夏の終わりに総復習!iBeacon(アイビーコン)記事まとめ

WRITER : 朴 泳虎

  iBeacon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蝉の声も次第に小さくなり、風も冷たくなってきた。もう夏が終わろうとしているが、皆様はいかがおすごしだろうか。

今回はそんな季節の変わり目に読みたい、iBeacon記事の総まとめを紹介する。今まで注目を集めてきた記事をまとめて紹介するので、iBeaconの情報を収集する際には、ぜひともこのページを参考にしていただきたい。

iBeacon(アイビーコン)を知らない方はまず、こちらの記事から。

これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(前編)

これだけ知っていれば大丈夫!O2Oオムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(後編)

▷無料iBeacon(アイビーコン)資料ダウンロードはこちら

 

これだけ読めば大丈夫! Beacon(アイビーコン)についての基礎知識

ibeacon2

引用:LTP

iBeacon(アイビーコン)によって可能になる5つの事

海外iBeacon導入事例から見るiBeacon導入のメリットと課題

iBeacon(アイビーコン)は救世主かもしれないが、万能ではない

iBeacon導入前にマーケティング担当者が確認すべき5つの課題

iBeacon導入に立ちはだかる5つの課題

iBeacon(アイビーコン)はもう終わり!?導入が進まない5つのワケとは

期待はずれ?iBeaconの導入は何を可能にするのか

魔法のツール?期待はずれ?いま話題のiBeacon(アイビーコン)を徹底解明!

 

海外の少し変わったiBeacon(アイビーコン)活用事例

ビーコン女性②

引用元:Gigazine

海外の先進的なiBeacon(アイビーコン)活用事例

iBeacon導入を考えているあなたへ!海外の活用事例から学ぶiBeaconの3つの活用方法

ファッションの最先端、ロンドンでの事例

海外事例から学ぶ、アプリとスマートマネキンが作り出す新しい顧客接点「VM Beacon」

ジョギング大国、シンガポールの事例

iBeaconでジョギングを促進!?シンガポール最新事例

Apple Watchとショッピング

Apple WatchでiBeacon活用!米国スーパーの世界初プロモーション事例

iBeacon(アイビーコン)を使ったマーケティング事例

iBeaconで顧客情報を取得・分析するAislelabs

iBeacon(アイビーコン)でポイントが貯まる

iBeaconを活用したO2Oオムニチャネル海外マーケティング事例 ~スーパー編~

 

国内でもiBeacon(アイビーコン)が続々導入されている

AYATORI

引用:AYATORI MATCH

すでに導入された国内Beacon事例

いくつ知ってる!?Beaconサービス導入事例まとめ7選

あなたの生活を変えるかも!?国内最新のiBeacon導入事例4選

2015年の飛躍を占う国内iBeacon導入事例14選

快適な生活を実現!国内iBeaconサービス導入事例3選

iBeaconによるビッグデータ取得で店舗運営が変わる?! iBeacon関連企業4選

恋活もBeaconで

iBeaconで恋活!?リアルな出会いを演出するO2Oアプリ登場!

夏休みを盛り上げたBeaconアプリ

この夏大活躍!iBeacon(アイビーコン)で楽しさ倍増アプリまとめ5選

支払いもiBeacon(アイビーコン)によってらくらくに

決済はスマホ1つで!「GMO Pallet」ならBeaconで簡単に決済可能

▷無料iBeacon(アイビーコン)資料ダウンロードはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら