国家の危機を未然に防ぐ世界最強のベンチャー企業「Palantir」

WRITER : 朴 泳虎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

パランティア①

引用:http://inserbia.info/today/wp-content/uploads/2013/09/cia.jpg

アメリカでは、CIAやNSAといった情報機関のデータ収集に関して激しい議論が起きている。データ分析は、テロや自然災害などの被害を未然に防ぐ為に活用されているが、それが行き過ぎて個人の監視を行う為に使われているとして、プライバシーの侵害を訴える人も存在する。

2013年に元CIA局員のエドワード・スノーデン氏が、アメリカ国家安全保障局、NSAが違法なデータ収集や盗聴を行っていると告発した事件は記憶に新しい。

映画では、メガネをかけた分析官がとても複雑そうなシステムを操作すると、たちまちデータベースから事件に関する情報が表示されるといったシーンをよく見かける。こういったシステムは国で極秘に開発していそうなものだが、実はそのデータ分析を情報機関向けに提供しているシリコンバレーのベンチャー企業が存在する。

今回は、そんな国家レベルの問題を解決する最先端企業について解説したい。

国家が誇る情報機関も利用するデータ解析企業を作ったのはあの伝説の男

パランティア②引用:http://www.washingtonian.com/articles/images/palantir.jpg

Palantir Technologiesは2004年にシリコンバレーのPalo Altoで設立された、テロリズムや犯罪行為を防ぐためのデータ解析ソフトウェアの開発・提供を行っている会社である。Palantir Technologiesの創業者はペイパルマフィアの首領であり、伝説的なベンチャーキャピタリストでもあるピーター・ティールである。同社が提供しているデータ解析システムは、ティール達がPaypal時代に開発した不正行為検知システムをベースとして、CIAと共同開発したものだ。ティールは現在、同社の会長を務めている。

ウサマ・ビンラディンの捜索にも使用されたCIA御用達のデータ解析サービス「Palantir」

パランティア3 引用:http://resources.infosecinstitute.com/wp-content/uploads/palantir-logo-07092013.png

同社のシステムは、海兵隊のアフガニスタンでの地雷発見、メキシコの麻薬組織のメンバー洗い出し、ウサマ・ビンラディンの捜索にも用いられるなど、非常に大きな成果を出している。

主要顧客はFBI,CIAといった公的機関の他にも、銀行やヘッジファンド、IBMやロッキード・マーティンといった大企業も名を連ねる。また、同社のサービスはただソフトウェアを提供するだけではなく、データ解析者のコンサルティングを含むパッケージ化した形態がメインとなっている。

同社は財務情報を一切公開していないものの、ビジネスインサイダーが選ぶ世界の未公開テクノロジー企業ランキングでは、堂々の5位を冠しており、売上額は約460億円、企業価値は4600億円前後と予想されている。

データ解析の分野は今後も成長が見込めるだけでなく、防衛目的以外にもマーケティングやヘルスケアなど広い範囲での活用が見込まれるものであり、今後も同社の活躍の場は広がり続けるだろう。

▼参照

http://blog.sticky-vision.com/2013/03/10/385

https://www.palantir.com/

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1310/17/news020.html

http://japan.zdnet.com/article/35011766/

http://www.crunchbase.com/organization/palantir-technologies

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら