新型iPadに指紋認証機能が追加!モバイル決済を支える最新の生体認証技術とは

WRITER : 今井 淳南

  最新テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Appleが電子決済サービス「Apple Pay」を発表するなど、決済にモバイル端末を利用する「モバイル決済」に注目が集まっている。モバイル決済を取り扱うシステムでは、盗難やアカウントの乗っ取りに対処するために、個人認証による本人確認が重要となる。従来のパスワードによる個人認証では、他人にパスワードを盗み見られたり、本人がパスワードを忘れてしまうことがある。そこで登場するのが、生体認証だ。生体認証とはバイオメトリクス認証とも呼ばれ、人間の身体的特徴や行動的特徴の情報を用いて行う個人認証技術である。指紋などの本人しか持ち得ない情報を利用するので、他人がなりすますことは難しく、安全性が高い。そこで今回は、生体認証技術の中から、モバイル決済に適する利便性の高いものを紹介する。

【指紋認証】ふれるだけで素早く簡単に 認証方式の大本命

指紋は人ごとに全て異なり、個人認証に利用しやすい生体情報だ。指でなぞる、指で触れるというシンプルな動作で、素早く簡単に認証を行うことができる。また、指紋読み取り用ハードウェアは非常に小型で、スマートフォンなどのモバイル機器との相性が良い。AppleのiPhoneや新型iPadには指紋認証システム「Touch ID」が搭載されており、「Apple Pay」の安全性を向上させる重要な要素となる。また、LINEは自社の決済サービス「LINE Pay」のセキュリティ対策に「Touch ID」を利用するとしており、アカウント乗っ取り事件で露見したパスワード方式の弱点を克服しようとしている。

o2o_141017_01

引用:Apple – iPhone 6

【脈拍認証】リストバンド型でいつでもどこでも認証可能

心拍のリズムは、指紋と同様に人によって全く異なり、生体認証に利用することができる。脈拍を計測するには、デバイスを身体の特定部位に装着する必要があり、脈拍認証はリストバンド型ウェアラブルデバイスと相性が良い。カナダのBionym Inc.が販売するリストバンド型デバイス「Nymi」は心電信号から心拍リズムを検知して、個人認証を行う機能を持ち、車のカギを開けたり、PCに自動でパスワードを入力したりする事ができる。また、Appleの腕時計型デバイス「Apple Watch」には脈拍を計測する機能があり、脈拍による個人認証機能が提供されるのでは、と予想されている。

o2o_141017_02

引用:Nymi by Bionym – YouTube
▼関連記事
次世代ウェアラブルデバイス?!心拍認証リストバンド Nymi|O2O・オムニチャネルマーケティング事例サイト | O2O イノベーションラボ

【顔画像認証】財布やスマートフォンすら不要にする画像解析技術

人の顔もまた千差万別であり、顔画像を解析することによって個人認証が可能となる。顔を見せるだけで認証が完了するので、財布はおろかスマートフォンすら持たずに、手ぶらでの買い物すら可能となる。フィンランドのスタートアップ企業Uniqulは独自の画像解析技術を用いて、顔画像から個人を識別し、支払いを行うことができるサービスを提供している。また、アメリカの大手決済サービス企業PayPalは、店員に顔と名前を確認してもらうだけで「顔パス払い」を可能にする「チェックイン決済」を提供している。

o2o_141017_03

引用:Uniqul
▼関連記事
2秒で決済完了!フィンランド発スタートアップUniqulが提供する顔決済サービス。 | O2O イノベーションラボ
Paypalアプリの「チェックイン」機能によって「全世界顔パス時代」はもうすぐそこまで来ている | O2O イノベーションラボ

まとめ

今回は、モバイル決済サービスを支える生体認証技術について紹介した。

今後、モバイル決済における生体認証技術として本命となるのは「指紋認証」だと考えられる。既にiPhoneをはじめとした指紋認証対応端末が市場に出回っており、多くのユーザが利用している強みがある。また、リストバンド型デバイスを用いた「脈拍認証」は常に装着している利点を活かして、鍵の開閉や、シームレスな個人認証など、決済サービス以外への応用も期待される。「顔画像認証」は、ユーザ側がデバイスを持たなくてよい点が大きな魅力であり、顔画像認識による店舗サービスやデジタルサイネージなどとの相性が良い

調査会社Gartnerの予測では、モバイル決済市場の市場規模は、2017年度までに7210億ドル規模(2013年度の約3倍)まで成長するとされており、既にPayPalやAmzaon、Squareなど多くの企業が新たなサービスの提供を開始している。モバイル決済はショッピングをより自由にし、O2Oサービスやオムニチャネル戦略の大きな武器となる可能性を持つ。そして、多くの消費者に安心してサービスを利用してもらうには、生体認証技術の活用により、安全性を高めていく必要がある。「Apple Pay」の登場により大きな転換点を迎えたモバイル決済市場に、今後も注目していきたい。

▼参照
Gartner Says Worldwide Mobile Payment Transaction Value to Surpass $235 Billion in 2013

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら