IoTにiBeacon、最新テクノロジーを活用した注目の海外クラウドファンディング5選

WRITER : 朴 泳虎

  iBeacon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さんはクラウドファンディング(Crowdfunding)をご存知だろうか?クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対してWeb上から不特定多数の人に出資を募るという新しい資金調達の形だ。

クラウドファンディングサイト大手のKickstarterやIndiegogoでは、日々ユニークなプロジェクトが出資を受けてスタートしている。

今回はそんな中から注目を集めるテクノロジー系プロジェクトを4つをご紹介したい。

いつでもどこでも気軽にマッサージ 「i Massageo」

28001

引用:https://www.indiegogo.com/projects/imassageo-the-first-app-massager

製品名:i Massageo

調達額:4,140ドル (2015年4月19日時点)

プロジェクト責任者:i Massageo Team

i Massageoはスマホ連動型のモバイルマッサージ器である。使用方法は、マッサージパッドを手のひら大の大きさの本体に接続して、マッサージをしたい箇所に貼る。次に、スマホアプリから操作することでマッサージが始まる。

強度やマッサージパターンを選ぶことができ、最大5枚までマッサージパッドを本体と接続することができる。

▼参照

i Massageo

企業のTwitterマーケティングを支援する「Tweet Rocket」

28002

引用:https://www.indiegogo.com/projects/tweet-rocket-twitter-taken-care-of

製品名:Tweet Rocket

調達額:10,806ドル(2015年4月19日時点)

プロジェクト責任者:Arni Lochner

「Twitter Rocket」は企業のTwitterマーケティングを支援するSNSマネジメントプラットフォームである。企業がSNSを使ってマーケティングを行うことは既に当たり前になりつつあるが、初めて実施する企業は勝手が分からず、フォロワーを増やすまでに多くの時間と労力を費やしてしまう。

企業は「Twitter Rocket」が提供するSNSマネジメントプラットフォームを使うことで、Web上から自社の発信した情報をキュレートして配信したり、botのフォロワーをブロックしたりといった一連の運用業務を「Twitter Rocket」のチームに任せることができる。これにより、担当者の負担を最小限にしつつ、フォロワーを増やすことが可能となる。

▼参照

Tweet Rocket

落し物をしても大丈夫「TrackR bravo」

28003

引用:https://www.indiegogo.com/projects/trackr-bravo-the-thinnest-tracking-device-ever–2

製品名:TrackR bravo

調達額:1,621,213ドル(2015年4月19日時点)

プロジェクト責任者:Chris Herbert

「TrackR bravo」はスマホで位置を確認できる超小型トラッキングデバイスである。大きさは100円玉程度で、世界で最も薄くて小さいトラッキングデバイスと謳われている。

使い方は簡単で、財布などの無くしたくない貴重品に「Track bravo」を設置する。後は、スマホのアプリ上から貴重品までの距離を確認したり、音を鳴らすこともできる。

また、「Track bravo」自体の電波がスマホに届かないほど離れてしまっても、「Track bravo」を持った他の人が近くを通ることで、GPS情報がアップデートされ、どこで落としたかを特定できる仕組みになっている。サイト内で29ドルから販売されており、白・ピンク・青・黒など4色から選ぶことができる。

▼参照

TrackR bravo

遠くにいても触れたい人に触れられる「Touch Wi-fi」

28004

引用:https://www.indiegogo.com/projects/touchwi-wireless-touch

製品名:TouchWi-fi

調達額:4ドル (2015年4月19日時点)

プロジェクト責任者:Gediminas Frc

Touch Wi-fiは服・下着の中に振動するチップを入れる事で、遠くにいる人がデバイスを通して服を着ている人を擬似的に触れられるシステムを開発するPJだ。

「オンラインビデオチャット等で遠くにいる人を見る・聞く事ができるようになったのに、未だ触れることができないのは何故か?」というGediminas氏の疑問からスタートしたプロジェクトであり、現在サイトから60ドルを支払うことで開発中の下着を購入することができる。

▼参照

TouchWi-fi

まとめ

いかがだったであろうか?クラウドファンディングでは大小様々な、そして健康器具からおふざけまで、様々なプロジェクトが存在している。調達する資金も様々で、高額のものでは100万ドル(約1億2千万円)を超える額の資金を集めたものも存在する。

今回取り上げたIndieGoGoだけでも、すでに数十万規模の募集案件がこれまでに登場したと言われている。

皆様もクラウドファンディングを通じて商品を手に入れたり、あるいはプロジェクトを立ち上げてみてはいかがだろうか?

▼関連記事

【時間のあるGWだからこそ読みたい】IoT記事総まとめ

【時間のあるGWだからこそ読みたい】iBeacon(アイビーコン)記事総まとめ

【時間のあるGWだからこそ読みたい】ウェアラブルデバイス記事総まとめ

2015年の飛躍を占う国内iBeacon導入事例14選

「イノベーション」を生み出し続ける街シアトルのIoTスタートアップ3選

世界が注目!「2015 CES Innovation Awards」受賞プロダクトまとめ【ウェアラブル編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら