Beaconソフトウェアのイノベーションを目指すスタートアップArtifact Technologies

WRITER : Editorial department

  iBeacon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

※「Arch for Startup」より寄稿

アメリカでは今、数々の最先端技術を持つスタートアップがBeacon開発に取り組んでいる。まだ実験段階ではあるものの、過去の記事でも紹介したように、NFL(アメリカンフットボール)、MLB(野球)をはじめ、Macy’sなどの著名百貨店の一部店舗では既に導入が始まっている。我々Arch for Startupが拠点とするシアトルはBeaconのソフトウェアを開発するスタートアップが盛んな街である。今回は、シアトルでBeaconソフトウェアの開発を手掛けるスタートアップであるArtifact Technologiesという企業を紹介する。

博物館でのBeacon活用事例

A2S2

引用: Geekwire

実は博物館や美術館は、Beaconの活用実験の場として最適である。昨年、Artifact Technologies社は、Seattle’s Pacific Science Centerという博物館で、自社が開発するMixby(ミックスビー)というスマートフォンアプリのサービスを開始することを発表した。Beaconというと,指定された区域に入るとユーザーに対してクーポンが配信されるなど、販売プロモーションを目的としたものが多いが、Mixbyは違う。このアプリの特徴は、リアル世界とアプリ内のバーチャル世界を結びつけることだ。Seattle’sPacific Science Centerの事例でいえば、Beaconが設置された区域にユーザーが入ると、アプリ内でしか見ることができない博物館のスペシャルコンテンツを見ることができるのだ。

引用: Estimote公式サイト

Artifact Technologiesは、Beaconを活用したソフトウェアの開発はしているが、Beaconそのものの開発は行っていない。彼らのソフトウェアは、ニューヨークに拠点を置くEstimote社のステッカー型Beaconと互換性をもっている。上の写真にある厚さ3㎜のカラフルなEstimote社のBeaconは、どこにでも貼り付けることが可能で、SDK(ソフトウェア開発キット)として99ドル(約12000円)から販売されており、ソフトウェアの機能を簡単に適用することができる。

Artifact Technologiesが企むBeaconアプリのイノベーション

Beaconを普及させるに当たって大きな課題となっているのは、ユーザーに専用のアプリをダウンロードしてもらわなくてはいけない点だ。Artifact Technologies社は、この課題を解決する事をビジョンに掲げている。その解決策は実にシンプルだ。Mixbyは位置情報をベースにBLE(Bluetooth Low Energy)を通してユーザーのスマートフォンにそのまま情報を送信する技術を開発している。GPSの位置情報を元にユーザーのスマートフォンが指定区域内に入ったことを検知すると、BLEを通してスマートフォンに情報を配信するという流れだ。BLEという技術が、ユーザーがアプリをダウンロードする手間を省いてくれる。

また、同社のクライアントである小売店や博物館は、同社の開発するプラットフォームを利用することで、クーポンやコンテンツの配信を行うだけでなく、顧客のデータの分析まで可能となる。

Beacon技術が未来の店舗を創りを担う

Artifact Technologies社は、まだ野望の達成に向けて走り出したばかりではあるが、独自のBeaconプラットフォームの開発や、ユーザーが専用のアプリをダウンロードする手間をなくすというビジョンは、間違いなく小売業界をよくするものである。Beaconというまだ実験段階の技術が、これからどう進化し、一般化していくのか。今後も目が離せない。

※「Arch for Startup」より寄稿

Arch for Startup

10904170_709467309173264_1970155646_nクラウドコンピューティング分野で世界一と言われるシアトルを拠点にクラウド関連やスタートアップ情報を発信。

●HPアドレス:

http://www.archforstartup.com/

●Facebookページ:

https://www.facebook.com/arch4startup

Arch for Startup寄稿記事一覧

シアトル発!Arch for Startupが紹介するオムニチャネル系スタートアップ3選

世界が注目!未来のVR業界を牽引する都市、シアトル 〜注目VRスタートアップ3社〜

モバイルペイメントが描き出す未来~最先端技術の集まるアメリカから~

シアトル発!Arch for Startupが紹介するオムニチャネル系スタートアップ3選で紹介したVenuelabsを覚えているだろうか?

進化を続けるNordstromのオムニチャネル戦略

知られざるMicrosoftのリテール業者向けIoTプラットフォーム

急成長するCostco、その秘密とは…!?

「イノベーション」を生み出し続ける街シアトルのIoTスタートアップ3選

1200万人が利用する米国スターバックスの便利なアプリと最新動向

【リアルとデジタルの融合】アメリカで躍進する「REI」の販売戦略に迫る

健康志向都市シアトルから生まれたウェアラブルスタートアップ3選

シアトルNFLチーム「シーホークス」公認ストアも導入するBeaconテクノロジースタートアップ

シアトル発!幅広い用途が期待される足型ウェアラブル「Boogio」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら