1分でわかる!ファッション業界における7つのテクノロジー活用事例まとめ

WRITER : 平野紗希

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ファッション業界におけるテクノロジーの活用が世界中で広がってきている。

今回の記事では、2015年に注目を集めたIT・マーケティング関連用語を7つとファッション業界での活用事例を紹介する。

あなたはいくつ知っているだろうか?

【お知らせ】「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を新たに公開いたしました。この記事の末尾にてご紹介しております。

O2O×ファッション

スマホアプリでの情報配信とアパレルリアル店舗でのキャンペーンを連動させて、アプリ利用者にオンラインからオフラインへの購買活動を促す。
スクリーンショット 2015-12-03 16.58.20

引用:ショッぷらっと

 NTT docomoの提供するサービス「ショッぶらっと」はお店に立ち寄るだけで様々な特典が得られる無料アプリだ。設定したエリアやジャンルの店舗からの、お得な情報がアプリで通知される。実際に来店し、スマホアプリを提示することで、ポイントやクーポンがもらえて、商品券などの特典に交換できる。

タカシマヤ、PARCO、プレミアム・アウトレットといった大手販売店との提携がある。

▼関連記事

CEDEC AWARDS 2015最優秀賞受賞!イングレスを活用したO2O施策事例

デジタルサイネージ×ファッション

店内ポスターや販売促進ツールに変わる新たな情報発信媒体として、ブランド力向上を図る。
000055172

引用:SHARP

「LE JUN 」ではリアル店舗に巨大なデジタルサイネージを設置。ブランドコンセプトである”ヨーロピアン・コンフォート”を店頭でより効果的に伝える手段として、用いられている。 デジタルサイネージはリアル店舗のイメージを一新するとともに、コンテンツの切り替えによって、シーズン毎、商品毎の売場の演出を行うことができる。

▼関連記事

開発から国内外導入事例まで!いま知っておくべきデジタルサイネージ事例10選

ウェアラブルウォッチ×ファッション

スマートフォンと連動させることで、カバンやポケットなどにしまったスマートフォンを取り出すことなく、受信したメールの内容を表示したり、ナビアプリと連動してルートを示したりといった、自由自在な使い方ができる。
スクリーンショット 2015-12-03 20.46.33

引用:Android

有名デザイナーやハイブランドとコラボするなど、機能性とデザイン性を兼ね備えたものが登場している。従来はビジネスマンを中心に”便利なデバイス”として注目されていたウェアラブルウォッチが、より幅広い世代に”ファッションアイテム”として認識されるようになってきている。

▼関連記事

ウェアラブルとファッションの融合によって生まれる魅力とは?インテルの新しい挑戦に迫る

iBeacon×ファッション

店舗に設置されたビーコン端末が、顧客の持つiPhoneアプリと連携し、「距離」と「相手」を認識する。また最新情報をスマホにプッシュ通知することができる。
blog_ibeacon1

引用:MALL MAVERICK

店の近くに立ち寄った顧客や店内を見て回っている顧客に、セール品や新作商品といった情報をプッシュ通知することで、入店や購買のきっかけとなる。アメリカの大手百貨店チェーンMacy’sで導入されている。 また店舗側は、顧客への情報通知以外にも、顧客の来店回数、滞在場所、クーポン配信数あたりの買い上げ率などのデータを蓄積することができる。

▼関連記事

いくつ知ってる!?Beaconサービス導入事例まとめ7選

人工知能×ファッション

人工知能が好みを学習し、専属コーディネーターとなり一人一人にあったファッション情報を提供する。
スクリーンショット 2015-12-03 20.13.31

引用:SENSY

カラフル・ボード株式会社の開発したアプリ「SENSY」は、人工知能が2500以上のブランドからコーディネートの提案、近隣ショップの案内、ファッションに関する情報提供を行う。

またカラフル・ボード株式会社は2015年9月に人工知能接客サービスを新宿の三越伊勢丹に導入した。来店者の好みを分析し、その人に合ったパーソナルアイテムを提案している。

▼関連記事

【インタビュー】人工知能が人間のセンスを学習?SENSY渡辺社長が語るテクノロジーの未来とは?

ビッグデータ×ファッション

FacebookやTwitterなど、ソーシャルの場でやり取りされるファッションに関する膨大な情報を集め、自動分析し、データ化する。得られたデータからトレンド予測を行う。
trend-dashboard-1

引用:EDITED

ソーシャルメディアデータやカスタマーデータを集積し活用することにより、ファッション業界のトレンド予測している。それに基づき市場の需要を判断することで商品の効率的な企画・生産・流通・販売が行われている。

▼関連記事

ビックデータ活用事例から見る、マーケティングの未来とは?日本の3歩先をゆく海外リテールテクノロジー

クラウドファンディング×ファッション

モノやサービスなどの対価を予約販売することで、必要な資金をインターネット経由で生活者個人から調達する。

スクリーンショット 2015-12-03 17.45.09引用:BOOSTER

「BOOSTER」は、PARCOが運営するクラウドファンディングサービスである。 モノ・サービスの機能的価値だけではなく、夢を持つデザイナーやクリエイターとそれを支援したい人同士が繋がり、そこに企業が介入することで新たな体験を提供する。

ファッションはもちろん、あらゆる領域において、新たな挑戦を志す人が、アイデアを世の中に発信し、資金を集めることができる。

▼関連記事

【インタビュー】カルチャー発信基地パルコが描く、これからの時代の消費文化とは?

「ファッション×テクノロジー最新サービス紹介資料」を公開しました。

スライド041

昨今注目を集める、ファッション業界のテクノロジー活用について、海外の最新事例を取りまとめました。

記事内では取り上げることのできない様々な情報を取り上げております。

是非、小売業界のマーケターの皆様に事例研究やサービス導入をする際の参考資料としてご活用いただきたいと思います。

資料ダウンロードはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら