アメリカで人気急上昇中!注目のスタートアップアプリ3選

WRITER : Editorial department

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Arch for Startupより寄稿

私たちArch For Startupが拠点を構えるシアトルでは、多くの起業家たちが、一躍世界トップの経営者になることを目指し、自身のアイディアをビジネスにしている。様々なビジネスが起ち上がる中でも、やはり最近はアプリを作成し、ビジネスとしようとする起業家たちが多い。

現在、多くのアプリが存在するが、FacebookやTwitterなど、数億人のユーザーがいるようなアプリは一握りである。その一握りの多くはアメリカから誕生した。今日誕生したアプリが、数年後にアメリカ全土に、そして全世界に広まるかもしれない。

今回は、多くのアプリが誕生している中で、アメリカだからこそ、ユーザーからの支持を集めそうなもの、また日本では生まれなさそうな興味深い、最新スタートアップアプリを3つ紹介していきたい。

映画上映中に携帯を使えるようになる「Snackdish」

001 (6)

引用:Snackdish App Designed for Moviegoer Use

シアトルで生まれたこのアプリは、映画上映中に「シアターモード」にすることで、画面を暗くし、周りから見えづらいように設定する。さらに、このアプリを使い、上映中に見ている映画を友人に伝え、その映画の情報を共有できるようになっている。

このアプリ開発者のケビン・ホール氏は、この上映中の情報共有により、人々のコミュニケーションを促すこと、また映画のプロモーション向上に寄与することを期待している、と述べていた。

何を目的として、このアプリが誕生したのか。映画館で静かに、集中して、映画を鑑賞したい人からすると、使用したいとは思わないかもしれない。正直、私も、本当にこのアプリが人々に好まれるのかどうか、疑問が残る。

特に、全体の和を重んじる日本では受け入れられないと思われる。しかし、最先端のIT企業等を紹介するGeekWireでこのアプリが取り上げられており、注目を集めているのは確かなようだ。

このアプリの開発は映画鑑賞の常識を覆すものである。本当にホール氏の思う通りに、このアプリが機能するかどうかはわからない。しかし、映画業界に変革をもたらす一歩になるかもしれない。

▼参照

公式ホームページ

002 (4)

開発者のケビン・ホール氏

引用:Seattle startup’s app will offer special mode for darkened theaters

自分が持つスキルを共有できる「SkillShare」

003 (5)

引用:A Year From Launch, Skillshare Lands $6M From USV, Spark To Double Down On Its Project-Based, Online Classes

このアプリは大変にシンプルなものである。このアプリは、個人が持つスキルや知識を、多数の人に教え、共有できるようにすることを目的としたビジネスである。基本的に会員となったメンバーが、オンラインクラスを開講でき、また受講することができるようになっている。これは、アプリからもアクセスすることが可能である。

会員には無料会員とプレミアム会員がある。プレミアム会員は、月10ドル程度で、会員別で受講できるクラスの選択肢のバラエティが変わる。クラスの内容としては、ビデオ編集、ラッピング、レターの書き方など、個人が趣味で挑戦できそうなものが多い。

仕事や学校に追われ、なかなかプライベートな時間を確保できない日本人は、何か趣味を見つけたいが、結局時間が取れないとなってしまいがちである。しかし、学校や仕事と、休暇や趣味をきちんと分け、プライベートを存分に楽しもうとするアメリカ人にとって、とても使いやすく、有効的なアプリである。

▼参照

公式ホームページ

車社会のアメリカだからこそ役立つ「Parknav」

004 (4)

引用:Parknav’s Solution for a Global Problem Has Yielded a Unique Expansion Roadmap

シカゴ発の「Parknav」とは、先日のMicrosoft Ventures Demo Dayでのプレゼンテーションで出会った。このスタートアップは、車社会であるアメリカだからこその特徴をついたビジネスである。

「Parknav」では、ビッグデータを使用しながら、ユーザーにどこの駐車場が空いているのか、またそこまでの最短の道のりを教えてくれる。アメリカに住んでいるとわかるが、路上駐車場含め、空いている駐車場を見つけることは大変に難しい。現在はシカゴを中心として、サービスが提供されているが、これから拡大していくことが期待されている。

このアプリのサービスが拡大していけば、車社会が故に人々が抱える問題は解消されていくだろう。私は、このアプリのこれからに期待したい。

▼参照

公式ホームページ

まとめ

今回紹介した3つのスタートアプリは、日本にいては出会うことのなかったアプリかもしれない。アメリカでの生活だからこそ需要があるかもしれないアプリ、アメリカ人らしい発想から生まれたアプリだと感じる。

これからもおもしろいアプリが続々と誕生していくだろう。特にシアトルでは、そのようなスタートアップと出会う機会が沢山ある。未来のアメリカの生活を支えるようなアプリが出てくることを期待しながら、これからもアプリのトレンドを追っていきたい。

■この記事に関する質問やその他リサーチの依頼などはこちらのアドレスまでご連絡を!

tsubasa@archforstartup.com

▼関連記事一覧

Arch for Startup寄稿記事一覧

※「Arch for Startup」より寄稿

Arch for Startup

10904170_709467309173264_1970155646_nクラウドコンピューティング分野で世界一と言われるシアトルを拠点にクラウド関連やスタートアップ情報を発信。

●HPアドレス:

http://www.archforstartup.com/

●Facebookページ:

https://www.facebook.com/arch4startup

▼関連記事

今すぐチェック!アメリカ小売業が提供する人気アプリトップ8

効果的なアプリ開発を支援するアプリ解析ツール3選

飛び出す教科書!?本とAR技術を融合した新感覚O2Oアプリ「Popar」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら