IoT

IoTに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!IoTテクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

IoT の記事一覧

iBeacon導入前にマーケティング担当者が確認すべき5つの課題

iBeaconは救世主かもしれないが、万能ではない 「iBeacon(アイビーコン)」とは、AppleのiOS7から搭載された、Bluetoothを利用した新しい無線技術である。iBeaconを利用すれば、iPhoneやiPadなどデバイスを持った人の「位置」や「方向」を把握できる。また把握した位置情報に合わせた、メッセージやデータを顧客のスマートフォンに送信することができる。 引用:Estimote ▼さらに詳しく知りたい方はこの記事をチェック これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ iBeaconは、これまで精度やコストの問題

ウェアラブルおもちゃで世界を獲る!「Moff Band」開発者インタビュー(後編)

前編から引き続き、「Moff Band」を開発する「Moff」の共同創業者 / 取締役エンジニアの米坂元宏氏に「Kickstarterを活用した資金調達の裏側」についてのお話を伺います。「Moff Band」は、世界最大規模のクラウドファンディングサイトKickstarterで目標金額の約4倍となる7万8800ドルの支援額をわずか48時間で達成し、日本国内だけでなく世界中で話題となっている。 ▼関連記事 ウェアラブルおもちゃで世界を獲る!「Moff Band」開発者インタビュー(前編) Kickstartar を活用した資金調達の裏側とは なぜ資金調達先にKickstartar を選んだのか

ウェアラブルおもちゃで世界を獲る!「Moff Band」開発者インタビュー(前編)

「Google Glass」や「Apple Watch」など、さまざまなウェアラブルデバイスが登場する中、「Moff Band(モフバンド)」 は「ウェアラブルおもちゃ」という新しいジャンルを切り拓こうとしている。「Moff Band」は、世界最大規模のクラウドファンディングサイトKickstarter で目標金額の約4倍となる7万8800ドルの支援額をわずか48時間で達成し、日本国内だけでなく世界中で話題となっている日本発の「ウェアラブルおもちゃ」だ。 日本発のウェアラブルおもちゃ「Moff Band」開発者インタビュー 今回は、「Moff Band」を開発する「Moff」の共同創業者 /

GoogleがIoT市場を席巻!?スマート温度調節器のNest買収の真意

皆さんはスマートホームという言葉をご存知だろうか? iOS8の発表でiPhoneにスマートホームのプラットフォームとなる機能が追加された事で今話題となっている。スマートホームとは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念で、家電や設備機器をインターネットで接続して制御する事で、遠隔で操作をしたり、環境を最適化するというものである。近年の情報インフラ、及びセンサリング技術の目覚しい発達により、このスマートホームが大きな注目を集めている。今回は、O2Oの中でも特に注目されているスマートホームに関するサービス事例を紹介する。 ▼参照 Nest Smart Thermostat スマートホームの未

いくつ知ってる!?Beaconサービス導入事例まとめ7選

iBeacon(アイビーコン)は、Appleが2013年秋にリリースしたiOS 7で搭載された機能である。2014年現在あらゆる場所で、このiBeaconを用いたサービスが展開されている。そこで今回はO2Oやオムニチャネル施策を考えるマーケティング担当者が押さえておきたいiBeacon導入事例についてまとめてみた。 ▼関連記事 2015年Beacon関連市場規模は43兆円に!関連記事総まとめ iBeacon導入を考えているあなたへ!海外の活用事例から学ぶiBeaconの3つの活用方法 2015年の飛躍を占う国内iBeacon導入事例14選 決済・スタンプ関連事例 Beacon対応!スマホ決済サ

話題のスマートホーム!スマホが家電のリモコン代わりに!

リモコンを家中探し回ったり、どのリモコンがTVのものなのかわからなくなったりした経験はないだろうか?そんなとき、「1つのリモコンですべて管理できたらいいのに」と考えたことのある方もいるのではないか。 今回は、そんな夢を叶え、スマートホームを実現してくれる事例を紹介する。   スマホ1つで家電製品を一元管理可能な「AnyMote Home」   出典:AnyMote Home by Kickstarter   AnyMote Homeは、専用アプリをダウンロードすることで、家電製品のリモコン代わりにスマホやタブレットなどの携帯端末を使用できるようにするデバイスだ。

iBeaconで恋活!?リアルな出会いを演出するO2Oアプリ登場!

オンラインの出会いからの結婚、全体の1/3 気になる異性と出会ってなかなか面と向かって話しかけることができない人にとって、その出会いの演出を手助けしてくれるアプリが登場した。アメリカでは2005年以降に結婚した人たちの1/3は、オンラインで知り合っていて、しかもその結婚の離婚率が低く、結婚後の満足度も高いという調査結果がある。このようにオンラインからオフライン、リアル世界へ進展するのが当たり前になった昨今。一昔は考えられなかった出会いが世の中に溢れている。そこで今回は、今話題のiBeacon(アイビーコン)を用いたO2Oアプリを紹介する。 引用:AYATORI MATCH ▼参照 「ネットで知

オムニチャネル化の加速と共に急成長!話題の電子決済サービス事例4選

66兆円に拡大する電子決済市場 株式会社矢野経済研究所によると、電子決済市場は2017年には66兆4000億円に成長する見込みだ。電子決済サービスのメリットとしては、消費者にとっては硬貨や紙幣を持ち歩く必要が無くなり、欲しい時に欲しい商品をオンラインで検索して、注文から決済までがリアルタイムで可能になる点が大きい。また店舗側にとっては、消費者の購買行動促進による売り上げ向上が見込まれる。今回は電子決済市場の拡大に伴い、ますます増えつつある電子決済サービス事例4つをご紹介する。   いくつ知っている?O2O時代の電子決済サービス事例 PayPal Here 過去に「Paypalアプリの

Appleも注目する屋内位置測位技術 3手法 まとめ

クーポン配布や情報配信などのO2Oサービスを提供する上で重要となる情報は「ユーザの正確な位置」である。屋外であれば衛星利用測位システム(GPS)による位置情報を利用できるが、大型商業施設などの屋内環境では、屋根や壁などの影響によりGPSの電波が弱まり、正確な位置情報を得ることができない。そこで、BLE / iBeaconや超音波ビーコンなどの、屋内におけるユーザの位置を測位する手法が多く提案されている。Appleが屋内位置情報の取得のための特許を出願するなど、注目が集まる屋内位置測位技術について、一部をピックアップし解説する。 3つの特徴的な屋内位置測位技術 BLE (Bluetooth Lo

これだけ知っていれば大丈夫!O2Oオムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(後編)

今、「オムニチャネル」や「O2O」の分野で注目を集めている新技術がある。2013年9月にリリースされたiBeacon(アイビーコン)だ。2014年度に入り、国内の代表的なパソコン雑誌「週刊アスキー」や「MacPeople」が相次いで、iBeaconの特集を掲載している。国内では楽天や大日本印刷がiBeaconを利用したブロモーション施策を実施している。 海外事例では、イギリス大型スーパー「Tesco」「Waitrose」がiBeaconを活用した集客サービスのトライアルをはじめたり、コカコーラが次期ワールドカップに向けてiBeaconを使った大掛かりなテストを行うなど、iBeaconを利用した

これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(前編)

引用元:Estimote Beacon 今、「オムニチャネル」や「O2O」の分野で注目を集めている新技術がある。2013年9月にリリースされたiBeacon(アイビーコン)だ。2014年度に入り、国内の代表的なパソコン雑誌「週刊アスキー」や「MacPeople」が相次いで、iBeaconの特集を掲載している。国内では楽天や大日本印刷がiBeaconを利用したプロモーション施策を実施している。 海外では、コカコーラが次期ワールドカップに向けてiBeaconを使った大掛かりなテストを行うなど、iBeaconを利用したマーケティング事例が増加している。しかし、「名前を聞いたことがあるが、その仕組みや

【速報記事まとめ】iPhone6 発表会での3つのサプライズとは?【iPhone6 / iOS8】

Appleより「iPhone6」と「iPhone6 Plus」が登場 9月9日(現地時間)に開催されたAppleの新型iPhone発表会にて、 新型iPhoneである「iPhone6」と「iPhone6 Plus」が発表された。「iPhone6 (Plus)」は従来のiPhoneと比べて、大画面化、高性能化しただけではなく、NFCを利用した新型電子決済システム「Apple Pay」が利用可能になる。また、「iWatch」として多くの話題となった腕時計型デバイス「Apple Watch」に関する発表もなされた。 [Source] Apple – Live – 財布内のカー

【速報】ついにAppleの腕時計型デバイス「Apple Watch」が発表される!【iPhone6 / iOS8】

ついに「Apple Watch」が発表される!発売は2015年初頭に 9月9日(現地時間)に開催されたAppleの新型iPhone発表会にて、「Apple Watch」の詳細な情報が発表された。「Apple Watch」は、Apple初のスマートウォッチであり、「iWatch」として数多くの憶測を生んできたデバイスでもある。ディスプレイは圧力を感知可能な特殊なタッチパネルであり、側面に特徴的なダイヤルボタンを持つ。背面には、LEDセンサが搭載され、ユーザの心拍数を測定することができる。本体は用途によって3種類が用意され、バンドは任意に交換が可能。アプリケーションとしては、非常に高精度な時計、地

【速報】Apple が新型電子決済システム「Apple Pay」を発表!電子決済市場に与える影響とは【iPhone6 / iOS8】

Appleが新型電子決済システム「Apple Pay」を発表 9月9日(現地時間)に開催されたAppleの新型iPhone発表会にて、NFCを利用した新型決済サービス「Apple Pay」が発表された。新型iPhoneである「iPhone6」および「iPhone6 Plus」にはNFCが搭載され、対応する店舗での電子決済などのサービスを受けることができる。また、Appleの指紋認証機能「Touch ID」を利用し、従来のクレジットカードよりも安全な利用が可能になるとしている。「Apple Pay」はアメリカの大手クレジットカード会社3社(American Express、MasterCard、

IoTで夏風邪対策!たった10秒で体の調子がわかっちゃう『Scanadu Scout』とその未来

デジタルヘルスケア時代到来 まだまだ暑い9月、みなさんは体調管理をどのようにしているだろうか。冷房の効きすぎや夏バテを引きずって、体調がなんだかよくない、という人もいるだろう。しかも「ちょっと夏風邪で…」なんて言うのも少し恥ずかしい…。 そこで今回は夏風邪対策にぴったりな最新ウェアラブルデバイスをご紹介する。 IoTの波が到来する今、健康管理をウェアラブルで可能にする動きも多く見られており、その市場は拡大している。 これまでにも個人の健康管理を目的とした器具はあったが、最終的なデータの入力や記録は手動で行うものがほとんどで、なかなかマメな人でないと続けるのが難しいものであった。しかしウェアラブ

最も身近なO2O・オムニチャネルのインフラ!人体を通信経路にする「BAN」とは!?

近年、iBeacon(アイビーコン)やウェアラブルデバイスの登場により、O2O、オムチャネルの動きに拍車がかかっている。そんな中、以前から研究が進められていて、有線でも無線でもない、手など身体の一部を利用して情報のやり取りを行うユニークな通信が注目を浴びている。2014年7月には、次世代人体通信技術「CCCC」の事業化を進めるQUADRACが、産業革新機構を割当先とした約7億円の第三者割当増資を実施したりと活発化している。 今回は、その人体通信BAN(Body Area Network)について紹介をする。 引用元:電界通信認証「タッチタグ」:SOLEKIA   そもそも「BAN」と

IoTの波がいよいよ靴へ。インド発スマートシューズ「Lechal」が道案内

2014年、IoTの動きが盛んである。「IoT」とは、Internet of Thingsの略で、デバイスなどといった「モノ」とインターネットを協調させて情報を交換し、今までにない新しい体験をつくり出す仕組みのことである。当編集部でも以前紹介したように、IoTは冷蔵庫、調理器具、メガネ、腕時計といったように、私たちの生活のあらゆる場面で活躍している。そんな中で、今回は、靴に目を付けた「Ducere Technologies」が作り出したスマートシューズを紹介する。インターネット✕靴で何が生まれるだろうか。 引用元:Lechal   IoTが「靴」まできている!道案内をするウェアラブル

IoTをいち早く体験!「airfy Beacon」で家電を自動化

AppleのiOS7から利用可能になり、聞く機会の多くなった「iBeacon(アイビーコン)」。アパレル業界を筆頭にマーケティング分野ではビーコンの導入事例も見られるようになってきているが、いまいちピンと来ない方も多いのではないだろうか。 そんな中、登場したのがビーコンで自宅を自動化してくれるデバイス「airfy Beacon」だ。 引用元:airfy Beacon   スマホで自宅を自動化 airfy Beacon端末を寝室/キッチン/リビングなど自宅の様々な場所に配置しておけば、専用アプリをインストールしたスマートフォンを持った人との距離に応じて、家電を操作したり、IFTTTのレ

指の動きだけで家電を簡単に操作できるO2Oデバイス、スマートリング「Nod」

引用元:Nod AppleのiWatchやGoogle製のスマートウォッチの登場が噂される中で、ウェアラブル市場はかつてないほどに多くの人の注目を集めている。その中でも、スマートリングは既存のUIを大きく変えると言われている画期的なデバイスだ。今回は、O2Oの最先端デバイスであるスマートリング「Nod」についてご紹介したい。 腕を一振りで自在にデバイスを操作できる「Nod」 O2O革命・IoT革命と騒がれる中、指でデバイスを操作できるスマートリングが続々と登場している。「Nod」もその中の一つである。「Nod」を発明したのは、元Google社員のAnush Elangova氏。Bluetoot

すべてのスマホにO2Oサービスを提供可能!超音波技術 活用事例 3選

すべてのスマホに対応可能な超音波方式 近年、Bluetooth LE (iBeacon、アイビーコン)やNFCなどの技術を利用したさまざまなO2Oサービスが提供されている。しかし、これらの技術に未対応のスマートフォンの数は多く、すべてのユーザに対して十分なO2Oサービスを提供することは難しい。そこで、注目されているのが超音波を利用した方式だ。人間には聞き取ることのできない音である超音波を、マイクから取得することにより、ほとんどのスマートフォンに対してサービスを提供することができる。今回は、超音波を利用した方式について簡単に解説しつつ、超音波を活用したO2Oサービス施策事例について紹介する。 そ

スマートウォッチとは一味違う?IoT時代のダークホース、リストコミュニケーター「The Rufus Cuff」

年内の発売が噂されるiWatchにより、ウェアラブルデバイス市場はより一層の加熱を見せている。調査会社MMRIの予測によると、2014年度には2,209万台、2020年度には12,444万台が世界で販売される。しかし、現時点で発売されているSUMSUNG社の「Galaxy Gear」やPebble社の「Pebble Smartwatch」を見ると、操作性、汎用性、充電時間、見た目など課題は山積みだ。今回、ご紹介するのはスマートウォッチの存在を脅かす可能性を秘めた製品だ。 IoT時代のダークホース、リストコミュニケーター 「The Rufus Cuff」とは? リストコミュニケーターという言葉を

IoTデバイスでスマートにBBQしよう!超楽に肉が焼けるO2Oアプリ「iGrill」

本格的な夏が到来して、BBQをする機会も増えてきたのではないだろうか。 最近、都内の銀座や六本木で本格的な炭火を使ってBBQが楽しめるスペースがオープンしている。食材は予約購入、現地購入、持ち込みも可能。自分たちのスタイルに合わせていくらでも自由に楽しむことができるのだ。 グルメという観点でもスマートフォンの普及により、実名グルメサービス「Retty」のユーザー数が400万人を突破した。スマートフォンを中心に、前年同月比990%の成長を達成したのだ。2014年4月に300万人を突破して以降、約3か月間で100万人増加したことになる。 このようにO2Oの動きが活発化する中、今回はこれからの夏のB

IoT時代のスマートホームの担い手!O2Oキッチンガジェット「Insider」

2014年、IoT時代が加速している。アップルが参入するといわれる「スマートホーム」にもある通り、Googleやサムスン等メガベンチャー各社がモノのインターネットの主役の座を争い、しのぎを削り始めている。 「IoT」とは、Internet of Thingsの略でデバイスなどの「モノ」とインターネットを協調させることで情報を交換し、新しい体験をつくり出す仕組みのことである。 こうした仕組みの中、今回は家電の代表格・冷蔵庫とインターネットを繋げた仕組みについて紹介する。 引用元:Insider 冷蔵庫の中の管理役「Insider」 今回、紹介するのはキッチンで大活躍をするO2Oアプリである。 大

あなたの生活を変えるかも!?国内最新のiBeacon導入事例4選

国内外でiPhone6が、もう間もなく発売されると囁かれている中、予想される新機能に注目が集まっている。その中でも、当編集部も、以前取り上げたことのあるiBeacon(アイビーコン)機能は、Appleが純正のiBeacon端末を出すなどと噂をされており、さらに多くの可能性を秘めていると言えるだろう。iPhone6のiBeacon機能によって、これからのお買い物が大きく変わるかも知れない。 今回は、iPhone6の発売前に国内最新のiBeacon導入事例について紹介する。これを知ったその時から、あなたの生活が変わるかもしれない。   出典:http://iphone6update.co

史上初!ヒトの疲労状態を教えてくれるO2Oメガネ「JINS MEME」に注目!!

自分の疲労状態を“自分の目で見て”確認できる 「最近疲れがたまっていて、寝ても疲れが取れない・・」それもそのはずである。人間の疲労の回復率は、ある一定のボーダーラインを超えると著しく悪くなってしまう。そうなる前に今自分がどれくらい疲れているのかを目で見て把握でき、対処法を考えることが出来れば、理想なのではないだろうか。 そんなあなたの毎日の健康管理をサポートしてくれるのが、今回JINSが発表したスマートグラス「JINS MEME(ミーム)」だ。 メガネが感知した身体情報がスマートフォンのアプリ画面に表示される。 「いつでも」「正確な」身体の情報を取得できる機能性を備えたデバイス 「JINS M

Google Glass の活用は既に始まっている?! 最新の活用事例 5選

Google Glass の活用は既に始まっている! Google Glassが一般向けに発売される日が、いよいよ間近となってきている。Googleは、Google Glassのベータ版が購入可能となる「Glass Explorer」プログラムの対象を、アメリカ以外の国々に拡大している。また日本でも、Google Glassが総務省の「技術基準適合証明(技適)」を通過し、販売開始への環境が整いつつある。このような状況の中で、Google Glassを自社ビジネスで活用しようとする動きが活発になっており、多くの企業がコンセプトの発表や実証実験を開始している。今回は、Google Glassを活用

こんなの知ってた?!Loppiの賢い使い方

クーポンってどこで手に入れてる? 「クーポン」の存在を知らない人はまずいないだろう。お買い物をする際、少しだけ値段を安くしてくれる貴重な存在だ。 そんな「クーポン」は、スマートフォンの普及で、より簡単に入手・管理できるようになった。以前は、店頭でチケットタイプのクーポンをもらい、再度来店した際に提示すれば商品を安く購入できる、といった形が主流だった。しかし、お得感ゆえに捨てられないクーポンが増え、お財布がクーポンでぱんぱん、なんて人も多かったはずだ。今では、様々なクーポンアプリが普及し、スマートフォンの画面を見せるだけで、より快適なお買い物ができるようになった。 ところで、コンビニでいつでも手

タッチパネルの進化がスマホの形を変える!? 未来のタッチパネル 5選

タッチパネルに新時代到来の予感 2007年に初代iPhoneが発売されて以来、長方形のタッチパネルを前面に配置するスマートフォンのデザインは大きく変化していない。しかし、タッチパネルを立体的に変形させる技術や、触感を変化させる技術などが登場したことにより、スマートフォンの形状だけでなく、オムニチャネルにおけるサービスの在り方へも大きな変化をもたらす可能性が出てきた。今回は、オムニチャネル販売の新たな武器になり得るタッチパネル新技術や利用事例についてまとめる。 出典: John Paczkowski – Mobile – AllThingsD 触感を変化させるタッチパネル

オムニチャネル・O2O担当者必見のTwitterアカウント7選

だれもかれも、オムニチャネル・O2Oの取り組みを叫ぶ中で、急速に変化しつつある顧客の購買行動を深く洞察した上で知見を述べる優良な情報源は多くない。今回、皆さんにご紹介したいのは、当編集部が独断で選んだオムニチャネル・O2Oに該当する領域で注目すべき企業とそのキーパーソンたちだ。ぜひとも、今後の情報収集に役立てて欲しい。 Estimote 引用元:Polska (左:Jakub Krzych 右: Łukasz Kostka) https://twitter.com/jimiasty EstimoteCEOのJakub Kyzychは、Beacon端末のEstimoteを提供している。Estim

iBeaconを活用したO2Oオムニチャネル海外マーケティング事例 ~スーパー編~

引用元:Gigazine 今、「オムニチャネル」や「O2O」の分野で注目を集めている新技術がある。2013年9月にリリースされたiBeacon(アイビーコン)だ。2014年度に入り、国内の代表的なパソコン雑誌「週刊アスキー」や「MacPeople」が相次いで、iBeaconの特集を掲載している。国内では楽天や大日本印刷がiBeaconを利用したブロモーション施策を実施している。海外では、コカコーラがワールドカップに向けてiBeaconを使った大掛かりなテストを行うなど、iBeaconを利用したマーケティング事例が増加している。そんな中で、今回は海外のスーパーで実施されているiBeaconを活用