指の動きだけで家電を簡単に操作できるO2Oデバイス、スマートリング「Nod」

WRITER : 朴 泳虎

  ウェアラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Nod-1
引用元:Nod

AppleのiWatchやGoogle製のスマートウォッチの登場が噂される中で、ウェアラブル市場はかつてないほどに多くの人の注目を集めている。その中でも、スマートリングは既存のUIを大きく変えると言われている画期的なデバイスだ。今回は、O2Oの最先端デバイスであるスマートリング「Nod」についてご紹介したい。

腕を一振りで自在にデバイスを操作できる「Nod」

O2O革命・IoT革命と騒がれる中、指でデバイスを操作できるスマートリングが続々と登場している。「Nod」もその中の一つである。「Nod」を発明したのは、元Google社員のAnush Elangova氏。Bluetoothと連動して、魔法のように腕を一振りするだけでスマート家電を操作することが可能となる。アナと雪の女王を見てエルサの真似をしたい人にはぴったりだろう。

ここまでは「SmartyRing」や「Fin」など他のスマートリングと大きな違いはないが、「Nod」の特徴は12種類の多様なサイズが用意されている点と防水機能が付いている点である。顧客からヒアリングを重ねて、普段から着用しても違和感を感じないようにこだわったスマートリングだ。強度の高い素材を用いるなど各所に工夫がなされているため、普段から着用していても故障の心配はないだろう。更に、リングを複数使用することでゲームのキャラクターを操作したりと、より複雑な操作が可能になる。価格は149ドルで下記サイトから購入可能だ。

smart-ring

スマートリング×VRデバイスで体験する新世界

スマートリングは、VRデバイスと組み合わせることで、実際に自分の体を動かして操作するゲームの世界に入り込んだような体験が可能となる。これを利用したゲームやアトラクションが数年以内に登場するかもしれない。ちなみに、既に日本国内でもVRデバイスを使ったゲームを作る会社が出てきている。それがこちら、「meleap」。興味のある方はぜひイメージムービーを見てみることをオススメする。

ウェアラブルデバイス市場はまだ未知数ではある。革新的な一つのデバイスが、数年で世界を変えうると「iPhone」が示した後、次世代を担うと言われるウェアラブルデバイスの開発競争は激化している。各社が新たなイノベーションを模索する中で、どの企業がデファクト・スタンダードとなり覇権を握るのか、今後も目が離せない。

※参考:http://buff.ly/1uEXeQ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら