最新テクノロジー

IoT, 人工知能(AI), ビッグデータに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!テクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

最新テクノロジー の記事一覧

「シェアリングエコノミー」Amazonの商品を一般人が配送する時代に?

近年、シェアリングエコノミーという新たなビジネスの形態が注目を集めている。シェアリングエコノミーとは、世の中に余っているモノや人、スペースなどを、必要としている人に貸し出す形のビジネスのことを指す。 シェアリングエコノミーの形態は、空き部屋貸しや、日常の雑務代行など多岐に渡り、その市場規模は今後11兆円規模まで成長すると見込まれている。 ▼参照 MIT Sloan grad on the “sharing economy,” the next big trend in social commerce 市場の筆頭はタクシー配車サービスのUberと、空き家マッチングサービスのAirbnb 引用:T

アメリカ最先端テクノロジーに見る、2020年までに起こる小売業界5つの変化

※Arch for Startupより寄稿 現在、小売業界はオンライン販売の普及や、様々な技術の発展により大きな変化のまっただ中にいる。 マーケティングの調査会社eMarketerのレポートによると、2014年度における全世界でのeコマースの売上は1.3兆ドル以上であり、2013年の売上から22%もの上昇でオンライン販売の急速な普及が伺える。 また、アメリカではここ数年で4000以上のリーテル関係のスタートアップが生まれておりテクノロジーの発展はとどまることを知らない。 引用:Which Countries Prefer to Shop Online and How Retailers Are

最強の人工知能「ワトソン」は、人間を超えることができるのか?

人工知能は新しい時代を迎えている。ディープラーニング技術の発達により、非構造データの認識精度は飛躍的に向上し、既に我々の生活にも影響を及ぼし初めている。 例えば、Google翻訳やiPhoneの音声ナビゲーション機能「Siri」の精度が少し前から良くなっていることに気付いた人も多いのではないだろうか。 直近では、ファッション人工知能アプリの「SENSY」が、IBMが開発した人工知能「ワトソン」のパートナーになることが発表されるなど、ますますビジネスでの人工知能の活用が注目され始めている。 さらに、2045年には機械の性能が人間の能力を上回る技術的特異点-シンギュラリティ-が起こると言われており

今IoT企業がアツい!多額の資金調達を受けるIoT市場の展望に迫る

引用:svicenter.com 近年IoTへの注目度が高まってきていることは、すでにおわかりであるかと思う。海外では2014年11月までの過去1年に、ベンチャーキャピタルが97回のラウンドで3億ドルをIoTスタートアップに投資している。家庭や自動車、オフィスにイノベーションを起こそうとするIoTのスタートアップが、何百万ドル単位の資金調達に成功する例が相次いでいる。 今回はIoT関連の企業が多額の資金調達に成功している背景について説明すると同時に、今後の展望についても述べたい。 海外事例に見るIoT企業の急成長の背景には、IoTの注目度の高まりがある 引用:engadget.com アメリカ

スマホを充電をする時代の終焉!ネットで話題の「ワイヤレス充電」とは

引用:cosmogirl 近年、IoTブームといっても過言ではないほど、あらゆるものがインターネットに接続してきており、ガートナーの試算では2025年には約250億個のものがインターネットに接続されるという。 しかし、現状ではまだIoTの多くは何か欠点を抱えている。 例えば、スマホはIoTの中でも最も世の中に普及しているものの1つだが、それでも充電が切れた瞬間からゴミ同然と化してしまう。最近では、スマホと家電が連携して、外出中でもスマホで家の電気をつけたりできるが、それも充電が残っていることが前提である。 また、より多くのものがインターネットに接続される一方、それらのものを充電する時に必要なコ

iBeacon(アイビーコン)はもう終わり!?導入が進まない5つのワケとは

引用:Forbes 2013年末にiBeacon(アイビーコン)が登場し、2014年はiBeaconの普及が話題になった一年であった。 スマートフォンの普及により顧客行動が大きく変化する中で、店舗内で顧客とインタラクティブなコミュニケーションが可能であり、かつ顧客行動のデータ収集ができるiBeaconは、ECの台頭などの危機に迫られた小売り企業にとって救世主のような存在であった。 事実、iBeaconに対する期待は非常に大きく、当メディアでも過去に何度も取り上げていた。しかし、現実世界で登場する救世主の多くがそうであるように、iBeaconも期待外れに終わってしまうかもしれない。 今回は、iB

店舗内デジタルサイネージ普及への課題と今後の展望

引用:https://www.green-house.co.jp/signage/intro/about/ 最近ではスーパーマーケットなどの店舗でも目にする機会が増えてきているデジタルサイネージ。 店舗内におけるデジタルサイネージもインストアメディアとして活用されており、今後成長が期待されている。しかしながら、将来性や可能性への期待は高いものの、国内・海外の事例を見ても必ずしも成功してい るとはいえず模索の時期が続いている。 今回は、そのインストアにおけるデジタルサイネージ普及への課題と今後の展望をまとめてみた。 そもそも「デジタルサイネージ」とは?市場の動向 引用:http://news.m

大学発ベンチャー「スパイバー」に見る、日本のイノベーションの未来

引用:Pinterest 今、日本から世界の産業構造を大きく変える可能性を持ったイノベーションが生まれようとしている。 本稿では、世界初の人工クモの糸「QMONOS」を開発したSpiber.incを紹介し、これからの日本に求められるイノベーション構造について述べたい。 スパイバー株式会社とは 設立年月:2007年9月 資本金:25億3458万円 引用:gizmag スパイバー株式会社(以下、スパイバー)は、世界初の人工クモの糸「QMONOS」を発明した大学発ベンチャーだ。現在は、山形県鶴巻市、経済産業省などとタッグを組み、ALL JAPANで技術開発・ビジネス化に取り組んでいる。 2015年1

おさえておきたい、今話題のドローン活用事例3選

引用:droneinjurieslawyer.com 今日、ドローンに対する注目度が世界中で高まっている。ドローンはもともと軍事用の無人飛行機として開発されていたのだが、近年商用への応用が始められている。 最近ではスマホなどのモバイル端末との連動が進んでおり、その用途にも注目が集まっている。まだ無人飛行機市場は解禁されていないが、2025年までに市場規模は8兆円を超えることが試算されており、今後多くの企業がこの分野に進出することになるだろう。 小型の無人飛行機をモバイル端末で操作することで、撮影技術や物流などは劇的に変化していくことが予想される。 法規制やプライバシーの話題でも注目を集めている

「Pepper」よりも実用的? 世界初の家庭向けソーシャルロボット「Jibo」

世界初のソーシャルロボット「Jibo」 引用:http://i.huffpost.com/gen/1919266/images/o-JIBO-facebook.jpg 「Jibo」は世界初の家庭用ソーシャルロボット(と製作者であるMITのシンシア・ブリジール博士は呼んでいる)である。身長約28cm、重さは約2.7kgで、ソフトバンクが提供しているパーソナルロボット「Pepper」が身長120cm、重さ28kgである事を考えると、だいぶ小さいサイズとなっている。 機体にはコンピュータ、Wi-Fi、LCDスクリーン、カメラ、マイク、スピーカーを搭載しており、人間とのインタラクティブなコミュニケーシ

グランプリ決定!デジタルサイネージアワード2015受賞作品まとめ

2015年6月10日、デジタルサイネージ市場の活性化を目的として「デジタルサイネージジャパン2015(DSJ2015)」で国内のデジタルサイネージ作品から9作品が選出され、グランプリが決定した。 今回は、グランプリ作品を含めて、5部門で受賞した7作品を紹介したい。 グランプリ作品 デジタルどこでもドア / 株式会社テレビ朝日、株式会社テレビ朝日クリエイト 引用:http://www.digital-signage.jp/award/2015/ 今回グランプリに輝いたデジタルどこでもドアは、2015年3月7日公開の『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』のプロモーションおよび『春のテレビ朝日 アニ

市場規模2兆円!デジタルサイネージによって革命が起きる訪日観光産業

近年、訪日観光産業が大きな盛り上がりを見せている。 観光庁によると、2020年の東京オリンピックの開催へ向けて、訪日観光客は2020年に年間2000万人にまでのぼると予想されている。また、訪日観光客の増加を見据え、デジタルサイネージと呼ばれるスクリーンの表示と通信にデジタル技術を使用して、映像や情報を表示する広告媒体技術に注目が集まっている。 そこで今回はデジタルサイネージと観光産業の親和性について解説していく。 ▼参照 観光庁アクションプラン 訪日外国人消費動向調査 外国人旅行者の日本の受入環境に対する不便・不満 デジタルサイネージ市場の伸び 訪日観光客が増加することで国内経済は活性化される

いま注目の最先端インストアマーケティング海外事例3選

今日、インストアにおけるテクノロジーの活用が非常に注目を集めている。海外小売店の最新のビッグデータ活用事例や、オムニチャネル事例などは、小売業者ならば確実に押さえておきたい情報であろう。 今回は海外の小売店が、どのような形で最先端のテクノロジーをインストアマーケティング戦略として活用しているのかを紹介したい。 巨大スクリーンを導入することで、顧客の購買体験をインタラクティブにする 引用:Rebecca Minkoff Rebecca Minkoffは2005年アメリカで設立されたファッションブランドで、日本では先月5/20~5/26に銀座三越で同ブランドの展示会が催された。 今回紹介するのはR

最先端テクノロジーがもたらす小売店舗の未来とは?

今回の連載では、小売店の経営課題や小売業におけるデータサイエンティストの価値、小売業におけるビッグデータの活用を紹介してきた。これらの記事に引き続き、今回は小売店の未来像を紹介したい。 iBeaconやビッグデータの普及で近年の小売店の変化は著しいものとなっている。 そのような中、Industry website Retail Prophetの創設者であるDoug Stephensは、小売店の未来を予測しており、小売店は今後10年で、過去1,000年間よりも劇的に変化すると述べられている。 小売店で行われる単純労働に、従業員は必要なくなる 引用:retailtechnology 従業員への人件

GoogleにMacy’s、世界のトップ企業が注目する「Predictive Analytics」とは?

米国では、もはや常識となっている「Predictive Analytics」 Predictive Analytics(プレディクティブ・アナリティクス)という言葉をご存知だろうか。 Predictive Analyticsとは、ビックデータ分析から未来予測まで一連の流れを行うコンピューティング技術のことだ。 ビックデータという言葉を耳にするようになってから、しばらくが経つ。IDC JAPANによれば、2017年には市場規模1000億円超と、ビックデータ市場の成長性には大きな期待がかかっている。にも関わらず、データを扱い分析できる人材の不足が長らくの課題だった。 そこで登場したのが、Predi

IoTにiBeacon、最新テクノロジーを活用した注目の海外クラウドファンディング5選

皆さんはクラウドファンディング(Crowdfunding)をご存知だろうか?クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対してWeb上から不特定多数の人に出資を募るという新しい資金調達の形だ。 クラウドファンディングサイト大手のKickstarterやIndiegogoでは、日々ユニークなプロジェクトが出資を受けてスタートしている。 今回はそんな中から注目を集めるテクノロジー系プロジェクトを4つをご紹介したい。 いつでもどこでも気軽にマッサージ 「i Massageo」 引用:https://www.indiegogo.com/projects/imassageo-the-first-app

データ分析で売上向上!次世代リテールテクノロジー企業まとめ

今回は、2015年1月にニューヨークで開催されたNRF BIG SHOW 2015出展企業の中から、未来のリテール企業を成長させる可能性に溢れる企業を紹介する。 例えば、リアル社会のデータ分析を得意とする企業。POSやWi-Fi、Beacon(ビーコン)と連動させた店舗向け分析ソリューションを提供し、店舗売上向上や新しい顧客体験を促進を担う、注目企業が揃っている。 またリテール業界では近年、SaaS型のクラウドサービスに注目が集まっている。小売企業側の大きな導入メリットとしては、リアルタイムでの店舗内の状況把握が可能なことで、即時性を持って現場での改善施策を打つことが可能になる。 また空間に限

3分でわかる!知っておくべき最新IoTベンチャーまとめ

2015年3月、バルセロナでMobile World Congress 2015というイベントが行われた。その中で、最近注目が集まるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)をテーマとしたピッチングイベント「IoT Stars」が開催された。 今回は、その「IoT Stars」のシリーズAのスタートアップ企業4社と紹介する。 ▼関連記事 IoTの「いま」がわかる、世界が注目のスタートアップ10社まとめ 必見!プログラミングができない人でも自作できるIoTツール4選 シャツから身体データを取得する「Ambiotex」 引用:Ambiotex 企業名:Ambiotex U

IoTの「いま」がわかる、世界が注目のスタートアップ10社まとめ

昨今、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の市場が全世界で注目を集めている。 2020年までに260億個のデバイスがインターネットに接続されるようになり、世界のIoT市場は2020年までに3兆400億ドルまで拡大するという。今回は、「IoT Stars MWC15」でピッチを実施したアーリーステージのスタートアップ企業10社を紹介する。 また過去に掲載したIoT関連記事を以下に掲載するので、お時間がある方はぜひご覧になっていただきたい。   IoTを守ってくれる必要不可欠なセキュリティツール 引用:Bastille Networks 企業名:Basti

必見!プログラミングができない人でも自作できるIoTツール4選

近年IoT市場は拡大してきており、今後多くのデバイスがインターネットに接続されることが予測される。IDC Japan 株式会社の予測によると、国内IoT市場の売上規模は2018年までに現在のほぼ2倍となる21兆1,240億円まで成長するという。その中でも、最近注目なのがDIY(Do It Yourself)という、ユーザが独自に組み立てることができるIoTである。そこで今回は、DIYキットから4つの主要商品をご紹介する。 ▼関連記事 国内IoT市場 2013年の実績と2014年~2018年の予測/ 今回は注目の4つのDIYキットを、一番安価なキット金額(1$=117.3円 1EUR=134.7

スタジアムの臨場感をそのままに!スポーツ業界に変革を起こすテクノロジー事例3選

スポーツは古代エジプト時代には既にあったとされ、何千年を経た現代社会でも広く親しまれている。公益財団法人 日本生産性本部によると、スポーツ業界の市場規模は国内だけでも3 兆 9,150 億円(2012年)にのぼる。 そんなスポーツ業界では、近年、テクノロジーとの融合が多く見られるようになった。今回はスポーツ業界が直面しているいくつかの課題を解決するテクノロジーをご紹介する。 ▼参照 http://www.mext.go.jp/component/a_menu/sports/detail/__icsFiles/afieldfile/2014/12/08/1353860_4.pdf スポーツ業界に

従業員のモチベーションを最大化、海外ワークフォースマネジメント企業まとめ

Workforce Managemnet(ワークフォース・マネジメント)という言葉は聞いたことがあるだろうか? Workforce Managementは、採用や人材育成に関わる作業を自動化、最適化することによって、採用の効率化や従業員の生産性の向上、モチベーションや満足度を高める仕組みとして、海外で注目され始めている。 今回の記事は、Workorce Management(人材管理)ツールを提供している海外企業をまとめて紹介する。 Talentoday ~心理測定など科学的根拠に基づいた人材管理ツール   企業名:Talentoday 調達額:1.5百万ドル CEO:Pierre-

Facebook、Twitter、ソーシャル・ネットワーク企業が次々とディープラーニングの企業を買収する訳とは?

Twitter、Facebook、Instragram、こういったSNSは多くの人にとってもはや生活の一部となった。自分の見たもの、感じたものをアップロードして共有しあうSNSの世界は、その人のデジタル世界の分身といっても過言ではないだろう。 今、そのSNSがディープラーニングという画期的技術により、また一歩進化しようとしている。今回は、大手SNS企業達のディープラーニングに関する取り組みと、その未来についてご紹介したい。 ▼関連記事 ABEJAと三越伊勢丹、最先端技術「ディープラーニング」で店舗開発 Facebookは2013年からディープラーニングに本格的に着手 引用:ソーシャルネットワー

世界が激震する「ディープラーニング」がロボットにもたらすもの

ドラえもんが発明される22世紀まで、あと85年となった。 残念ながら、我々の周りにはまだ世話を焼いてくれる家政婦ロボットや、人間と同じようにした思考を持ち、自分の判断で行動するロボットは存在していないが、確実にその未来に向けての距離は縮まってきている。 例えば、Amazonが2013年に発表した空からお届け物をしてくれるドローンや、Googleが目下開発中の自動運転車、これらも立派なロボットなのである。 今回は、我々の身近に迫りつつあるロボットと、ディープラーニングが合わさる事によって実現されるかもしれない未来の姿についてご紹介したい。 我々の生活に溶け込み始めているロボット 引用:ロボット×

ビッグデータが予測する未来、Predictive Analyticsとその開発企業に迫る

皆さんはPredictive Analyticsという言葉を聞いたことがあるだろうか?直訳すると予測的分析となり、大量のデータを統計的に解析する事により未来予測を可能とする技術の事を指す。これだけ聞くと何だかSFチックで遠い未来の世界の話のように感じられるが、実はアメリカでは既にこのPredictive Analyticsをビジネスに活用し始める企業が出てきている。   この背景には、従来は統計学を専門的に学んだデータサイエンティストがいなければできなかった事を、誰でも簡単に利用できる様にしたSaaS型のPredictive Analyticsサービスを提供する会社が出現し始めた事が

iBeaconによるビッグデータ取得で店舗運営が変わる?! iBeacon関連企業4選

皆さんがIT、もしくは小売関係者ならiBeacon(アイビーコン)を知らない人はいないだろう。 (知らない人はこちらをチェック) 日本全体で約40%(若年層では80%弱)まで普及したスマートフォン、更に2013年ごろから登場したiBeaconにより小売業界のあり方は大きな変化を迎えようとしている。今回は、そんなiBeaconを活用して新たなサービスを提供するスタートアップ4社を紹介したい。   超音波&Bluetoothを活用するiBeaconプラットフォーム「Signal360」 引用: https://media.licdn.com/media/p/1/005/07d/13b/2

【連載企画】テクノロジーが可能にする外食産業の生き残り戦略とは?

今週は、「外食産業×IT」をテーマに連載を行ってきた。 第1回の「テクノロジーは外食産業復活の狼煙(のろし)となるか」では、外食産業の市場環境を概観し、中食産業の台頭や食の安全性、人口減少などの市場課題があることを述べた。 続いて、第2回の「ITで需要予測と24時間予約が可能に!?国内外食産業×ITまとめ」では、国内事例を紹介。あきんどスシローが、ビックデータ分析を用いて、寿司の需要予測を行った事例や、飲食向けの予約管理アプリTORETAの事例を取り上げた。 そして、第3回の「クイズ王を破ったIBMの人工知能「ワトソン」が、今度は三ツ星シェフに?」では、海外事例として人工知能「ワトソン」が、人

【連載企画】クイズ王を破ったIBMの人工知能「ワトソン」が、今度は三ツ星シェフに?

さて、皆さんは人工知能の分野が近年、急激に進化している事をご存知だろうか?今やコンピューターは我々の想像以上に、人間と同じことができる様になりつつある。外食産業×ITの連載企画第3弾となった今回は、皆さんにテクノロジーの進歩により生み出された新しい料理の可能性についてご紹介したい。   人工知能「ワトソン」は大量のレシピを分析して全く新しいレシピを提案する 引用:antenna 「ワトソン」とは、IBMが構築した質問応答システムの名称である。「ワトソン」は自然言語、つまり私たちが普段話す言葉で書かれたテキストを解釈し、膨大なデータベースから瞬時に最適な答えを導き出す事ができる。正確に

【連載企画】ITで需要予測と24時間予約が可能に!?国内外食産業×ITまとめ

第一回目の記事で外食産業市場について解説を行ったが、今回は外食産業の国内IT活用事例について触れていく。 今回の記事では、ITを活用してコスト削減したあきんどスシローのビッグデータ分析事例と、飲食店向け予約管理アプリとして成長し続けている注目のサービスTORETAについて紹介する。 需要予測で廃棄量を約75%削減(ミューザ川崎店) スシローでトップクラスの売り上げを誇るミューザ川崎店 引用:IT pro 株式会社あきんどスシロー(本社:大阪府)では、回転すし総合管理システムを導入している。 神奈川県川崎市にあるミューザ川崎店では、1分後と15分後に必要な握りネタと数を常に予測。店長の勘と経験に

【連載企画】テクノロジーは外食産業復活の狼煙(のろし)となるか

近年、「ビッグデータ」という言葉はあらゆる市場を賑わるキーワードとなっている。そんな中、アナログな印象が強い外食産業にも、テクノロジーの活用の波が及んでいるのを皆さんはご存知だろうか。 外食産業におけるテクノロジー活用という連載企画の第1回目ということで、今回は外食産業の市場動向を解説して、テクノロジーが具体的にどの様な分野で活用されていくのかを考察していく。  市場規模は23兆円!外食産業の「いま」 外食産業総合調査研究センターの発表によると、外食産業の市場規模は1975年時点で約8兆6,257億円だったものが、1997年には約29兆702億円へと3倍以上の成長を遂げた。しかし、この1997