小売業界トレンド

小売業界トレンドに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!小売業界の最新動向だけでなく、最新動向から読み解けるビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

小売業界トレンド の記事一覧

あなたのマーケティングは間違っている!?ブライアン・ソリスに学ぶ顧客獲得戦略とは

※本稿はReadWrite Japanよりご提供頂いたものです。 引用:Brian Solis   ブライアン・ソリスはデジタルアナリストであり文化人類学者、未来主義者であり、X、What’s the Future of Business (WTF)、Engage! and The End of Business As Usualといった著作がある。 Altimeter Groupの主席アナリスト、ブライアン・ソリスが語る 顧客獲得の方法とは? 多くの企業はマーケティングが顧客の獲得において重要だと考えている。しかし同時に多くの顧客はマーケティングがそのブランドに愛着をもち、固い客に

欧州で熱を帯びる人気リテールテクノロジー3選

   引用:Retail Prophet  ECサイトに対抗していくために、実店舗も様々な工夫をして顧客が店舗に来たいと思える魅力を高めていく時代になった。他のITテクノロジー同様に、実店舗で使えるようなリテールテクノロジーも日々新しいものが生まれている。今回は当編集部が選んだ、店舗をより魅力的にする欧米発の最先端リテールテクノロジーを3つ紹介する。   CloudtagsはNFCを活用した顧客へのプロモーションを行う Cloudtagsは2013年に設立されたアメリカ、ニューヨーク州のスタートアップだ。iPhone6から標準装備になったNFCを使い、顧客が店舗内でデジタル

2つのキーワードから読み解く小売業界の変化

引用:aled   小売業界の大きな転換期を理解する上で二つのキーワードが鍵となる。「デジタリゼーション」と「グローバリゼーション」である。 昨今バズワードとなっている「オムニチャネル」という言葉を推進しているのは「デジタリゼーション」である。デジタリゼーションとは、ビジネスなど、さまざまな事象のデジタル化を指し、これらは消費者の購買行動に変化をもたらし、業態を超えた競争を激化させている。 また、このデジタリゼーションと同じくらいインパクトをもたらしているのが、「グローバリゼーション」である。世界中の多くの小売企業は自国市場での成長が飽和状態になり、新興国への進出が求められてきている

開発から国内外導入事例まで!いま知っておくべきデジタルサイネージ事例10選

最近街中でデジタルサイネージを目にすることが多くなってきた。2020年に開催される東京オリンピックに向けて、今後さらに市場は拡大していく。 富士キメラ総研によると、2016年のデジタルサイネージの市場規模は700億で、2020年にはその倍以上となる1600億円まで拡大すると推測されている。 今回の記事では、私たちとさらに関係が深くなっていくであろう、デジタルサイネージの活用事例10選を紹介する。 ▼参照 株式会社富士キメラ総研 デジタルサイネージ開発事例5選 株式会社ミラクルリナックス社のデジタルサイネージ「MIRACLE VISUAL STATION」 引用:CONTEC 株式会社ミラクルリ

生活者を巻き込んで新しいアイディアを生み出す!いま話題の共創マーケティングとは?

現在モノのコモディティ化が進み、製品の品質や機能での差別化が難しくなってきている。そんな中、顧客を惹きつけるマーケティング手法として現在注目を浴びているのは、生活者と共にモノやサービスを創っていく共創マーケティングと呼ばれる新しいマーケティング手法である。 今回は共創マーケティングについて、実際の事例の紹介を通じて、今後の展望に迫りたい。 生活者とともにマーケティング活動を行う共創マーケティング 引用:AIDMA Marketing Communication 共創マーケティングは、生活者の声を製品開発に取り入れることで、顧客満足度(文脈価値)を高めることを目指すマーケティング方法だ。製品の利

私たちの買い物の仕方が変わる!?モバイル決済で便利になる世の中とは

引用:android 最近、会計を済ます際にスマートフォンをレジ付近のデバイスにかざす人をよく見かける。彼らはモバイル決済という方法で会計を行っている。モバイル決済にはNear Field Communication(NFC)という近距離無線通信技術が搭載されており、この技術により「かざす」だけで端末間でデータのやりとりができる。さらに、最新のモバイル決済はオンライン決済もできる。 このようにモバイル決済は現在進化しつつあり、その代表的な2つがAndroid PayとApple Payである。この記事では、この2つの最新モバイル決済を比較しながら、モバイル決済の今後について考える。 Andro

圧倒的な顧客満足度で競争を勝ち抜く!米小売王手企業に見るユニークなマーケティング戦略

引用:kroger.com Kroger社をご存知だろうか。同社は全米でスーパーマーケットを中心にチェーン展開する小売企業である。 米国における近年の小売業界は、絶え間ない価格競争、店舗規模拡大競争、オンライン業界との競争、異業種企業の参入など、熾烈な競争環境に晒されており、顧客の奪い合いが起きつつある状況ともいえる。そのような中、同社は顧客満足の徹底にこだわることで、顧客リテンションを向上させ、激しい競争に打ち勝とうとしている。 今回はそのような同社のユニークなマーケティング戦略を取り上げたい。 Kroger社の概要 Kroger社は、1883年に創業され、2014年末時点において、ウォール

あなたはもう知っている?海外で最も注目を浴びているリテール系イベント4選

小売業界は世界で最も市場規模の大きい産業の一つである。2014年時点で世界の小売市場規模は約2699兆円($1=120円換算)で2018年には3396兆円まで拡大することが予想されている。また、世界で最も売上をあげている企業は総合小売業のWalmartである。しかし、そんな小売業界も順風満帆という訳ではない。Amazonを始めとしたEC企業の台頭や、スマホ等のモバイルデバイスによって大きく変化した顧客の購買行動など、小売企業が対応すべき課題は数多くあり、常に最新のトレンドやテクノロジーの情報を得ること、またそういった情報が集まる場に行くことが非常に重要になっている。そこで今回は、小売業界の最新

ユニークなもの・サービスで差別化を図る、米国EC企業3選!

※Arch for Startupより寄稿 今日ECがビジネスで成功するために欠かせないものとなってきた。経済産業省が発表した2014年電子商品実態調査によると、2013~2014年でB to C市場規模はおよそ13兆円で、全ての商取引におけるECによる取引の割合を示すEC化率は4.37%であった。EC市場は今年も継続的成長を続けている。 引用:平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査) ECのメリット まず、ECにすることのメリットを紹介したい。まずECにすることで、少ないコストで運営できるということ。不動産の確保をして店舗を出すのと違いパソコ

試着ができるネットショッピング?テクノロジーで変わるECの未来とは

「サイズが小さすぎた」「思っていた色と違う」などインターネットで服を買うときの失敗は誰でも経験があり、一度の失敗でネットショッピングから遠ざかってしまう人も少なくないだろう。しかし、どこにいても服を買うことができ、すぐに家に届くのは非常に魅力的なサービスである。 今回はECにおける衣料品購入の現状と、それがどのように変わってきているのかを見ていきたい。 ▼関連記事 【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている 【連載企画】ファッション×テクノロジーの最先端を行く専門家が語る未来の姿   市場規模からみるECの現状 引用:sertek media EC(Electronic

O2O業界を牽引するアイリッジ!創業から上場まで、成長の裏側に迫る

株式会社アイリッジ(以下、アイリッジ)をご存知だろうか。 O2Oの2015年の市場規模はNRI Knowledge Insightによれば43.8兆円と推測されている。企業のO2Oに対する関心が高まる中、O2Oやオムニチャネルのトレンドを先取る国内先進企業がアイリッジである。アイリッジは「インターネットを活用して世の中に新しい価値を創り出していきたい」という思いから、代表取締役 小田健太郎氏(以下、小田氏)によって創業された企業である。現在はインターネットの活用により継続的に世の中へ価値を提供していくため、スマートフォンアプリケーションサービスやO2O、位置情報プッシュ通知などのネットサービス

誰もがシューズクリエイターに?最先端リテールテクノロジー事例

今日リアル店舗におけるテクノロジー活用が注目を集めているが、テクノロジーをいかに顧客の満足度の向上と繋げられるかが重要となっている。そのような中で、オーストラリアのオンラインシューズデザイナー、Shoes of PreyがNordstromと提携して、リアル店舗でテクノロジーを用いた新しいサービスを導入した。Shoes of Preyはテクノロジーをリアル店舗の購買体験にどのように活用しているのだろうか。 今回は、Shoes of Preyの新たな取り組みについて紹介したい。 誰でもできる、3Dデザインのオリジナルシューズとは? 引用:stylebistro.com まずはこちらの動画をご覧い

あなたの企業は大丈夫?クラウド・ビッグデータを利用する企業の「落とし穴」とは?

企業家や投資家は、IT業界の流行である「クラウド」や「ビッグデータ」を頼りにしすぎてはならないと訴えてきたが、その言葉はまだ多くの企業に伝わっていないのが現状である。実際、「クラウド」や「ビッグデータ」は素晴らしい実績を残してきた。 例えば、「クラウド」がSAPに更なる効率性を与えていると話題になっている。SAPとはドイツの大手ソフトウェアメーカーで、主にビジネス向けのソフトウェアの開発・販売を行っている。人気の理由は、クラウドによる、SAPの機能の機敏性を増加効果である。リアルタイムに情報を得ることができるので、顧客の元に瞬時に情報が届く。 しかし、これらの実績を鵜呑みして自分の企業も使って

【この夏必見!】未来の世界を描いた名作SF映画6選

人はいつの時代も未来に思いを馳せている。1年後、10年後、100年後の未来がどうなっているか、未来の世界についての好奇心は尽きることを知らない。映画は人が頭に思い描いた未来の世界を表現するのに非常に適した手段であり、近年のCGを始めとした映像技術の進化はそれを強力に後押ししている。 今回は、夏休みの間に見たい、未来の世界を描いた名作SF映画をご紹介したい。   トランセンデンス 引用:Gigazine 製作年度: 2014年 監督: ウォーリー・フィスター キャスト: ジョニー・デップ、レベッカ・ホール 上映時間: 119分   近年、科学者やイーロン・マスクを始めとしたI

徹底比較!一番お得なポイントカードと各社のオムニチャネル戦略にせまる

近年、ネットとリアルをつなぐ共通のポイントサービスを多くの企業が展開している。 先日、ローソンと楽天が包括提携に向け最終調整に入ったことが明らかになったように、ポイントを通じた各社のオムニチャネル戦略はますます注目されてきている。今回のローソンと楽天の提携では、ポイント、物流、モバイル事業などでの包括的な検討が行われる予定で、このようにコンビニ業界とEC業界の小売大手同士が広範囲にわたって戦略的提携に踏み出すのは初めてである。 また「nanaco」を例に挙げて説明すると、セブンカード・プラスで買い物をしても、nanacoポイントを貯めることができる。さらに、イトーヨーカドーネットスーパーやセブ

もし桃太郎が現代のWebマーケティングで鬼退治をしたら

引用:Trinity Web もし、桃太郎が現代の日本で生まれたら・・・ むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。 ある日、おじいさんは長老会恒例のゲートボール大会に、おばあさんは家で洗濯物を干していました。 おばあさんがベランダで洗濯物を干していると、ピーンポーンとインターホンの音がしました。 「おや、誰かきたのかしら?」 おばあさんがドアを開けると、そこにはAmazonの箱をもった配達員がいました。 もらった箱を開けてみると、そこには見覚えのない大きな桃が入っていました。 「はて、こんなもの頼んだかしら?」 おばあさんは大きな桃をひろいあげて、おじいさんの帰りを

成長率10%?急成長するオムニチャネル市場!各社の戦略に迫る

引用:info.mkmdistribution.com 近年リアル店舗をもつ小売事業者が、ネットとリアルを融合させる、オムニチャネル戦略への取り組みを活発化させている。 EC市場の拡大を見せる米国や中国の動向や、国内の IT インフラ、デジタル端末の普及予測などをふまえると、今後も年率10%以上の高成長が続き、2017年度には市場規模が15兆円を超えると予測される。 その中でも、今回の記事では国内のオムニチャネル戦略の動向を紹介したい。 ▼参照記事 Mizuho Short Industry Focus ▼関連記事 今さら聞けない「オムニチャネル」とは?サルでもわかる簡単解説! 「ワトソン」の

【インタビュー】カルチャー発信基地パルコが描く、これからの時代の消費文化とは?

アメリカで始まった「Kickstarter」や「Indiegogo」を中心に、いまクラウドファンディングサービスが盛り上がりを見せている。日本でも「Readyfor」や「Campfire」など、数多くのサービスが展開されている。 Massolution社のレポート「2015CF Crowdfunding Industry Report」 によると、クラウドファンディングによる2014年の総調達額は、約2兆円(1$=120円)に達している。 そのような中、2014年12月に株式会社パルコ(以下、パルコ)は、ショッピングセンター事業者としては初となる、クラウドファンディングサービス「BOOSTER

アジア初開催!Decoded Fashion Tokyoピッチファイナリスト企業を一挙公開!

Decoded Fashionとは「ファッションとテクノロジーの融合」をテーマとしたイベントで、ニューヨーク、ロンドン、ミラノなど世界中で開催されている。 そして今回、アジア初となるDecoded Fashion Tokyo Summit 2015が開催された。Decoded Fashionについてもっと詳しく知りたい方は下記を参照してほしい。 今回はそんなDecoded Fashionで開催されたファッション×テノロジーピッチイベント「THE ISETAN CHALLENGE」のファイナリスト企業についてご紹介したい。 ▼関連記事 ファッション×テクノロジーの最先端を行く専門家が語る未来の姿

目が離せない!Apple Musicのユーザー獲得戦略と定額音楽サービスの課題とは?

引用:razorianfly.com 今日人々の音楽の楽しみ方は、CDやiTunesでの楽曲の購入から、ストリーミングサービスの利用へと変化しつつある。 すでに、アメリカやヨーロッパでは、ストリーミングサービスが人気を集めている。そして、アメリカ音楽大手ワーナー社は2015年第二四半期の決算報告で、ストリーミングサービスの売り上げが6億7700万ドルとなり、ダウンロードによる売り上げを超えたと発表している。 このように、非常に勢いを感じさせるストリーミングサービスであるが、Appleが本格的に参入することになった。今回はAppleの定額制音楽ストリミーングサービスの戦略について紹介したい。 ▼

必見!アメリカ最大の百貨店が打ち出す次世代のオムニチャネル戦略

※Arch for Startupより寄稿 引用:Macy’s to Pay $650,000 in Shopper-Profiling Probe Macy’s, Inc. (以下Macy’s) は45州、840店舗をもつ米国最大の百貨店チェーンである。1858年創業以来、多大な影響力をもたらしてきたMacy’sは新たな戦略を打ち出している。 Macy’sは伝統的な手法から、オムニチャネルと呼ばれるマーケティング戦略に移行し、より多くの顧客を増やすことに成功している。これは顧客の購買方法の変化に合わせた結果だと言えるだろう。Macy’sはオムニチャネルをいち早く導入し、それが有益

今さら聞けない「オムニチャネル」とは?サルでもわかる簡単解説!

2014年はオムニチャネルが注目を集めた。オムニチャネルとは、あらゆる販売チャネルを統合するという意味を持ち、2009年にアメリカの大手百貨店Macy’sが、米国各地の各店舗と、オンラインストアの商品在庫を統一し、一定の成果を挙げた事で注目を集めた。 日本ではセブン&アイホールディングスや東急ハンズなど大手小売業者がオムニチャネル戦略に取り組んでおり、専門の部署も設置している。2015年も国内でオムニチャネルを推進する企業は増加する事が予想される。 今回は、サルでもわかるオムニチャネルと題して、オムニチャネルの概要を簡単に紹介したいと思う。 オンラインとオフラインの垣根をなくす新しいシ

速報!今話題のIVS SEEDS 2015 Summer 講演内容まとめ

引用:InfinityVenturesSummit 6/26, 6/27の二日間、慶應義塾大学の日吉キャンパスで、Infinity Ventures Summit SEEDS 2015 Summer(以下IVS SEEDS)が開催された。 IVS SEEDSは学生や若手社会人を対象とした、未来の起業家育成プログラムである。このプログラムは、学生や若手社会人に対して、トップレベルの企業家の生の声を届けることで、彼らの人生観を大きく変えることを意図している。 そして今年は更なる進化を目指して、「IVS Workshop」から「IVS SEEDS」と名称を変更し、若い世代の育成という意味合いを強めた

海外先進事例に見る、激戦ドラッグストア市場での生き残り戦略とは?

引用:https://www.bartelldrugs.com/ ※Arch for Startupより寄稿 Bartell Drugs社(以下Bartell)はシアトル発祥のドラッグストアである。彼らが”アメリカで最も古い親族経営のドラッグストア”と自負するように、1890年に創業し、今年で125年と非常に長い歴史を持つ。 しかし非上場を貫き、店舗数は2015年現在で63店舗と、堅実に親族経営を貫く姿勢が伺える。 しかし言うまでもなく1世紀の間に市場は大きく変わった。前CEOであるGeorge D. Bartell氏が「どの店も同じ商品を売っている」と言うように、医薬品を売っているだけでは生

オムツでAmazonに恐れられた男の再挑戦「Amazon.com」VS 「Jet.com」

※Arch for Startupより寄稿 引用:Jet.com’s Valuation Nears $600 Million Before Launch Marc Lore という男をご存知だろうか。5年前、ベビー用品に焦点を当てたサービス”Diapears.com”でEコマース戦線を賑わせた人物だ。その彼が今回、本気で業界の巨人、Amazonを倒すべく”Jet.com”というサービスを開始した。 サイトを公開してない2月の段階で既に2億2,000万ドルを調達し、先月には、Alibabaが1億4000万ドルをJetに出資した。これらの情報が、Jet.comに“打倒アマゾン”の秘策があることを

小売店舗の売上アップ!データを活用した店舗のKPI管理にせまる

昨今、従来型の実店舗を持つ小売企業の成長率が緩やかな成長傾向にある中、店舗を持たないECは売上を急激に伸ばしている。 eMarketerが発表した内容によると、2014年の世界小売市場売上額は約2750兆円で、2018年まで年率平均5.5%の成長を見込んでいる。それに対して、EC企業は2014年時点で売上162.5兆円、小売市場全体の5.9%を占めており、その成長率は年率平均17.3%と、小売市場の約3倍の速度で拡大していくことが予想されている。 今回は、実店舗を持つ従来の小売企業がECとの競争を勝ち抜くために欠かせないデータを使った店舗のKPI管理についてご紹介したい。 ▼関連記事 小売業者

小売業者が直面する5つのデジタルマーケティング課題とは?

引用:http://www.lifehacker.jp/2015/01/150103digital_marketing.html モバイルデバイスおよびソーシャルメディアの急普及により、顧客と企業、特に小売業者とのやり取りは一変した。 消費者は個々の関心と好みに合わせたマーケティング活動や販促活動を求めるようになり、小売業者はこれらの変化に対応するために、消費者の新たな要求に応えることを余儀なくされている。 今回は、小売業者がデジタルマーケティングを展開するにあたって、直面する5つの課題を明らかにする。 顧客の全体像の把握 顧客のすべてのチャネルに対するニーズに応えるために、小売

一挙公開!アマゾンとの熾烈な戦いに挑む新興EC企業の3大マーケティング戦略

※Arch for Startupより寄稿 ズーリリー社をご存じだろうか。同社はシアトルを拠点とする e-commerceカンパニーであり、小さな子供を持つ母親世代をターゲットとして衣料、雑貨、キッチン用品、子供向け玩具等を販売している。 同社のマーケティング戦略は極めてユニークであり、flash salesをはじめとして、これまでのe-commerceカンパニーの常識を覆す手法で、アマゾン社との戦いに挑んでいる。 今回は、同社のユニークなマーケティング戦略についてお伝えする。 1.これまでの沿革 ズーリリー社は、共同創業者であるCavens氏(現CEO)とVadon氏(現会長)によって、設立

オムニチャネル化が進む小売企業、次なる課題は何か?

ここ数年、小売業界では「オムニチャネル」というワードが飛び交い、国内でも多くの企業があらゆる取り組みを実施している。 この中でも代表的なのが日本の流通業界の巨人、セブン&アイ・ホールディングス。コンビニエンスストアのセブン-イレブン、総合スーパーのイトーヨーカドー、百貨店そごう・西武をはじめ、100社を超える企業が集まっている。現在、総売上高は約10兆円に達し、米国のウォールマート(37.5兆円)に次ぐ世界第2位の規模となった。 そのような中、小売業界でオムニチャネル化が進むにつれ、次なる課題が話題になってきている。 今回はオムニチャネル化の先にある課題である「クロスチャネルの在庫管理

経営者が語る小売企業におけるデータサイエンティストの重要性

データの分析・活用が企業活動の中で非常に重要な位置を占めるようになってきている。これは誰にとっても疑いようのない事実だろう。ビッグデータという言葉も、もはや聞かない日はないくらいであろう。 ロンドンビジネススクールのMBA出身者で、ヨーロッパの宇宙関連インフラメーカーを率いた経験があり、現在は詐欺防止ソフトを提供するFeedzaiのCEOを務めるNuno Sebastiao氏は、データが重要性を増してきている根底には2つの理由があるという。 今回は、Nuno Sebastiao氏が語るデータとデータサイエンティストの重要性についてのお話をご紹介したい。 また企業におけるデータの分析や活用事例に