。定額制音楽配信サービスは、新たな音楽の楽しみ方として浸透している一方で、熾烈な業界争いが予想される。

今回は利用者にとって、どのサービスが最も適しているのか、定額制音楽配信サービスの事例5つを徹底的に比較したい。

高度なデザイン性と多様なプレイリストが魅力的な「AWA」

2

引用:AWA

■運営会社:株式会社サイバーエージェントエイベックス・デジタル株式会社

■月額:サービス開始日からの3カ月間は、登録不要で無料でAWAが利用可能

・Liteプラン(月額360円):プレイリストごとの再生とラジオ配信が利用可能

・Premiumプラン(月額1080円):上記の機能+オンデマンド視聴、プレイリストの作成と公開が可能

■楽曲数:約100万曲(2015年末までに500万曲に増加予定)

■キャッチコピー:「いつでもどこでも好きなだけ。」

■オフラインでの使用:あり

■プレイリスト:Liteプランではプレイリストの使用のみ、Premiumプランでは作成も可能

■Station機能:あり

■歌詞表示:あり

■他サービスとの比較:

インターフェースのデザイン性が高く、スワイプでのページ切り替えが特徴的となっている。AWAでは基本的に音楽をプレイリストで聞くこととなり、AWAでしか聞くことのできないアーティストやディレクターの曲が多数あることが特徴的。再生履歴や行動履歴から、自分にマッチしたプレイリストを見つける「DISCOVERY」という機能や、ジャンル別に人気(リアルタイム)の曲を再生する「TRENDING」機能も魅力的だ。

▼参照記事

AWA

アジア圏の曲を幅広く取り揃える「KKBOX」

3

引用:kkbox.com

■運営会社:KKBOX Inc.

■月額:Facebookアカウントでの登録で7日間無料で使用できる。利用料金は月額で税込980円。

■楽曲数:1000万曲以上

■キャッチコピー:「音楽を愛するあなたに、最高の音楽体験を。」

■オフラインでの使用:キャッシュでオフラインでの使用が可能。またキャッシュ数も自分で調整できる。

■プレイリスト:あり

■Station機能:あり

■歌詞表示:あり

■他サービスとの比較:

アジア圏の曲を聴くなら「KKBOX」と言われており、K-POPやC-POPなど、アジア系の曲を中心に音楽を楽しむことができる。一方で、日本のマイナーな曲は聞けない場合がある。

▼参照記事

kkbox.com

自分の音楽をいつでも仲間と共有出来る「LINE Music」

4

引用:comein-comeout.com

■運営会社:LINE MUSIC株式会社

■月額:2ヵ月間(8月9日まで)、音楽を無料視聴できるトライアルキャンペーンを実施中。学割もあり、ベーシックプランが300円、プレミアムプランが600円で利用できる。

・ベーシックプラン(500円):30日の有効期限内で全ての機能利用と20時間の楽曲聴き放題

・プレミアムプラン(1,000円):時間も無制限

■楽曲数:150万曲以上(年内に500万曲以上を予定)

■キャッチコピー:「音楽をLINEしよう」

■オフラインでの使用:キャッシュ機能で利用できる

■プレイリスト:作成・利用が可能。また、テーマ・ジャンルなどのカテゴリーごとに曲を探すことができる。

■Station機能:なし

■歌詞表示:あり

■他サービスとの比較:

LINE MUSICは、特定のアーティストやジャンルから曲を探して再生する。アプリのトップには新曲がならんでいるので、手軽に最新の楽曲をチェックすることができる。また、音楽を友だちと共有できる点が他のサービスと大きく異なる部分。プラットフォームとしてのLINEの利点を生かしており、視聴中に、シェアボタンを押すことで、トークに共有したり、LINEのタイムライン上に送信したりすることができる。

▼参照記事

「LINE MUSIC」オープン記念無料トライアルキャンペーン!今なら誰でも無料で聴き放題!

邦楽の曲数で差別化を図る「レコチョクBest」

5

引用:recochoku.jp

■運営会社:株式会社レコチョク

■月額:初回ログイン時より3日間無料で使用できる。利用料金は月額で税込980円、月額料金も324円で1アーティストのみ聴き放題という「アーティストプラン」もある

■楽曲数:60年代以降のJ-POPを150万曲以上収録

■キャッチコピー:「思い出が再生する。」「音楽は、記憶だ。」

■オフラインでの使用:2,000曲までキャッシュでき、オフラインでも使用可能となっている

■プレイリスト:あり

■Station機能:なし

■歌詞表示:あり

■他サービスとの比較:

邦楽に強く、邦楽を聞きたいならレコチョクBestがおすすめとなるだろう。インターフェースが扱いやすく、アーティスト情報やタイアップ情報を簡単に表示できる。アーティスト一覧やアーティストBestといった、1000を超える邦楽のプレイリストが魅力的だ。

▼参照記事

音楽聞き放題ストリーミングサービス レコチョク Best

24時間視聴可能なラジオや、アーティストとの交流で差別化を図る「Apple Music」

6

引用:creive.me

■運営会社:Apple

■月額:3カ月間フル機能を利用できる無料トライアルを実施する。

・月額利用料金は980円、ファミリープランは月額1480円

■楽曲数:6月のApple Musicサービス発表時は「3,000万曲以上」と案内していたが、日本では7/1現在、数百万曲とされている。

■キャッチコピー:「音楽の楽しみ方のすべてを一つに。」

■オフラインでの使用:可能

■プレイリスト:Appleのキュレーションによるプレイリスト「For You」を用意。好みのジャンル、アーティストを選択してプレイリスト再生できるだけでなく、再生した楽曲を学習し、ユーザーがプレイリストを聴きこむほど、よりパーソナライズされた選曲を行なってくれる。

■Station機能:なし

■歌詞表示:なし

■他サービスとの比較:

ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンのスタジオから世界100か国以上に向けて、毎日24時間オンエアされる「Beat 1」というラジオが利用できる。また、アーティストと交流できる「Connect」や、さらに専門家による楽曲リコメンド機能が他のサービスにはない魅力だと言える。

▼参照記事

apple.com

熾烈な業界争いが予想される中、どこのサービスを選ぶべきか?

いかがだっただろうか。音楽配信サービスは多様に存在しているが、これまで紹介してきたように、それぞれのサービスは独自の特徴を持ち、他のサービスとの差別化を図っている。

一概にどのサービスが最も優れているとは言うことは難しいだろう。自分の聞きたい音楽の種類や、インターフェースなどのデザイン性、月額料金などを吟味して、自分に最適なサービスを選択する必要がある。

筆者個人としては、AWAを利用することが多い。Apple MusicやLINE Musicに比べて、邦楽の楽曲数が多く、洋楽についても幅広く聴くことができるからだ。ジャンルや気分によってプレイリストを選ぶことができ、アーティストやディレクターが作ったプレイリストを聴くことができるのも大きな魅力だろう。

▼関連記事

LINEが50億円の投資ファンドを設立、O2O、EC、決済、メディア、エンタメ領域での連携を視野に

今さら聞けない!O2Oプラットフォーム「LINE@」導入のメリットとは?

集中力が15%UP! ニューロサイエンスに基づいて開発されたO2O音楽アプリ「Focus@Will」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら