脊髄損傷治療に救世主が登場!スイスの研究グループが電子脊髄「eDura」を開発

WRITER : 野田 勝

  ウェアラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

科学技術の発展により、医療分野にイノベーションが起きようとしている。2015年1月8日に、スイスのローザンヌ連邦工科大学の研究グループが電子脊髄「eDura」を開発したと発表した。脊髄は脊椎の中を通って脳につづき、延髄とともに中枢神経系を構成する器官である。交通事故などにより、脊髄に損傷を負ってしまうと身体が麻痺してしまい、従来の医療技術では回復は不可能とされていた。今後は「eDura」を移植することで、損傷を負った脊髄を治療することが可能となり、麻痺治療に応用することが期待されている。

▼参照
A tiny, flexible gold-plated device may be the key to restoring paralyzed humans’ spinal functions

▼関連記事
ウェアラブルの常識を変える!肌に溶け込む「電子皮膚

半永久的に体内埋め込みが可能な電子脊髄「eDura」

電子脊髄

引用:A tiny, flexible gold-plated device may be the key to restoring paralyzed humans’ spinal functions

実はこれまでも、人工脊髄の制作に取り組む動きはあった。しかし、従来の人工脊髄は、機器自体が柔軟性や伸縮性に欠けていたことが原因で身体が拒絶反応を示し、上手くいっていなかった。

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/watch?v=dfDatjPZjJU” width=”500″]https://www.youtube.com/watch?v=ostZlQx_30c#t=134[/su_youtube]

開発グループの科学者であるStéphanieLacour氏は動画の中で、「神経移植は、損傷を受けた神経系を安定化させるための治療として行われている。現在複数の技術が存在するものの、どれも最終的には、移植側が炎症や拒絶反応を示してしまう。」と語っている。

今回研究グループが開発した「eDura」は、生体適合性のあるシリコンを使用しているため柔軟性に優れ、曲げることも可能なため、炎症や拒絶反応を起こすことなく永久的に体内に埋め込むことが可能だ。

患者の意思をモニタリングし、適切な筋肉を刺激

file0001235592458

「eDura」は、麻痺してしまった身体に刺激を伝達したり、患者の歩こうとする“意思”をモニタリングして反応し、意図する筋肉を刺激して動かしたりすることができる。さらに「eDura」には、神経伝達物質を運ぶためのマイクロ流体チャネルも備わっており、損傷を受けていない神経や筋細胞からの自然な刺激を伝達することもできる。

現在「eDura」は動物を使った実験で成功を収めている。実験で身体に麻痺を負ったモルモットに「eDura」を移植したところ、モルモットは数週間で身体を動かせるようになったという。今後は人体を使った臨床試験に取り組んでいく予定だ。

医療業界の技術革新が世界を変える

バイオ

引用:Hardware and Software Combining to Replicate the Human Brain (VIDEO)

日本せきずい基金ニュースによると、日本で脊髄損傷に苦しむ人は毎年約5000人で、総計で10万人から20万人の患者がいるとされている。

今回研究グループが開発した「eDura」は、世界中で脊髄損傷に苦しむ人たちの救世主となる。科学技術の発展により、従来治療が不可能だと言われていた病気や怪我も、治療できる世の中になってきている。今後も医療業界の技術革新に注目していきたい。

▼関連記事

ウェアラブルの常識を変える!肌に溶け込む「電子皮膚」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら