あなたの生活を豊かにしてくれる!?シアトル発IoTスタートアップ3選

WRITER : Editorial department

  IoT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Arch for Startupより寄稿

ここ近年のIoT(Internet of Things)の発展は凄まじいものだ。

アメリカ調査会社Gartner社によると、2020年までに260億個のデバイスがインターネットに接続されるようになり、経済に対しては1.9兆ドル(約230兆円)のインパクトを引き起こすと言われている。 010

引用:Video in the Internet of Things

今後、世界にIoTの波が押し寄せるのは確実であり、それは私達Arch for Startupが拠点を置くシアトルも例外ではないだろう。

今回は私達が拠点を置くシアトルから生まれた私達の生活をより良くしてくれるIoTスタートアップ商品を3つ紹介したい。

家庭内の防犯をしてくれる「Korner」

020

引用:Can Korner make home security simpler than ever?

Korner(コーナー)はAmazon.com出身のSteve Hollis氏によって設立されたシアトルのスタートアップで、24時間、家の防犯を行なうIoTグッズを提供している。

Korner(コーナー)は名前の通り家の窓や玄関の隅(Corner)に設置を行うデバイスで、家のルーターに付属スティックを挿入し、手持ちのスマートフォンにアプリをインストールすることで使用可能となる。

Kornerは家主が家の外を出ている時に、誰かがKornerを設置しているドアや窓から侵入しセンサーが反応した場合、家の中にアラームを鳴り響かせ、そして家主のスマートフォンに通知を送るという仕組みを持っている。 その時に家主はアプリを使用することで、警察を家に呼んだり、前もって登録している他の人に知らせたりすることができるのだ。

KornerはアメリカクラウドファンディングサイトIndiegogoで$424,754集めており、今年の夏に100ドル以下で販売予定だ。

 

家の中のIoT器具のプラットフォームとなる「Hook」

 

引用:Hook: Home Automation on a Budget

Hookはシアトルに本拠地を置くHack-a-Joe Labによって作成された家の中の電子機器類を遠隔操作するためのプラットフォームデバイスである。

本製品は小さなハブとしてのデバイスとアプリケーションによって構成されており、RFワイヤレス技術とIFTTTを用いている。 Hookは既に販売しているワイヤレス電球ワイヤレスアダプターをHookのアプリと接続することでそれらの電子機器類の遠隔操作を可能とすることができる。

これらの機器を接続したアプリを用いることで、家の明かりはもちろんの事、電球、コーヒーメーカー、ヒーターといった様々な器具の遠隔操作やタイマー操作が可能となるのだ。

HookはアメリカクラウドファンディングサイトKickstarterで5月に$35,167集めており、現在プレオーダー中だ。

 

iPhoneカバー+聴診器「Steth IO」

040 引用:Steth IO

Steth IOは、心臓専門医であるMahesh Mulumudi氏と、なんと16歳である息子のSuman Mulumudi氏がCEOを務めるスタートアップStratoScientificが3Dプリンターで開発したiPhoneカバーのIoTだ。

このデバイスは「sound tunnel」という技術を用いることで、心臓音の視覚化を行いスマートフォンに表示することができる。

つまり、心臓専門医やプライマリーケアの医者にとって必要不可欠な聴診器をスマートフォンで代用できるデバイスなのだ。また一般の家庭にも使用可能なように、自分の心臓音を自宅で取得し、それを直接医者に送りフィードバックを取得できるシステムも搭載予定である。

現在、Steth IOは自社サイトでプレオーダー中だ。

まとめ

上記のようなIoT関連のスタートアップが増えている。そのような動きと共に最近では大企業もIoTに積極的だ。

例えば、IBMは今年の4月に今後4年間で30億ドルを、IoT事業へ投資することを発表した。また、Amazon.comは今年の3月にIoTプラットフォームスタートアップ2lemetryの買収を行い、IoT市場に対し積極的な姿勢を見せている。

今後IoTがさらなる発展を遂げるにはスタートアップなどによる新たなアイデアの発見と大きな力を持った大手企業との相互関係が、成功の決め手になるだろう。 今後のIoT市場が楽しみだ。

■この記事に関する質問やその他リサーチの依頼などはこちらのアドレスまでご連絡を!

tsubasa@archforstartup.com

▼関連記事一覧

Arch for Startup寄稿記事一覧

※「Arch for Startup」より寄稿

Arch for Startup

10904170_709467309173264_1970155646_nクラウドコンピューティング分野で世界一と言われるシアトルを拠点にクラウド関連やスタートアップ情報を発信。

●HPアドレス:

http://www.archforstartup.com/

●Facebookページ:

https://www.facebook.com/arch4startup

▼関連記事

IoT時代を制するのは誰だ? IoTプラットフォームを開発する巨大グローバル企業にせまる

3分でわかる!知っておくべき最新IoTベンチャーまとめ

今IoT企業がアツい!多額の資金調達を受けるIoT市場の展望に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら