迫る新型iPhoneの発売に向けてiPhoneの歴史を振り返る

WRITER : 朴 泳虎

  最新テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新型iPhoneの発表があると噂される発表会まで、もう間もなくだ。2015年に出荷されたスマートフォンの約14%はiPhoneであり、新型iPhoneの発売日に熱狂的なファンが殺到して、行列ができるのはもはや恒例行事となっている。

今回は、スマートフォンを爆発的に普及させた立役者であるiPhoneの歴史を振り返ると共に、発売が予定されている新型機種の紹介、さらに今後の展望についてご紹介したい。

 

無印から新型までを一気に振り返り

初代iPhone:天才ジョブズが満を持して世に出した革命作

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/embed/90gRArwFxCk” width=”500″][/su_youtube]

本日、革命的な新製品を3つ発表します。

1つめ。ワイド画面、タッチ操作のiPod。2つめ。革命的携帯電話。3つめ。画期的ネット通信機器。

3つです。タッチ操作iPod、革命的携帯電話、画期的ネット通信機器。

この言葉から始まるiPhoneの紹介プレゼンテーションは人々の心を掴んで離さず、今でも伝説の名プレゼンテーションと言われている。iPhoneの出発点であり、後のスマートフォン革命の原点となった製品である。当時は日本のフィーチャーフォンに劣るスペックで、「需要がない」と否定的な意見が多数を占めていた。

初代iPhoneの主なスペック

iOS:iPhone OS 1.0 〜 iPhoneOS 3.1.3

CPU:ARM 1176JZ(F)-S 412MHz

L2キャッシュ:なし

メモリ:LPDDR SDRAM 128MB

ストレージ:4GB, 8GB, 16GB

ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、163ppi

センサー:現在位置取得、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

カメラ(背面):200万画素。動画撮影機能:なし

カメラ(正面):なし

バッテリー:1,400mAh

SIM:mini SIM

色:シルバー

iPhone3G,3GS:日本に上陸した初のiPhone

NTTドコモ、auに大きく遅れをとっていたソフトバンクの孫正義氏が、社運をかけて2008年7月に発売したのがiPhone3Gである。バッテリー寿命や処理性能の大幅な向上に加え、3G通信に対応したことで通信速度が大きく改善した。また、iPhone3GからGPSチップが搭載され、今ではお馴染みとなったGoogle Mapのような位置情報を利用したアプリが登場し始めた。

iPhpne3Gの主なスペック

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/embed/Zk97Tu3PY6I” width=”500″][/su_youtube]

iOS:iPhone OS 2.0 〜 iOS 4.2.1

CPU:ARM 1176JZ(F)-S 412MHz。L2キャッシュなし

メモリ:LPDDR SDRAM 128MB

ストレージ:8GB, 16GB

ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、163ppi

センサー:GPS、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

カメラ(背面):200万画素。動画撮影機能無し。

カメラ(正面):なし

バッテリー:1,150mAh

SIM:mini SIM

色:ホワイト、ブラック

iPhpne3GSの主なスペック

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/embed/5cvTRjPnV8c” width=”500″][/su_youtube]

iOS:iPhone OS 3.0 〜 iOS 6.1.6

CPU:Samsung S5PC100 600MHz。L2キャッシュ:256KB

メモリ:LPDDR SDRAM 256MB

ストレージ:8GB, 16GB, 32GB

ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、163ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

カメラ(背面):300万画素。動画撮影:VGA-30fps

カメラ(正面):なし

バッテリー:1,219mAh

SIM: mini SIM

色:ホワイト、ブラック

iPhone4:現在のiPhoneのデザインの原型を決めた分岐路

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/embed/3G9Sotw4aAI” width=”500″]「Beijing」[/su_youtube]

iPhone4ではその後に大きく影響を与える二つの変更がなされた。一つは形状。それまで背面が丸みを帯びたポリカーボネイト製だったものが、より長方形に近くなり、強化ガラスが採用された。

このデザイン変更は、現在でもiPhoneの高級感や操作性を表現する上で、非常に重要な要素となっている。もう一つはOSの名称だ。iPhone4以前はiPhone OS XXと名付けられていたものが、iPadやiPod Touchでも共通して使えるということで、iOSという名称に変更された。この頃から既に(あるいは遥か以前に)ジョブズの目にはデバイスに依存せず、自由にデータにアクセスするクラウド的なビジョンが見えていたのだろう。

iPhpne4の主なスペック

iOS:iOS 4 〜 iOS 7.1.2

CPU:Apple A4 800MHz

L2キャッシュ:640KB

メモリ:LPDDR SDRAM 512MB

ストレージ:8GB, 16GB, 32GB

ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、326ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ

カメラ(背面):500万画素。動画撮影:HD720p-30fps

カメラ(正面):30万画素。動画撮影:VGA-30fps

バッテリー:1,420mAh

SIM:micro SIM

色:ホワイト、ブラック

iPhone4S:Appleの父、スティーブ・ジョブズの遺作

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/embed/hSJqPul24DI” width=”500″][/su_youtube]

「スティーブは毎日が最後の日であるかのように生き、私たちの生活を変え、全産業を再定義し、私たち一人一人が世界を見る方法を変えました。世界はビジョナリーを失いました。そして、多くの人が彼の死を、彼が発明したデバイスで知ることになったということは、彼の成功への最も大きな賛辞であるかもしれません。」

これはスティーブ・ジョブズ死去の際に、米国大統領オバマ氏が送った追悼の言葉である。iPhone4sは生前のジョブズが製作に携わった遺作であり、4sを上回るスペックの機種が発売された今でもなお、最高傑作として名高い作品である。

CPUにApple5チップを搭載したことでiPhone4の約7倍のグラフィック性能を有し、音声ナビゲーション機能Siriが搭載されたのも4sからである。

iPhpne4Sの主なスペック

iOS:iOS 5 〜 未定

CPU:Apple A5 800MHz

L2キャッシュ:1MB

メモリ:LPDDR2 SDRAM 512MB

ストレージ:8GB, 16GB, 32GB, 64GB

ディスプレイ:3.5インチ(画面縦横比3:2)、326ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ

カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps

カメラ(正面):30万画素。動画撮影:VGA-30fps

バッテリー:1,420mAh

SIM:micro SIM

色:ホワイト、ブラック

iPhone5:次世代通信規格LTEに対応したiPhone

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/embed/82dwZYw2M00″ width=”500″][/su_youtube]

iPhone5の大きな変更点は二つだ。一つは高速次世代通信規格であるLTEに対応したこと。もう一つは従来のDockコネクタからLightningコネクタに変更されたことである。

この二つの変更により、あくまでPCのサブ機であったスマートフォンでも、動画・音楽ストリーミングや数メガバイトのデータ送受信が容易になり、スマートデバイスの可能性を大きく押し広げた。

iPhpne5の主なスペック

iOS:iOS 6 〜 未定

CPU:Apple A6 1.3GHz

L2キャッシュ:1MB

メモリ:LPDDR2 SDRAM 1GB

ストレージ:16GB, 32GB, 64GB

ディスプレイ:4インチ(画面縦横比16:9)、326ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ

カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps

カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps

バッテリー:1,440mAh

SIM:nano SIM

色:ホワイト、ブラック

iPhone5c & S:iPhone史上初の2機種同時発売

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/embed/B0hOck76NPE” width=”500″][/su_youtube]

Apple史上初めて2機種のiPhoneが同時に発売されたのがiPhone 5s,5cからである。iPhone5sはCPU性能が大きく向上したのに加え、指紋認証センサーが搭載され、後のApple Payといった決済サービスの布石となった。

iPhone 5cは、Appleから初めて発売されたiPhoneの廉価版であり、中国等の低価格機種が席巻している市場にiPhoneが食い込む上で大きな武器となった。

iPhpne5cの主なスペック

iOS:iOS 7 〜 未定

CPU:Apple A6 1.25GHz

L2キャッシュ:1MB

メモリ:LPDDR2 SDRAM 1GB

ストレージ:8GB, 16GB, 32GB

ディスプレイ:4インチ(画面縦横比16:9)、326ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ

カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps

カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。

バッテリー:1,510mAh

SIM:nano SIM

色:ブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイト

iPhpne5sの主なスペック

iOS:iOS 7 〜 未定

CPU:Apple A7 1.3GHz

L2キャッシュ:1MB。64bit

メモリ:LPDDR3 SDRAM 1GB

ストレージ:16GB, 32GB, 64GB

ディスプレイ:4インチ(画面縦横比16:9)、326ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)

カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps。スローモーション:HD720p-120fps

カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。

バッテリー:1,560mAh

SIM:nano SIM

色:スペースグレイ、シルバー、ゴールド

iPhone6 & 6Plus:大画面化に踏み切った転換期

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/embed/0T2HCbv9FBQ” width=”500″][/su_youtube]

Android機種が大画面化して行く中で、待望されていた大画面iPhoneとして登場したのがiPhone6である。画面サイズが4インチからiPhone6は4.7インチ、iPhone6Plusは5.5インチとなり、おサイフケータイでお馴染みのNFCが搭載されたのもiPhone6からである。

iPhpne6の主なスペック

iOS:iOS 8 〜

CPU:Apple A8 1.4GHz

L2キャッシュ:1MB。64bit

メモリ:LPDDR3 SDRAM 1GB

ストレージ:16GB, 64GB, 128GB

ディスプレイ:4.7インチ(画面縦横比16:9)、326ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)、気圧計、NFC

カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps/60fps。スローモーション:HD720p-120fps/240fps

カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。

バッテリー:非公開

SIM:nano SIM

色:スペースグレイ、シルバー、ゴールド

iPhpne6Plusの主なスペック

iOS:iOS 8 〜

CPU:Apple A8 1.4GHz

L2キャッシュ:1MB。64bit

メモリ:LPDDR3 SDRAM 1GB

ストレージ:16GB, 64GB, 128GB

ディスプレイ:5.5インチ(画面縦横比16:9)、401ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)、気圧計、NFC

カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps/60fps。スローモーション:HD720p-120fps/240fps。光学手ぶれ補正

カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。

バッテリー:非公開

SIM:nano SIM

色:スペースグレイ、シルバー、ゴールド

新型iPhoneについて予想

iPhone7

引用:Telegraph

新型iPhoneの予想スペック

iOS:iOS 8 〜

CPU:Apple A9 1.85GHz

メモリ:LPDDR3 SDRAM 2GB

ストレージ:32GB, 64GB, 128GB

ディスプレイ:4.7インチ(1920×1080)

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)、気圧計、NFC、ForceTouch

カメラ(背面):1,200万画素。動画撮影:4K解像度

カメラ(正面):500万画素

バッテリー:非公開

SIM:nano SIM

色:スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド

上記以外にも、感圧操作ディスプレイ「Force Touch」と「3Dジェスチャー操作」機能が導入されるとの噂があり、操作性の更なる向上が見込まれる。また、iPhone6よりも強度が高くなり折れにくい仕様になると予想されている。

 

スマートデバイスのイノベーションは続く

 

振り返ってみると、iPhoneが登場してからまだ8年しか経過していない。しかし、毎年約2.4億台のiPhoneが出荷されており、スマートフォン市場全体の14%近くのシェアを獲得している。更に、今後、スマートフォンはIoTのハブとして機能すると言われており、その重要性は衰えるどころか益々増してくことが予想される。

具体的にはスマート家電を操作したり、身につけたウェアラブルデバイスから取得したユーザーの身体情報を確認する、といった形で活用されることが見込まれる。ジョブズが起こしたイノベーションは、今後も私達の生活に影響を与え続けるのだ。

▼参照

MacWorld UK

Forbes

▼関連記事

【速報記事まとめ】iPhone6 発表会での3つのサプライズとは?【iPhone6 / iOS8】

【速報】ついにAppleの腕時計型デバイス「Apple Watch」が発表される!【iPhone6 / iOS8】

【速報】Apple が新型電子決済システム「Apple Pay」を発表!電子決済市場に与える影響とは【iPhone6 / iOS8】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら