マイクロソフト社、先手を取る戦略でスマートウォッチを発売か

WRITER : Editorial department

  ウェアラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マイクロソフト社はスマートウォッチの発売を今後数週間以内に予定していると米経済誌のForbesが報じている。iOS/Androidともに対応する見込み。

Appleも参入するスマートウォッチ市場

AppleがApple Watchを発表したのも記憶に新しい。こちらは2015年初頭に発売される予定だが、今回話題となっているマイクロソフト社のスマートウォッチは今度数週間で発売され、今年の年末商戦には間に合うとのことだ。
発売時期を早めることで、Apple Watchなどに対して先手を取るという営業戦略を採ったのではないだろうか。

apple-watch-6_1

引用:Apple

▼関連記事
【速報】ついにAppleの腕時計型デバイス「Apple Watch」が発表される!

バッテリー駆動にアドバンテージ

Forbesによれば、マイクロソフト社のスマートウォッチは、心拍数の測定をしたり、他の端末と同期してさまざまな運動データを収集したりといったことができるとのこと。

バッテリーは最低2日持つとも言われている。Apple Watchのバッテリー駆動時間は、AppleのCEOであるティム・クック氏が「使い方によって大きく変わるが、携帯電話のように毎晩充電するもの」と表現していることから1日程度と考えることができる。

他のスマートウォッチでも、たとえば当編集部で以前紹介した「Pebble」では最大で1日半程度のバッテリーの持ちであることから、今回マイクロソフト社が発表するスマートウォッチは、バッテリー駆動の面でまずアドバンテージがあると言えよう。

2264764769_b350faf5c1_z引用:Microsoft sign outside building 99 | Flickr

また、iOS / Androidともに対応しており、Windows Phone以外の端末ともペアリングできる。これは、Windows Phoneがスマートフォン市場の3%ほどしかシェアを獲得できていないこと、さらにマイクロソフト社がiPad向けのOfficeサービスの提供をスタートさせている、という最近の同社のクロスプラットフォーム戦略から考えれば、おおよそ検討のつくことだろう。

 

GoogleやAppleとの全面戦争突入へ

faceoff-microsoft-apple引用:Sustainability Faceoff: Microsoft vs. Apple | Fast Company | Business + Innovation

ウェアラブルデバイス元年として注目が集まっている2014年。その年の終わりがけに、マイクロソフト社はウェアラブルデバイス市場に参入する。ウェアラブルデバイスといえば、Apple WatchやGoogle Glassが代表的だろう。たとえば、Apple Watchは、iOSにのみ対応しているからこそ、アプリの互換性やアクション可能な通知などの深い連携ができる。しかし、マイクロソフト社が発売するであろうスマートウォッチは、iOS/Android両対応であることから、それらはどちらのプラットフォームでも利用できないことが予想されるが、どのような施策をとるのだろうか。マイクロソフト社の次の動きに注目が集まる。

 

▼参照

Forbes

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら