本質的な考え方を求めるマーケティング担当者が必ず見るべきTEDトーク6選

WRITER : 朴 泳虎

  最新テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マーケティング担当者だけに限らず、ビジネスをする人間にとって最新の情報に触れる事は生命線だ。変化の激しい現代では、少し停滞しただけで、簡単に世間から置いて行かれてしまう。それはニュースなどから得られる流動的な情報だけでなく、本質的な「考え方」にも当てはまる。新しい考え方を常に学び、アップデートする事が、O2Oやオムニチャネルといった明確な答えのない領域で正しい意思決定をするのに役立つだろう。

今回は、当編集部が選んだ秀逸なプレゼンテーションを以下のテーマに沿ってお届けしたい。

・テクノロジーが経済構造をどの様に変化させているか
・消費者はどの様に選択するのか
・これからのデザインとはどうあるべきか

フィリップ・エバンス: データはビジネスをどう変容させるか

フィリップ・エバンスは、ボストンコンサルティンググループでシニアパートナーを務め、同社のメディア・セクターを立ち上げた人物だ。金融機関、消費財、メディア、ハイテク企業を中心に担当しており、特にITとビジネス戦略の関係について深い造詣を持つ。

“将来のビジネスはどう変容しているでしょう?フィリップ・エバンスはこの教育的なトークで、ビジネス戦略において長い間評価の高かった2つの理論について初歩的な手ほどきを行い - そしてこれらの理論が実際上 破たんしている理由を説き明かします。”

https://www.ted.com/talks/philip_evans_how_data_will_transform_business?language=ja#t-182169

ジョセフ・パイン: 消費者の望むこと

ジョセフ・パインはFortune500に載る大企業のコンサルティングを行っていると同時に、経済界で一大ブームを巻き起こした「The Experience Economy」の著者でもある。彼の著書はAmazonが選んだビジネス書Top10にもランクインしている。

“消費者は「本物」を求めている、が「マスカスタマイゼーション」の著者ジョセフ・パインは「本物」を売るのは非常に難しい、なぜならそんなものは存在しないからだ、と言います。かれは「作り物」だがそれでも莫大な収益を上げる体験について語ります。”

http://www.ted.com/talks/joseph_pine_on_what_consumers_want?language=ja

ジェニファーゴルベック: ソーシャルメディアでの「いいね!」があなたの秘密を明かす?

ジェニファーゴルベックはUniversity of Marylandで人間とソーシャルメディアの関係を研究する研究者である。彼女はSNSという比較的新しいコミュニケーション空間の研究における第一人者であり、SNS上の情報から個人間の関係性や趣味嗜好、信頼度などを推定する方法を確立した事でも知られる。

“カーリーフライは好きですか? フェイスブックて「いいね!」しましたか? フェイスブック(やそのほかのソーシャルネット)が、一見ランダムな「いいね!」や投稿からあなたについてどれほどのことを推測できるか、この講演を見て知っておいてください。コンピュータ科学者のジェニファー・ゴルベックが、どうやってそんなことが可能なのか、この技術の応用が必ずしも好ましいとは限らないこと、そして自分の情報をコントロールする力を本来の持ち主の手に戻すべきである理由を語ります。”

https://www.ted.com/talks/jennifer_golbeck_the_curly_fry_conundrum_why_social_media_likes_say_more_than_you_might_think?language=ja

シーナ・アイエンガー:選択をしやすくするには

シーナ・アイエンガーはコロンビア大学で教鞭をとる研究者であり、彼女の研究テーマは「選択の科学」であり、講義は日本でも放送されるほど大人気となっている。

“カスタマイズされた体験や製品は誰もが望むものですが、膨大な数の選択肢を目にすると消費者はどうしていいのか分からなくなります。興味深い新しい研究調査をもとに、シーナ・アイエンガーが企業(またその他の団体・人々)がいかに選択体験を改善できるか説明します。”

http://www.ted.com/talks/sheena_iyengar_choosing_what_to_choose?language=ja

クリス・ダウニー: 目の不自由な人を思ってデザインすると

クリス・ダウニーは2008年に視力を失った盲目の建築家である。UC Berkleyでユニバーサルデザインについての講義も設けており、普段は公共機関やデパート等のデザイン設計のコンサルティングを行っている。

“目の不自由な人たちのために都市をデザインすると、どんな街になるだろう?クリス・ダウニーは2008年に突然失明してしまった建築家。彼が愛するサンフランシスコの街を、盲目になる前となった後で比較し、盲目の彼の生活を豊かにする思いやりあるデザインが、実際には、盲目であるなしにかかわらず、全ての人たちの生活をどのように良くするものであるかを語ります。”

https://www.ted.com/talks/chris_downey_design_with_the_blind_in_mind?language=ja

マルコム・グラッドウェル: パスタソースと幸せについて

マルコム・グラッドウェルはジャーナリストであり、消費者心理についての特に関心を持つノンフィクション作家である。彼は今までに5冊の本を出版しており、その全てがNewyork Times Best Seller Listに入っている。

”ティッピング・ポイント(邦題:「急に売れ始めるにはワケがある」)の著者マルコム・グラッドウェルが食品業界における“完璧な”パスタソースの追求の真相について、そして選択と幸せ感の本質について語ります。”

http://www.ted.com/talks/malcolm_gladwell_on_spaghetti_sauce?language=ja

あなたはこの動画を見て何を感じだろうか?ぜひ立ち止まって考えてみて頂きたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら