iBeaconによるビッグデータ取得で店舗運営が変わる?! iBeacon関連企業4選

WRITER : 朴 泳虎

  iBeacon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さんがIT、もしくは小売関係者ならiBeacon(アイビーコン)を知らない人はいないだろう。

(知らない人はこちらをチェック)

日本全体で約40%(若年層では80%弱)まで普及したスマートフォン、更に2013年ごろから登場したiBeaconにより小売業界のあり方は大きな変化を迎えようとしている。今回は、そんなiBeaconを活用して新たなサービスを提供するスタートアップ4社を紹介したい。

 

超音波&Bluetoothを活用するiBeaconプラットフォーム「Signal360」

名称未設定0

引用: https://media.licdn.com/media/p/1/005/07d/13b/20c0362.png

 

企業名:Signal360

調達額:4.6百万ドル

CEO:Alex Bell

設立年月:2011年8月

提供サービス概要:

 

「Signal360」は独自開発したiBeaconとそれを利用したマーケティングプラットフォームを提供している。マーケティングプラットフォームには主に2つの機能があり、ビーコンに近づいた顧客に対して広告等のコンテンツを配信するものと、顧客のスマホから放出された電波をiBeaconで受信して顧客行動を分析するものがある。

 

「Singal360」の特徴的な点は、Bluetoothだけでなく、超音波も利用して顧客のスマホにアプローチできる点である。これにより、従来のBluetoothだけのビーコンと比較して35%高いリーチ率を出している。

▼参照

Signal360

カフェ・飲食店向けのiBeaconマーケティングプラットフォーム「Adored」

名称未設定1

 

企業名:Adored

調達額:N/A

CEO:Christine Nolan

設立年月:2014年

提供サービス概要:

「Adored」はカフェや飲食店向けにiBeaconを活用したマーケティングを支援している会社である。入り口やレジの前にビーコンを設置する事で、顧客が近くを通った際に自動的にメッセージ等を配信する事ができる。更に、アナリティクス機能も備えており、期間内に何人の顧客が訪れたか、ピークの時間はいつか、といったことを確認できる。

▼参照

Adored

店員を待たずにスマホで注文ができるiBeaconを使った注文アプリ「Downtown」

名称未設定3

 

企業名:Downtown

調達額:0.54百万ドル

CEO:Phil Buckendorf

設立年月:2013年

提供サービス概要:

「Downtown」は飲食店向けにiBeaconを使った注文アプリを提供する会社である。顧客は店に入ると、アプリからメニューを閲覧・注文する事ができ、支払いはカードかApple Payを通して行われる。店側はiBeaconで顧客がどのテーブルにいるのかを特定して、注文された品を届ける。このサービスの成果として、顧客単価が平均して2倍上がり、顧客の再来店率が300%上がったという。

▼参照

Downtown

ホテル専用のiBeaconを使った顧客コミュニケーションアプリ

名称未設定4

 

企業名:Smartstay

調達額:0.2百万ドル

CEO:Pankaj Agrawal

設立年月:2014年3月

提供サービス概要:

「Smartstay」はホテル向けに顧客とインタラクティブにコミュニケーションを取る事のできるアプリを提供する企業である。「Smartstay」を使えば、顧客は並ばずにスマホ上の操作だけでチェックインできたり、ルームサービスを頼む事もできる。顧客がiBeaconに近づいた際にホテル側からメッセージを送る事も可能だ。また、顧客の利用状況をオンラインダッシュボードで確認できるため、顧客の利用状況に応じてメッセージや広告などを配信する事ができる。

 

上記で紹介したように、現在iBeaconを活用したスタートアップが続々と登場し、小売業界に浸透し始めている。しかし、注意しなくては行けないのは、導入すれば全ての問題が解決する魔法のソリューションなどないということだ。例えば、iBeaconは顧客がスマホのBluetoothをオフにしていたら全く機能しなくなってしまうし、アプリを入れていない顧客の性別・年齢などの属性情報を取得することもできない。それを補うことのできる顧客分析ソリューションとして、国内ではABEJA、海外ではRetailNext、Nomiなどの提供するインストアアナリティクスのサービスが徐々に伸び始めている。急速に進化するリテールテック業界から今後も目が離せない。

▼参照

Smartstay

 

 

▼関連記事

【時間のあるGWだからこそ読みたい】iBeacon(アイビーコン)記事総まとめ

iBeacon導入を考えているあなたへ!海外の活用事例から学ぶiBeaconの3つの活用方法

海外iBeacon導入事例から見るiBeacon導入のメリットと課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら