【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

WRITER : 朴 泳虎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人工知能の領域において、確実に次の革命を起こすと言われているディープラーニング(Deep Learning)。Google、Facebookを始めとしたIT業界の巨大企業が研究・開発・実装に躍起になっているが、ディープラーニングは一部の大企業にしか関係のない話なのだろうか?そんな事はない。世界を見渡せば、ディープラーニングの可能性に魅せられ、日夜研究開発に勤しむスタートアップが多く存在する。今回は「ディープラーニングと未来」の連載第4回として、世界最先端をひた走る、ディープラーニング開発を行うスタートアップをご紹介したい。

第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

第2回:【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史

第3回:【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発

第4回:【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

第5回:【連載企画】AI・ディープラーニング(Deep Learning)に関する3つの未来予測

▼関連記事

ABEJAと三越伊勢丹、最先端技術「ディープラーニング」で店舗開発

医療に特化したディープラーニング開発企業「Enlitic」

スタートアップ3

引用:http://www.enlitic.com/

Enliticは医療・ヘルスケア領域に特化したディープラーニング技術開発会社である。CT・MRIスキャンなどで撮影した画像をディープラーニングにより学習する事で、医者でさえも発見できなかった病気を発見する事が可能となる。 CEOのJeremy Howard氏は過去に自身が起業した会社をOpera社に売却したシリアルアントレプレナーであり、2013年のヤンググローバル・リーダーに選出されている。彼自身が統計やデータに深い造詣を持つデータサイエンティストであり、ディープラーニングが社会に最も貢献できる手段として、医療・ヘルスケア分野を選択したという。

▼参照

http://www.enlitic.com/

データサイエンスの第一人者がCEOを務める「Ersatz Lab」

スタートアップ②

引用:http://www.atelier.net/en/trends/articles/ersatz-labs-offers-deep-learning-service-companies_430473

Ersatz Labは企業・研究所向けに自然言語、画像パターンなどを学習した人工知能を作り、プログラムに学習させることの出来るWebサービスを提供する会社である。クラウド上で処理を行うサービスの他に、オンプレミスのソフトウェアや、ハードウェアなども販売している。CEOのDave Sullivan氏はEsratzエンジンの設計を主導した張本人であり、既存の機械学習ツールに不満を感じた事から、自ら会社を立ち上げるに至ったという。Sullivan氏いわく、「データサイエンティストは、数学の嫌いなプログラマーか、プログラミングが嫌いな数学者のどちらか。だからいい製品がなかった」のだと言う。

▼参照

http://www.ersatzlabs.com/

SalesforceのCEOも出資する「Metamind」

スタートアップ①

引用:MetaMind

Metamindは創業者のSven StrohhnadがStanford大学の博士課程に在籍していた時に立ち上げた会社である。多々あるディープラーニングが適用可能な領域の中でも、特に自然言語処理に強みを持っている。また、同社はSalesforceのCEOから出資を受けた事からも大きく注目を集めた。提供サービスの料金プランはフリーと月額$500のプロが存在する。サイト内にデモもあるので、ディープラーニングに興味のある人は一度、利用してみてはいかがだろうか。

▼参照

https://www.metamind.io/pricing

勢いを増すディープラーニング開発に取り組むスタートアップ

ディープラーニングの開発競争が加速していく中で、大きな野心を持ち、スピーディーに市場に対応していくスタートアップが参入する意義は大きい。同業界では、ディープラーニングの性能向上と、どれだけ技術の実装に際して使いやすく出来るかが成功の鍵を握るだろう。彼らの革新的な技術が、我々の生活に利用され始める日も、そう遠くはないはずだ。

次回は連載最終回として、「ディープラーニングの未来」をお届けする。

第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

第2回:【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史

第3回:【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発

第4回:【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

第5回:【連載企画】AI・ディープラーニング(Deep Learning)に関する3つの未来予測

▼関連記事一覧

自動運転自動車の未来を拓くコンピュータ「NVIDIA DRIVE」の性能に迫る

機械学習技術が命を救う!IBMが皮膚癌の早期発見技術を開発

「Skype Translator」は英語すら必要のない未来を実現するのか?

日常を様変わりさせる2015年注目のテクノロジー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら