Google Glass の活用は既に始まっている?! 最新の活用事例 5選

WRITER : 今井 淳南

  ウェアラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Google Glass の活用は既に始まっている!

Google Glassが一般向けに発売される日が、いよいよ間近となってきている。Googleは、Google Glassのベータ版が購入可能となる「Glass Explorer」プログラムの対象を、アメリカ以外の国々に拡大している。また日本でも、Google Glassが総務省の「技術基準適合証明(技適)」を通過し、販売開始への環境が整いつつある。このような状況の中で、Google Glassを自社ビジネスで活用しようとする動きが活発になっており、多くの企業がコンセプトの発表や実証実験を開始している。今回は、Google Glassを活用している事例について、「サービスを受ける側(お客さん)がGoogle Glassを装着する場合」と「サービスを提供する側がGoogle Glassを装着する場合」に分けて紹介する。


出典: Google Glass How-to: Getting Started – YouTube

サービスを受ける側がGoogle Glass を装着する場合

(1) 位置情報を利用したアパレル向けO2Oサービス

o2o_140728_image01

o2o_140728_image02

出典: 株式会社ACCESS プレスリリース

株式会社ACCESSは、2014年6月24日に、同社の位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESSTM Beacon Framework (ABF)」が、大手アパレルメーカー、ナノ・ユニバースのスマートフォン向けストアアプリケーションに採用されたことを発表した。「ABF」により、iBeacon(アイビーコン)モジュールとGPSによる位置情報を利用して、店舗に近づいたユーザへのセール情報の配信やクーポンの配信などのO2Oサービスが提供可能となる。プレスリリースでは、スマートフォンだけでなく、Google Glassとの連携例も示されており、新しい形のO2Oサービスとして注目を集めている。
引用元: 株式会社ACCESSプレスリリース

(2) リクルートテクノロジーズが仕掛ける「未来レストラン」

株式会社リクルートテクノロジーズは、2014年3月27日に、スマートデバイス体験イベント「未来レストラン」を開催した。イベントでは、スマートグラス、iBeacon、AR、Kinectなどを用いて、未来のレストランの様々なコンセプトを体感することができる。スマートグラスを用いた展示では、机上のマーカーを認識することによって擬似的に電子メニューが浮かび上がるAR(拡張現実)システムが紹介されていた。また、公式ブログ上で公開されているコンセプトムービー内でも、スマートグラス越しに見える電子メニューのイメージが提示されている。なお、イベントではスマートグラスとしてGoogle Glassではなく、VUZIX社の片眼ヘッドマウントディスプレイM100が利用されていたようだ。
引用元: スマートデバイス体験イベント、”未来レストラン”へようこそ! | Advanced Technology Lab

サービスを提供する側がGoogle Glass を装着する場合

(3) Google Glass を利用した航空会社の接客サービス

o2o_140728_image03

Image Credit: Virgin

イギリスの航空会社であるヴァージン・アトランティック航空は、Google Glassなどのウェアラブルデバイスを活用した接客サービスを試験的に行った。ヒースロー空港のファーストクラス向けラウンジの職員は、Google Glassを装着し、最新のフライト情報などのチェックや、顔画像認識による乗客の名前の確認などを行い、接客サービスの質の向上を目指す。
引用元: Google Glass Worn by Virgin Atlantic Staff at London Airport

(4) 交通違反取り締まりに活用するドバイ警察の事例

o2o_140728_image04

Image Credit: Ahmed Ramzan/Gulf News

アラブ首長国連邦のドバイ警察が交通違反の取り締まりにGoogle Glassを活用していると、ニュースメディアGulf Newsが報じた。ドバイ警察はGoogle Glass用アプリケーションとして、違反車両をが画像を警察のシステムへアップロードするアプリと、画像認識によりナンバープレートを解析し、違反車両を見つけ出すアプリを開発している。実証実験の結果、有用であると判断された場合は、ドバイ警察はより多くのGoogle Glassを購入するとしている。
引用元: Dubai Police to use Google Glass | GulfNews.com

(5) 航空機の整備士を遠隔地から後方支援

o2o_140728_image05

By Renzelle Mae Abasolo

日本航空と野村総合研究所は、Google Glassを活用した航空機整備士の後方支援についての実証実験を開始したと、ITmediaニュースが報じた。整備士はGoogle Glassを装着することにより、両手での作業を行いながら、遠隔地のスタッフから支援を受けることができる。Google Glassのカメラにより、整備士がどこで何を見ているかを常時共有することができ、音声通話のみの場合と比べて、二者間の意思疎通はより迅速になる。
引用元: Google Glassを航空機の整備に活用 JALとNRIが実証実験 – ITmedia ニュース

まとめ

今回はGoogle Glassを活用している事例について紹介した。現時点では、Google Glassの一般販売は行われておらず、業務を支援するために試験的に導入している事例が多く見られた。また、医療や教育においても、Google Glassの利用が計画されており、O2Oマーケティングだけでなく、様々な分野での活用が期待されている。今後もGoogle Glassやスマートウォッチなどの次世代ハードウェアデバイスを活用した、新たなO2Oマーケティング手法に注目していきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら