【連載企画】IoTの分野で活躍する海外企業4選

WRITER : 朴 泳虎

  IoT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私達の身の回りのデバイス達が相互に情報を共有しあうInternet of Things(以下、IoT)という言葉が昨今、よく聞かれるようになった。

IoTの代表的な例で言えば家具同士が連携しあうスマートホームが挙げられる。スマートホームではセンサーが人の入室を検知すると自動で明かりをつけたり、部屋の温度を最適に調整したりする。

IDC Japanが発表したレポートによると、IoTの世界市場規模は現時点で156兆円を超えており、2020年には360兆円を超えるとしている。この様に巨大な市場の中では当然、様々なプレイヤーが出現して独自の方向性を打ち出している。

そこで今回は、IoT市場の代表的なプレイヤー達を紹介したい。

スマート温度計でIoTプラットフォームを構築する「Nest Labs」

nest-2

 

引用:NestLabs

IoTを語る上で欠かせないのが、スマートサーモスタットを提供するNest Labsだ。同社は2014年1月にGoogleに買収された事で話題となった。

Nest Labsは同社の提供するスマートサーモスタットを中心としたIoTプラットフォームを構築する事を目指しており、既に複数の企業の製品と連携して 動くようになっている。

スマートホームの課題として、それぞれのIoTデバイスが独自規格により開発され、相互接続できないという点があったが、Nest labsが開発するサーモスタットが全てのデバイスを統括するプラットフォームとなる事でその問題を解決しようとしている。

IoT12

引用:Use Google Now to control your Nest thermostat

直近の動きとしては、2014年12月に同社の提供するスマート温度計がGoogle Nowと連携して音声制御を行う事が可能になった。

ユーザーはスマホに向かって「OK Google、温度を20度に変更して」というだけでスマート温度計を操作できるようになった。

近い将来にスマート温度計と連携しているスマートデバイスも音声で操作できるようになる事が予想される。

スマート電球の先駆者「LIFX」

IoT13

引用:LIFX

スマートホームと聞いたら一番最初に浮かんできそうなのが照明の自動操作なだけに、スマート電球を開発する企業は数多く存在する。その中でパイオニア的存在なのが「LIFX」である。

同社は2012年からスマート電球を販売しており、既にセコイア・キャピタルを始めとした一流ベンチャーキャピタルから13億円余りの資金調達に成功している。

同社のスマート電球は、自動・遠隔で明かりをオン・オフできるだけでなく、光の色を変えたり、時間によって明るさを調整したりといった事も可能だ。同社は前述のNest Labsと提携しており、Nestプラットフォーム上で他のデバイスと連携する事が可能だ。

スマートデバイスの百貨店「SmartThings」

IoT14

引用:SmartThings

LIFXがスマート電球に特化しているのに対して、「SmartThings」は幅広い種類のスマートデバイスを製造・販売している。

同社が提供しているスマートデバイスは、ドアセンサー、動態センサーなどのセンサー類に加え、スマートロック、スマートソケットなど多岐に渡る。これら全てのデバイスは、同社が提供するアプリ内で連携する事ができる。

同社は2014年8月にSAMSUNGに買収されたが、会社自体はそのまま活動している。世界最大級のメーカーからの支援を後ろ盾に、独自のIoTプラットフォームを形成するべく活動を続けている。

IoTのデータベースを構築・分析する「TempoIQ」

IoT15

 

引用:TempoIQ

他社がIoTのプラットフォームやデバイス自体に注目する中で、スマートデバイスが取得するデータの可能性に目を付けたのが「Tempo IQ」だ。「TempoIQ」は、スマートデバイスが取得したデータを管理するAPIを提供している。

同社のAPIを用いれば、スマートデバイスから取得したデータに異変があった場合にアラートを発したり、集積したデータの傾向分析を行う事が出来る。

スマートデバイスが収集するデータのプラットフォームを構築する事で、デファクトスタンダードの地位を築こうとしている。

 

次回はIoT連載企画の最終回として、過去にO2Oイノベーションラボで取り扱った記事の総集編をお届けする。

第一回:【連載企画】全世界的な広がりを見せるIoTの全貌に迫る

第二回:【連載企画】スマホで家を操作する!IoTによって実現する「スマートホーム」とは

第三回:【連載企画】どう解決する?医療の需要過多ーヘルスケアIoT事例ー

▼参考

https://www.tempoiq.com/

http://jp.techcrunch.com/tag/nest/ http://jp.techcrunch.com/2014/12/16/20141215the-nest-thermostat-can-now-be-controlled-by-voice/

http://www.smartthings.com/

http://lifx.co/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら