全国民の夢をのせて!W杯で盛り上がるスポーツファンディングとは?

WRITER : 山口 莉奈

  最新テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4年に1度の大祭典、2014FIFAワールドカップブラジル大会もいよいよ終盤を迎えています。
オリンピックと並んで世界が注目するこの大会、日本は残念ながら敗戦しましたが、今回はそんな全国民を巻き込むスポーツにまつわる今熱いオムニチャネル事例をお伝えしたいと思います。

アスリートは、お金がかかる

2011年、なでしこ女子がW杯で優勝したときに競技環境苦労話が多くのメディアに取り上げられたのを覚えているでしょうか。ほとんどの選手がアルバイト収入に頼っており、最も優遇されているとされるチームでさえも月収10万円程度であったことが記事になり、当時話題になりました。また、オリンピック選手で言えば、スキーの海外遠征が自費であったり、協会から支援が出ないなど、資金調達はマイナー競技のプロ選手たちにとって大きな壁となっているのです。テレビの中では華々しく見える選手たちですが、そこに辿り着くまでには様々な努力があります。それでも選手たちは一生懸命に頑張っている。そんな選手たちを資金面から支えてあげたい、という想いから、このスポーツファウンディングは生まれました。

未来の卵を育てるスポーツファンディング

O2Oイノベーションラボをご覧の方はクラウドファンディングという言葉を聞く事に慣れてきた方も多いかと思いますが、今回紹介するのはクラウドファンディングとはちょっと違った要素を持つスポーツファンディングです。スポーツファンディングとは、アスリートの競技資金を統括的かつ継続的に調達することを目指したサポートシステムで、従来のクラウドファンディングと大きく違う点は以下の2つ。
■ 長期的かつ持続的に支援が可能であること
→ 一時的なプロジェクトで終わらず、競技生活に寄り添った支援が可能であること
■ 資金調達目標がないこと
→ 額に関わらず、入金があり次第資金提供が成立し、競技支援金として選手のもとに支援金が早く届くようになっている
簡単に言うと、AKB48のようなアイドル育成と似ています。自分が応援したいと思った選手に資金を送り、選手自身がそのリターンを協賛者に直接送ります。それは近況報告であったり、サインであったりするわけですが、これにより選手をより身近に感じられるのは非常に大きなメリットです。将来の浅田真央ちゃんを自身で発掘するようなものですね!協賛金は500円など少額から可能で、協賛者自身が決めて送ることができます。逆に大口の法人としてのスポンサー協賛も可能です。

スポーツファンディングの先駆け、アスリートエール

今回はスポーツファウンディングを最初に手がけたファウンディングサイト、アスリートエール(http://www.athleteyell.jp/)をご紹介したいと思います。
アスリートエールは「オンライン後援会」としてファンの力でアスリートを応援するサイトであり、資金調達と選手のPR、両面からのサポートを目的としています。一般財団法人アスリートエールが運営しており、現在では約800名のアスリートと2万人を超えるファン(協賛者)のプラットフォームとなっています。このサイトを見て思うのはアスリートの近況が等身大に配信されていることに対する親近感と、競技に向かう選手の姿勢がそのまま伝わってくることです。

20130712_6N5NEeAc
またジムカーナやカイトボードなど見たことも聞いたこともないスポーツもありました。資金調達との両軸であるPRの面で「競技を知ってもらう」ことの役割も果たしていそうです。ちなみに人気トップアスリート1位はスキーのフリースタイル・モーグルの小岩空・海選手の2人で、双子みたいですね!とってもイケメンかつ全日本大会でトップ10に入る実力の持ち主なので、気になる方はぜひ見てみて下さい。

ファンディングをもっと身近に

クラウドファンディングは、聞いたことはあるけどやったことない、という人も多いのではないでしょうか?ファンとして近況を受け取るだけのサービス自体は無料から始めることが出来ます。また、特定の金額も決まっていないので、柔軟な支援が可能となります。クラウドファンディングと少し違った、新感覚のスポーツファンディングに興味を持っていただけたでしょうか?
資金がなくて競技生活を続けられなくなってしまう人も少なくありません。そんな選手たちが、将来テレビの向こうで私達の希望を託す代表選手になってるかもしれません。W杯に伴って再びスポーツ熱が加速する今、未来の日本を代表する選手を見つけるためにまずはサイトを覗いてみてください。

アスリートエール→(http://www.athleteyell.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら