AppleのVR(仮想現実)初の取り組みとは?今後の彼らの動向に迫る

WRITER : 岩田さゆり

  最新テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

6218815885_8b3347884d_b

引用:Flickr

最近、リアルでは見れないような世界をある技術を用いることで実際に見ることができるようになっている。

この技術は、「VR(Virtual Reality)」と呼ばれている。VRとは、現実感を伴う仮想的な世界を提供する技術のことだ。

国内でも多くの企業がVRを利用して消費者の注目を集めている。

例えば、消費者が移動せずに本当に旅行しているかのような体験ができる楽天トラベルのVRによる広告や、レンタル会社TSUTAYAのVRで360度ホラー体験ができる販促キャンペーンなどが挙げられる。

そんな中、AppleもVRに注目し、先日初の取り組みを行った。さらに今年の6月にはVRプラットフォームの構築を目指しているスタートアップのMetaioを買収し、今年9月にはヘッドマウント型ディスプレイの特許も得ている。

今回の記事ではAppleの今後の動向をVRによる取り組みに着目して紹介していきたい。

 

Appleによる、初めてのVRによる取り組み

21847929194_955c4180fe_n

引用:Flickr

先日Appleは、アイルランド発の音楽バンドU2とコラボし、VRによる初の取り組みを行った。

VRを用いてU2のミュージックビデオを公開したという内容であり、U2がステージで演奏している映像を中心に、世界中のミュージシャンが自宅から楽器を演奏している映像を360度で映し出した。

映像の制作にはVRによる360度の映像を制作できるVrseアプリを利用した。Vrse.worksは、VRによる映像を制作している企業で、制作物はリアルでは体験できない独特な世界観を映し出す。

ミュージックビデオはAppleとU2が共同制作した「The experience bus(体験バス)」の中で公開された。バスの中でOculusのヘッドセットで映像を観て、Beatssolosのヘッドフォンで音声・音楽を聞くことで、まるで実際にU2のライブ会場にいるかのような臨場感を体験できるのだ。

▼参照

U2

Vrse

Beats

 

他の企業にはないVRを実現するためのAppleの強み

6217928704_447f60d665_b

引用:Flickr

VR分野におけるAppleの強みは「エコシステム」である。

エコシステムとは、ビジネスで特定の業界構造の収益全体を表す言葉である。一社の収益だけではなく、業界内で複数の企業が分業することで収益構造を高めることを指す。

例えば、ある企業が商品開発や事業戦略の際に他の企業とパートナーシップを組み、互いの技術や資本を活用して業界の枠を越えた商品や戦略を生み出すことをいう。

AppleはパソコンのOSとハードウェアのメーカーから始まり、音楽プレーヤーのiPodやコンテンツ配信サービスのiTunes、そしてスマートフォンのiPhoneを開発した。産業の枠のとらわれずに製品を開発してきた背景には、他の企業との関係性があったのだ。

そのため、アメリカのビジネス・技術情報誌Business Insiderは、Appleはアプリ開発者との深い関係性やApple Storeを活用してVR対応アプリを多く開発することができるのではないか、と期待を寄せている。

 

Appleが目指すVRによる未来

5373277081_d1decf081b_b

引用:Flickr

Appleの今後の新しいプロジェクトには彼らの強みであるエコシステムを活用することが重要になっていくだろう。

彼らが今後どのようなプロジェクトを進めていくのか、詳細はまだ明らかにはなっていないが、昨年11月の求人情報に3Dグラフィクス、AR(拡張現実)、VRのエンジニアの募集がかけられていたことから、VRのアプリを開発しているということが判明した。

アプリ開発にも多くの企業を巻き込んだエコシステムを活用することで、これまでにないVRのサービスを実現できるだろう。

2007年にAppleがiPhoneを開発してから、スマートフォンは全世界に注目されるプラットフォームとなった。果たして次に注目されるプラットフォームはVRとなり得るだろうか。今後、Appleの革新的な仮想現実の取り組みが増えていくことに期待が膨らむ。

▼参照

ZDNet Japan

i.OS9

▼関連記事
マイクロソフトのVR技術が集結!ウェアラブルPC「マイクロソフト・ホロレンズ」
2,000億円以上の価値を持つVRデバイスを欲したFacebookの野望とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら