LINEが50億円の投資ファンドを設立、O2O、EC、決済、メディア、エンタメ領域での連携を視野に

WRITER : 朴 泳虎

  ペイメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月9日、LINEは約50億円規模の投資ファンド「LINE Life Global Gateway」を設立した事を発表した。同ファンドの主な投資対象は、O2O、EC、決済、メディア、エンターテインメントといったLINEとの連携が図りやすい領域の企業であり、これによりLINEプラットフォームのさらなる拡大を目指す。同ファンドは2015年2月4日から既に運用が開始されており、10年間の運用期間を予定している。同ファンドにはLINE、およびLINE Venturesが出資を行っている。

O2Oに取り組む企業に追い風、昨年12月リリースの「LINE Pay」

1pay引用:http://cdn-stf.line-apps.com/linecorp/ja/pr/1pay.png

 
 

「LINE」は昨年12月に送金・決済サービスの「LIINE Pay」を同アプリ内でリリースしている。「LINE Pay」は銀行口座やクレジットカードと連携する事で、アプリやECサイトだけではなく実店舗での決済も、アプリ内で完結する事が可能である。つまり、オンライン・オフライン両方の支払いを全て「LINE」のみで行う事が出来るようになる。国内だけで5000万人超のユーザーを持つ「LINE」がこの様なサービスを開始したのは、オフラインとオンラインの両方から集客・販売をするO2O施策に取り組む企業にとって大きな追い風である。

「LINE」プラットフォーム拡大により影響を受けるO2O関連企業

mobileweb_o2o_1

引用:http://www.ocn.ne.jp/hosting/service/moweb/img/mobileweb_o2o_1.jpg

 

「LINE」のプラットフォーム拡大は、全員にとって嬉しい事ばかりではない。「LINE」がiBeaconなどと連携してO2O領域に参入すれば、「スマポ」などをはじめとした従来のO2O集客・クーポンアプリは淘汰される危険性が出てくる。「LINE」は今後、自社が持っていないWi-Fi、Bluetoothなどのセンサリング技術などを持つ企業と連携してO2O関連サービスを展開して行くと予想される。既存のO2O集客・クーポンアプリなどは、それまでに「LINE」が提供しえない独自の価値をユーザーに提供する必要が出てくる。「LINE」とO2O関連サービス各社の今後の動きから目が離せない。

 

参考記事▼

http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2014/787

http://jp.techcrunch.com/2014/04/02/jp20140402line/

 

関連記事▼

今さら聞けない!O2Oプラットフォーム「LINE@」導入のメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら