小売業界トレンド

小売業界トレンドに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!小売業界の最新動向だけでなく、最新動向から読み解けるビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

小売業界トレンド の記事一覧

WeChatの最新動向に見る中国のオムニチャネル戦略

全世界で6億人のユーザーが利用するWeChat WeChatとは中国で82%という圧倒的なシェアを誇り、全世界で約6億人のユーザーを持つ、今最も人気の高いコミュニケーションアプリである。日本でも定番アプリとなったLINEの様に無料でテキストチャットや通話を楽しむ事ができる。WeChatは英語・中国語・タイ語・ベトナム語などを始めとして18言語に対応しており、既に数十カ国で使われている。2012年には売上が約6,585億円、純利益が1,845億円と前年比25%で増加しており、破竹の勢いで勢力を伸ばしている。 WeChat社のオムニチャネル戦略とは WeChatが2014年3月に行ったアップデート

ほっこりインテリアSNS「RoomClip」のユーザーに学ぶO2O戦略

今回紹介する「RoomClip」とは、株式会社Tunnelが運営するインテリアに特化した写真SNSである。 2014年3月現在の最新のアカウント数は約25万ユーザー。計30万枚以上の写真が投稿されている。数少ないインテリアSNSとして、インテリア業界や、住宅業界から注目を集めている。 ファッションや、旅行先での写真をシェアすることは多くても、「自分の家」や「自分の部屋」を写真に収める機会はなかなかないのではないだろうか。友人や同僚の家にいくとしても、決まった人の家に集まることがほとんど。世界の殆どをしめている「家の中」が明らかになることはなかなかない。 RoomClipは、そんな「家の中」を集

国内コンタクトセンター市場で13年連続トップシェアを誇るアバイアが語るオムニチャネル

引用元:i95Dev『Drive Holiday Sales with Omni-Channel Retailing』 オムニチャネルという言葉が市場に浸透しつつある2014年。いよいよその波はB2CからB2Bに移り変わろうとしている。特に従来事業でトップシェアを誇っていたB2B企業は、オムニチャネルというキーワードを軸とした新しいマーケティング手法を積極的に生み出し始めた。今回はその中でも国内コンタクトセンター市場トップシェアを誇るアバイアの取組みを紹介する。 国内コンタクトセンター市場13年連続トップシェア「アバイア」とは アバイアはアメリカに本社を持つ通信・ネットワーク機器ベンダーで、法

1億円ダウンロード突破!発展途上のWEARの効果とは

数年前から注目を浴び続けている「O2O」。ブランドごとのECサイトを始め、「スマポ」「BASE」「iQon」などのスマホアプリが誕生。ファッションを中心としたO2O型サービスは後を絶たない。 スタートトゥデイが1月31日にだした2014年3月期第3四半期の決算説明会資料によれば、モール事業のデバイス別出荷比率のスマートフォンの割合がPCを超え、トップに躍り出たとのこと。これからも、スマートフォンを中心としたO2O事業には期待が出来そうだ。 その中でも、2013年、最も注目を集めたサービスが、スタートトゥデイが放つ「WEAR」だ。 「スタートトゥデイ「WEAR」アプリ経由売上1億円100万ダウン

オンラインメディアを巧みに使ったGAPのO2Oマーケティング事例集

世界的に展開しているアパレルブランドGAPが、Google Adwordsのクーポン表示オプションを使ったキャンペーンを行いました。主にオンラインストアへの誘引に利用されているGoogle Adwords検索連動型広告を、リアルストアへ誘導するO2O施策として活用。 http://www.dreamnews.jp/press/0000080071/ キャンペーン内容は、期間中に携帯電話・タブレット・パソコンでGapストアや特定の地域に関する関連キーワードを入力してGoogleで検索すると、店舗で使える割引クーポンがもらえるというもの。また、スマートフォンにGoogle Offersアプリを使え

コカ・コーラの売上7%UP!身近な交通広告を活用したイスラエルのO2Oマーケティング

過去にも、クリエイティブなキャンペーンを多数実施しているコカ・コーラですが、今回はスマートフォンアプリを利用したインタラクティブな交通広告を実施しました。イスラエルで実施されたこのキャンペーンは、道路に設置されたコカコーラの看板に近づくと、自分の名前がメッセージに合わせて大きく映し出される事で、ファンとの距離感を縮める取り組みとなりました。 位置情報を活用してサプライズを演出 事前準備は非常に簡単。ユーザーは、専用アプリをダウンロードして、自分の名前を登録しておくだけ! アプリで自分の名前を登録したスマートフォンが手元にある状態で、コカ・コーラの看板に近づくと、位置情報を検知して登録した名前が