2秒で決済完了!フィンランド発スタートアップUniqulが提供する顔決済サービス。

WRITER : 朴 泳虎

  ペイメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さんは、コンビニのレジの支払い待ちの列が長くて、うんざりしてしまった経験はないだろうか?

スマホを使って財布無しで決済が完了するau walletがCM等で取り上げられ、話題にあがる事が多くなった決済サービス。その中で、決済業界にとてつもないイノベーションを起こすと期待を集めているのが、顔決済サービスを提供するUniqulである。

Uniqul-allows-you-to-pay-with-your-face-1.jpg

引用元:Uniqul

2秒で完了!近未来の世界を実現した顔決済サービス「Uniqul」

Uniqulは2013年2月にフィンランドで設立されたばかりのスタートアップ企業。Uniqulが提供するのは、なんと財布もカードもなしで、顔認証するだけで支払いをすることができるサービスだ。使い方はとても簡単。まず、オンライン上からプロフィール情報を送信して、家の近くに設置してある登録端末で顔写真を登録する。あとは店舗に設置しているタブレットのカメラで顔を認証するだけで決済が完了する。Uniqulのアカウントに登録すると主要なクレジットカードに加えて、Paypalでの支払いも可能になる。

便利なのは分かったけど、導入コストは?

顔決済は革新的なサービスであるが、気になるのは実際の導入にかかるコストだ。店舗側としては、カメラやタブレット等の機材導入以外に、月額費用などはかからず、ユーザー側にのみ月額の費用が発生する。特徴的なのは、料金体系がユーザーが設定した任意の場所からの距離によって費用が変わるというところだ。半径1~2km内なら月額0.99ユーロ、特定の都市内なら月額1.99ユーロ、範囲を都市近郊まで拡大した場合は月額2.99ユーロが発生する。

果たして、顔決済サービスは普及するのか?

最近はクレジットカードも年会費無料が当たり前になってきているので、月額料金が発生するとなると少し悩んでしまうのが正直な所である。一部の富裕層向けのカードが人気のように、セレブ向けに展開していけば問題はないのかもしれないが普及の足かせとなる可能性は拭えない。

さらに言えば、店舗側からデバイスの設置費用以外は徴収しないことから、店舗側への決済手数料で収益をあげる既存のクレジットカードとはビジネスモデルが大きく異なることが予想され、新しいビジネスモデル自体の収益性も今後検証していく必要があるだろう。どちらにしても顔決済という非常に面白い取組みだけに、同社の今後の展開から目が離せない。

参考URL:
http://uniqul.com/index.php/news/17-launch

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら