永久保存版!初心者でも1から理解できる人工知能記事まとめ

WRITER : 柏倉 明郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日、IBMが開発している人工知能「ワトソン」が国内外で銀行や保険会社のコールセンターに実用化されたり、感情エンジンと呼ばれる人工知能を搭載した「Pepper」のリリースが発表されたりと、今や毎日のように人工知能という言葉を耳にする。

しかし、人工知能と聞いてもいまいちパッとしない人も少なくないであろう。そのため、今回はイノベーションラボ編集部がこれまで発信してきた、人工知能に関する記事をまとめて紹介する。

 

人工知能分野で特に注目を集める、ディープラーニングの成り立ち歴史から活用事例まで

s_Cognitive_Computing

引用:cyceera.com

 

【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

この記事では、今日注目を浴びているディープラーニングとは何かについて、従来の機械学習との違いから、ディープラーニング活用の用途までを分かりやすく説明する。

 

【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史

ディープラーニングの源流である、ニューラルネットッワークの成り立ち、歴史を紹介する。ディープラーニングの成り立ちを知ることで、ディープラーニングの本質的な理解につなげていただきたい。

国内外の人工知能活用事例

 

s_woman-506322_640

引用:benzinga.com

 

人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

この記事では、東京大学大学院工学系研究科准教授の松尾豊氏の著書を参考に、人工知能とは何かについて説明している。そして、人工知能を用いた国内外の活用事例を紹介していく。

人工知能開発を行う海外企業

s_スクリーンショット 2015-08-28 2.40.03

引用:deepmind.com

 

【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発

ディープラーニング開発に取り組む世界の巨大企業、Facebook、Baidu、Googleの取り組みを紹介する。各社が独自の研究施設の整備や、人工知能を開発するスタートアップの買収に先を争って取り組んでいることから、今後のディープラーニングの重要性が伺える。

 

人工知能が見た悪夢?ネットで話題の「DeepDream(ディープドリーム)」とは何か

Googleリサーチが発表し、一時ネットで話題となった「DeepDream(ディープドリーム)」について紹介する。この記事では、ニューラルネットワークの仕組みを解説しながら、話題のDeepDreamの画像が生成される仕組みを解説する。

 

世界最前線!人工知能(Artificial Intelligence)を活用した米スタートアップ3選

人工知能 (Artificial Intelligence)をリテール業界で活用しているスタートアップ3社を紹介する。

多くの企業が”Big Data”を掲げている中で、データテクノロジーを社会のニーズに合わせることができている企業は少ない。膨大な数のフィードバックを元に、顧客にそったビジネスを行うことが必要とされている。

 

【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

Google、Facebookを始めとしたIT業界の巨大企業が人工知能の研究・開発・実装に先を争って取り組んでいる。しかし、ディープラーニング開発は大企業にしか関係のない技術ではない。世界最先端をひた走る、ディープラーニング開発を行う海外スタートアップをご紹介する。

 

人工知能に関する未来予測

s__79456789_79448900

引用:bbc.com

 

もう始まっている!?人工知能で変わる医療の未来

大企業からスタートアップまで、人工知能の医療分野での実用化を進めている企業を紹介する。データの処理や解析をコンピュータが行う一方で、今後医師や看護師には、より人間らしいコミュニケーションが必要とされるだろう。

 

最強の人工知能「ワトソン」は、人間を超えることができるのか?

ビジネスにおける人工知能の最新活用事例と人工知能の未来について紹介する。

Oxford大学の研究者、Michael Osborne氏の研究によれば、2033年には全米の43%の仕事が自動化されるという。我々の仕事を代替する、ロボット、人工知能、オートメーションとは何だろうか。

 

【連載企画】AI・ディープラーニング(Deep Learning)に関する3つの未来予測

この記事では、人工知能が発展した先の未来を予測する。

シンギュラリティ(技術的特異点)と呼ばれる、人工知能自身が学習を続けた結果、人工知能が人間の知能を越え、人間の制御が利かなくなる未来は訪れるのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

各種お問い合わせはこちらから

  • マーケティング資料請求
  • お問い合わせ
  • 会社資料請求

あなたにオススメの記事

  • 人工知能の全貌に迫る!人工知能の活用事例10選

  • 今、数々のファッションブランドが飲食業界への参入を急ぐ理由

  • シリコンバレーの大企業が注目するグラフデータベースとは?その魅力に迫る!

  • どうなる3Dプリント業界? "幻滅期"を抜け出すカギはどこにあるのか

  • 【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

  • 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

  • シリコンバレーの天才達が土日も休まず働く理由

  • もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら