決済戦国時代に切り込む!リクルート「Airレジ」の秘密

WRITER : 長沼 あね佳

  ペイメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

決済サービスの重要さ

店頭での決済に必ず必要となるもの、それは「キャシュレジスター」(よく「レジ」と言われるもの)。顧客は、現金があっても、カードを持っていても、レジがなければ、決済をすることはできない。現在はPOSシステムを導入した「POSレジ」を使っている店舗がほとんどである。POSレジは、お店の売上管理を支えるため、一度導入するとなかなか変更ができない。値段も、ざっと調べた程度でも、ハードのみで50万円以上は見込んでおいた方がいい品だ。
したがって、頻繁に買い換える品ではない。どのPOSレジを導入するか、慎重に選んでいることだろう。

POSレジ、とは「Point of Sales(ポイント・オブ・セールス)」つまり、「販売時点」のことを指す。POSレジでは、顧客が「いつ」「どの店で」「どの商品が」「いくらで」「何個」売れたのか知ることができる。このデータを使いこなせば、新規顧客の確保、その他もろもろ、店が繁盛することは間違いない。
しかしこのレジ、見た目がおしゃれではない上に、かさばるため、レジ周りがどうしてもごちゃごちゃになってしまう…。どうにかおしゃれな店内にしようと、工夫を凝らしてあることもしばしば、だ。業種によって欲しい機能も違うので、一概にこれを買っておけばOK 、という事も言えない。
レジの決済の整理に時間を取られてお客様に十分なおもてなしができない、という経験も1度や2度ではないかと思う。

簡単・お洒落すぎる決済サービス

そんな、レジに悩みを持つ方に、朗報である。リクルートライフスタイル株式会社「Airレジ」は、そんな悩みを一気に解消してくれる。現在のユーザー数は30,000。毎日数字を伸ばしている。

Airレジに必要な物は以下の3点。
1.  初期費用、月額利用料無料
2.  導入に必要なのはスマートデバイスとインターネット環境だけ
3.  使いやすさを追求したクラウドレジアプリ

アプリのダウンロードには、ぜひipad,ipad miniといったタブレット型のものをおすすめしたい。
キャシュドロア、レシートプリンタは、既に使用しているもので十分。アプリをダウンロードし、アカウントを作成すれば、Airレジを使用する準備は万端だ。


出典:Square メディア用リソース

更に快適な決済環境を整えるのに欠かせないのが、ジャック・ドーシー氏率いるSQUARE Inc.のSquareだ。Squareリーダーに通した時の手数料は3.25%(スワイプ時に限る)。手数料以外の追加料金は、一切ない。2013年3月5日から、このスクエアと提携したことによって、Airレジは、更にお得に、使いやすくなった。

ここで、「多少でも、Squareリーダーの購入にもお金がかかるのでは…?」という疑問が湧いた方も多いのではないだろうか。心配は無用。スクエアのアカウント作成時に注文をすることで、Squareリーダーは無料で使うことができる。個数制限も特にないようだ。

2013年3月19日にはクラウド会計ソフト「freee」と提携。提携したことによって、Airレジで決済を済ませた売上の実績を、自動で会計データとして管理できるようになった。佐々木さん(freee 株式会社代表取締役)によれば、freeeによる会計処理の時間は、通常の1/50。しかも、簿記などの知識がなくても、簡単に使いこなせる。

無料プランなら、3ヶ月間データを保持することができる。試しに使ってみるには、十分な時間だ。標準プランは、月額980円から使用できる。今なら、2013年4月20日まではfreeeの標準プランを12ヶ月間無料で使うことのできる「Airレジ×freee連携記念キャンペーン」を行っている。つまり、最大15ヶ月間、freeeを無料で使うことができるのだ。このチャンスは絶対に逃せない。

レジと会計ソフトをクラウドにしたことで、消費税率の変動や、PC買い替えへの対応もスムーズに行えるようになった。
Airレジの目的は、店舗での、会計業務を完結にし、より快適なおもてなしを提供することにある。更にリクルートライフスタイル北村氏、によれば、小規模店舗の経営者に週1回の休める日を作り出したい、という思いも込められているそうだ。

ITが苦手でも、簿記がわからなくても、問題なく簡単に使えるのだ。
初期費用・月額利用料が無料な上に、格安の手数料でお手軽・安心、確実に業務が簡略できる決済サービスとなれば、使わない理由はない。

Airレジ効果

具体的に、Airレジでは、どんな効果が見込めるのだろうか?airreji07.png
出典:Airレジ 使い方

まず、Airレジでは、5つのことができる。
1.カスタマイズ
2.席の管理
3.注文入力
4.会計
5.売上管理
これらの管理が一括で行える。初期投資はほぼ0円で、だ。

以前のPOSレジで収集していた顧客が「いつ」「どの店で」「どの商品が」「いくらで」「何個」売れたのかというデータと組み合わせれば、より円滑な店舗管理ができることだろう。
とくに、Airレジの特徴の一つ、「席の管理」は、連携アプリ「Airウォレット」と連携することで、顧客にも届けることができる。「Airウォレット」が普及することで、更なる進化をとげるのではないだろうか。

今後のAirレジ

LINE MALL08.png
出典:Airレジ 動画「Airレジの使い方」

Airレジ・Square・Freee の連携による店舗経営の効率化はおわかりいただけただろうか。ここまでのサービスを初期費用、月額費用0円で提供してくれるサービスは他には見つからないだろう。Airレジを提供しているリクルートは、「リクルートポイント」という強力な武器を持っている。連携アプリ「Airウォレット」を使えば、Airレジで、リクルートポイントを使った支払いもできる。今後も、リクルートポイントとAirレジを絡めた施策が増えていくことが予想される。

まとめ

・決済の負担は大きい
・Airレジ、Square、Freeeの連携によって、決済の負担が大幅削減できる
・Airレジによって収集したデータを活用して、サービス向上を図ることができる
・Airレジは顧客の体験を豊かにできる武器をたくさん持っている、かつ導入しやすく、使い勝手もいい
・今後はリクルートのもつリクルートポイントのと関係をどのように築いていくのか、注目していきたい

アプリ概要
アプリ名:Airレジ
提供価格:無料 (App Storeからダウンロード(ipad)、App Storeからダウンロード(iphone)、Google Playからダウンロード)
提供場所:App Store、Google Play
App StoreはApple Inc.の商標です。Google PlayはGoogle Inc.の商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら