IoT

IoTに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!IoTテクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

IoT の記事一覧

【連載企画】スマートウォッチが加速させる新しい形の業務支援とは

まもなく「Apple Watch」が私たちの生活の中に登場しようとしている。国内では4月24日からの発売が予定されており、Apple Store などでの試着会が、連日行われている。 アナリストの予測では、Apple Watch の発売を機に、スマートウォッチやウェアラブルデバイスへの認知が急激に高まり、市場規模は2020年までに約230億ドルまで成長するとされている。 Apple をはじめとする、多くのスマートウォッチ開発企業やアプリ開発企業は、人々の普段の生活の中にスマートウォッチを浸透させようと、さまざまな利用シーンの提案を行っており、その中でも、法人として業務に活用する動きが活発になっ

【連載企画】Apple Watch発売間近!そもそもスマートウォッチとは?

Apple Watch(アップルウォッチ)の発売が今週に迫り、スマートウォッチへの注目も高まりつつある。 今回は、今週発売するApple Watchに合わせて「スマートウォッチ」をテーマに連載していく。 第1回目となる本記事は、そもそもスマートウォッチとは何かをおさらいしつつ、市場規模からスマートウォッチの課題を示してみる。 そもそも「スマートウォッチ」とは?   引用:SmartBand Talk スマートウォッチとは、腕時計式で手首に装着することができるウェアラブルデバイスのことである。時計の他に演算処理や通信といったスマートデバイスの機能を兼ねた端末だ。 多くのスマートウォッチは、タッチ

まとめ読み!シアトル発Arch for Startupが紹介する海外O2O事例記事17選

Arch for Startupは、2014年6月に設立されたシアトルに拠点を置く団体だ。彼らのビジョンは日本とシアトルのスタートアップのためのプラットフォームを構築し、相互の経済発展に貢献することである。 主な活動内容に関しては、シアトルで活躍しているスタートアップ企業への独占インタビューや現地イベントのレポートなど多様である。 シアトルは、MicrosoftやAmazonをはじめとする大手IT企業の本社や、StarbucksやCostcoといった大手小売企業の本社があり、且つ人材面、環境面も充実したスタートアップエコシステムも形成されていることから、今後益々成長することが期待される。 今回

【連載企画】世界で最も進化している日本のコンビニ・スーパーの未来 

今週はコンビニ・スーパー×ITをテーマに連載企画を実施してきた。 私たちがほぼ毎日利用するコンビニだが、実は世界的に見ても最も洗練されたオペレーションを持つ業態の一つと言われている。さらに、比較的アナログな分野とされていたコンビニにも、最新のテクノロジー活用が進み始め、大きくその様相を変えようとしている。 今回は、変化を迎えつつあるコンビニの未来についてご紹介したい。 ▼連載企画バックナンバー 第1回:テクノロジーが活かされる、コンビニ・スーパー業界の「いま」に迫る 第2回:コンビニ業界大手3社のビックデータ活用事例まとめ 第3回:スーパーマーケットのIT活用事例まとめ iBeacon(アイ

健康志向都市シアトルから生まれたウェアラブルスタートアップ【第2弾】

※Arch for Startupより寄稿 私達Arch for Startupはワシントン州シアトルに拠点を構える。 シアトルといえばイチローが所属したシアトル・マリナーズというイメージを持たれる方も多いが、実はここシアトルはアントレプレナーシップに富んだ街としても有名だ。Boeing社、Starbucks、Tully’s Coffee、Microsoft、Amazon、Costcoといった大企業に始まり、現在でも多くのスタートアップが興っている。 今回の記事では、その中でも特にウェアラブル端末にフォーカスを絞って紹介した前回の記事の第二弾として、シアトルのウェアラブル業界のスタートアップを

【連載企画】ファッション×テクノロジーの最先端を行く専門家が語る未来の姿

従来のファッション業界で最も重視されていたのは「イメージ」だった。人々が受ける印象やイメージが全てと言っても過言ではないファッションは、数字が最も重視されており、マーケティングからビジネスの目標設定まで数値を元に構築されているIT業界とは対象的であった。 この様な感覚の違いからか、ファッション業界は以前よりIT化の最も遅れている領域の一つであったが、ECの台頭やスマートフォンの普及に伴う顧客の購買行動の変化などの急激な市場環境の変化を背景に、新しいテクノロジー活用が進んでいる。 具体的な例で言えば、iBeaconや集客アプリなどの取り組みが記憶に新しいだろう。 本稿では、テクノロジーにより変化

【連載企画】いま、ファッション業界でIT革命が起きている

ここ10年、日本国内のファッション業界市場はやや縮小傾向にある。経産省の調査によれば、2013年のファッション業界市場規模は約18兆円と、2002年の約20兆円から1割減。同時に、今後成長するアジア市場への海外展開の必要性も指摘されている。 一方で、同じファッション業界でもECに関しては、市場規模拡大が見込まれている。同じ経産省の調査では、日本国内のEC市場は2020年には2.6兆円規模に達するとの予測だ。この背景には、スマホやタブレットなどの普及により、一般生活者が習慣的にITを活用するようになったことがある。 生活者にスマホ・タブレットが普及するに伴って、これまでテクノロジーから最も遠い業

【連載企画】企業も学生もスムーズに対応!Beacon(ビーコン)×就活アプリ紹介

皆さんが就職活動をしていた時代は選考中の企業のパンフレットや、書類などが部屋に溢れ返った記憶はないだろうか? 今回はBeacon(ビーコン)を就活に活用することで、企業と学生にメリットをもたらそうとする2社の取り組みをご紹介する。 履歴書や選考ステータスの一元管理が可能になるペーパーレスアプリ「attache」 まずは株式会社ギブリーが提供している就職活動アプリ「attache」をご紹介する。 attacheは履歴書や選考ステータスの一元管理が可能になることでペーパーレス化を促し、学生と企業の就職活動をより効率化させるアプリだ。 attacheはログインしたらすぐに、いま現在開催されているセミ

地域振興の救世主!「位置情報ゲーム」を展開するモバイルファクトリーのO2O施策に迫る

最近、モバイルの位置情報を使ったゲーム「位置情報ゲーム」が注目を集めている。位置情報ゲームとは、ユーザーが実際に場所を移動することでゲームを進行する事が出来るゲームのことを指し、Googleの社内スタートアップ、NianticLabsが開発した、「Ingress」が有名だ。 国内で位置情報ゲームを手掛ける企業としては、「位置ゲー」を商標登録している株式会社コロプラのほかに、全国各地の鉄道駅に実際に足を運び、全国の鉄道駅を集めるという内容の「ステーションメモリーズ!(略称:駅メモ!)」や、「駅奪取PLUS」「駅奪取」などの位置情報ゲームを提供している、株式会社モバイルファクトリー(以下モバイルフ

【連載企画】未来の教育を先駆ける!品川女子学院のEdTech事例

「教育×テクノロジー」連載企画の第1回では、RISU Japan株式会社の描く、未来の教育について紹介した。 続いて第2回では、時代を先駆け、教育現場にITを活用する品川女子学院の事例を紹介する。 品川女子学院は、都内にある私立女子中高一貫校である。同校は教育にテクノロジーを取り入れた独自の教育方法で、注目を集めている。Life is Techが主催するEdu×Techイベントにおいて、同校の家庭科・情報科教員である酒井春名さんが「学校現場×IT」をテーマに講演を行った。 今回は、同講演で触れられた品川女子学院の先進的な取り組みを紹介し、学校教育の未来について考えたい。 ▼関連記事 【インタビ

【連載企画】360兆円市場!世界が注目するIoTの関連記事総まとめ

近年IoT市場が全世界で注目を集めている。本連載第一回の記事でも紹介したように、2020年までに260億個のデバイスがインターネットに接続されるようになり、世界のIoT市場は2020年までに3兆400億ドルまで拡大するという。今回は連載企画最終回として、「O2Oイノベーションラボ」がこれまでお届けしてきたIoTに関する記事を、トピック毎に紹介していく。 IoT時代を支える技術 引用:A Simple Explanation Of ‘The Internet Of Things’ IoTデバイスの開発に貢献する高性能シングルボードコンピュータ IoT時代の高性能シングルボードコンピュータ「Ras

お家の安全を管理するIoTデバイス「WallyHome」

※「Arch for Startup」より寄稿 もし、あなたがアメリカで過ごすなら多くの事を考えなければならないだろう。 水漏れの問題もその内の一つだ。アメリカの保険会社によると、家に関する保険請求で2番目の件数が多いのが水回りの問題である。寒い地域における水道管の凍結による破裂や、パイプの老朽による水漏れなど、アメリカでは日本よりも水回りの問題が多く、平均修理費は6995ドルもすると言われている。起こる確率は低いとはいえとても高額な値段だ。 今回はそういった水漏れの被害を最大限に抑え、家で安全に過ごせるIoTデバイス「WallyHome(以下wally)」を紹介したい。 引用:http://

【連載企画】IoTの分野で活躍する海外企業4選

私達の身の回りのデバイス達が相互に情報を共有しあうInternet of Things(以下、IoT)という言葉が昨今、よく聞かれるようになった。 IoTの代表的な例で言えば家具同士が連携しあうスマートホームが挙げられる。スマートホームではセンサーが人の入室を検知すると自動で明かりをつけたり、部屋の温度を最適に調整したりする。 IDC Japanが発表したレポートによると、IoTの世界市場規模は現時点で156兆円を超えており、2020年には360兆円を超えるとしている。この様に巨大な市場の中では当然、様々なプレイヤーが出現して独自の方向性を打ち出している。 そこで今回は、IoT市場の代表的なプ

【連載企画】どう解決する?医療の需要過多ーヘルスケアIoT事例ー

近年、比較的重い疾患にかかりやすい高齢者・慢性疾患患者の割合が増加し、医療の需要が伸びている。 内閣府の資料によれば、超高齢化社会へと突入した日本では、加齢とともに病気やケガを訴える人の割合は増加傾向にあり、2010年には、高齢者の半数近くにあたる47%の人が、自覚症状を覚えている。また、日本人の死亡原因をみると、戦後結核をはじめとした感染症による致死率が低下する一方で、がんや糖尿病などの慢性疾患の割合が6割を占めている。 引用:http://www.ijmrps.com/ 一方で、それに見合った効率的な医療システムが整っておらず、需要過多の事態が生じている。これは、医療財源が限られていること

【連載企画】スマホで家を操作する!IoTによって実現する「スマートホーム」とは

これから起こりうる石油や天然ガスなどの自然エネルギーの枯渇を見据え、2009年、日本国内で「スマートシティ計画」がスタートした。当計画では、都市の電力配給システムを、IT技術によって効率化する技術が非常に重要視されている。その技術の一つには生活の中の無駄な電力を低減するだけでなく、自らが発電も行える「スマートホーム」がある。 「スマートホーム」とは、冷蔵庫やエアコンのような家電や設備機器をインターネット上で一括管理し、生活者のニーズに合わせてサービスを提供する家のことである。このようにインターネットに繋がった家電は、「スマート家電」と呼ばれ、IoT(アイオーティー)の一つとして注目を集めている

【連載企画】全世界的な広がりを見せるIoTの全貌に迫る

近年IoT市場が拡大を続けている。IoT(Internet of Things)はモノのインターネットと訳される。IoTデバイスの代表的なものとしては、照明やエアコンといったスマート家電や、インターネットに接続された車であるコネクティド・カーなどがある。 本連載では、近年注目されているIoTを全5回にわたって特集する。今回は、初回として、IoTの概要を解説したい。 第一回: 【連載企画】全世界的な広がりを見せるIoTの全貌に迫る 第二回:【連載企画】スマホで家を操作する!IoTによって実現する「スマートホーム」とは 第三回:【連載企画】どう解決する?医療の需要過多ーヘルスケアIoT事例ー 5年

Beaconソフトウェアのイノベーションを目指すスタートアップArtifact Technologies

※「Arch for Startup」より寄稿 アメリカでは今、数々の最先端技術を持つスタートアップがBeacon開発に取り組んでいる。まだ実験段階ではあるものの、過去の記事でも紹介したように、NFL(アメリカンフットボール)、MLB(野球)をはじめ、Macy’sなどの著名百貨店の一部店舗では既に導入が始まっている。我々Arch for Startupが拠点とするシアトルはBeaconのソフトウェアを開発するスタートアップが盛んな街である。今回は、シアトルでBeaconソフトウェアの開発を手掛けるスタートアップであるArtifact Technologiesという企業を紹介する。

SONYの若手チームが個人で作れるIoTキット「MESH」を開発

近年IoT市場は拡大してきている。ガートナーによると、2015年には前年の30%増となる49億個の「モノ」がインターネットよってつながり、2020年には250億個に上ると推測されている。 そこで今回は、注目のIoT市場から、ソニー株式会社(以下SONY)が2015年1月に世界最大のクラウドファンディングサイトのINDIEGOGOに出し、現在約37000ドル(約434万円)を既に集めている「MESH」を紹介し、今後どのようにして私たちの生活に影響を与えるのか解説したい。 DIYとIoTの親和性 DIYという言葉をご存知だろうか? DIYは”Do It Yourself”の略語であり、ユーザが自分

国内最大級グルメアプリ「ホットペッパーグルメ」のBeacon活用O2O事例

2月9日、国内最大級グルメクーポンアプリ「ホットペッパーグルメ」を運営する株式会社リクルートライフスタイル(以下、リクルートライフスタイル)は、Beaconを活用したO2O実証実験を開始した。 Beacon(ビーコン)とは、スマートデバイスに搭載されているBluetooth Low Energy(BLE)を利用した近距離無線通信技術である。2013年にiOS7に標準搭載されて以降、スマートデバイスが普及したこともあり、O2O(Online to Offline)施策への利用などで注目されている。 本記事は、リクルートライフスタイルのホットペッパーグルメアプリが実施している、Beaconを活用し

100兆円市場!2025年にIoTは高齢者市場を支配する

近年、社会保障費の増大が大きな社会問題となっている。 国立社会保障・人口問題研究所「平成23年度社会保障費用統計」によると、2000年と2014年を比較すると、国民所得がほぼ横ばいであるのに対し、医療費は11兆円増となっている。それによって、今後増え続けると予想される社会保障費を削減する試みが求められるようになった。 また、ピンチはチャンスとでも言うかのように、みずほ銀行は2025年の高齢者市場規模は、高齢者人口の増加を背景に100兆円規模に拡大する見通しだとしている。 この巨大な市場にいち早く進出するのはどの業界なのだろうか。近年注目を集めているIoT(Internet of things)

シアトル発!幅広い用途が期待される足型ウェアラブル「Boogio」

※「Arch for Startup」より寄稿 昨今、世界各地で日進月歩に開発が進んでいるウェアラブル。これまでにGoogleGlassに代表されるスマートグラス(メガネ型端末)に端を発し、Apple Watchなどのスマートウォッチが新たに注目を集め、以前に紹介したウェアラブルのように新しいタイプの端末が数多く生まれている。 ウェアラブルの用途は幅広く、今後、より一層その必要性が増し、開発が進むことは間違いない。さて、数あるウェアラブルデバイスの中で、今回紹介したいものはシアトルに拠点を置くスタートアップREFLX Labsが開発した足型ウェアラブルデバイスの「Boogio」だ。  Blue

テクノロジーが社会課題を解決!見守りウェアラブル・IoT事例5選

日本の社会問題として、高齢化と核家族化の進行がある。病気のリスクが高まり、介護が必要になる場面も増える高齢者が、一人もしくは夫婦のみで暮らしており、孤立してしまうことが問題視されているのだ。 内閣府によれば、2011年時点で、65歳以上の高齢者がいる世帯は、国内人口のうち4割を占める。さらに、そのうちで「単独世帯」・「夫婦のみの世帯」の占める割合が、過半数となっている。また、一人暮らしの高齢者も増加傾向にあり、1980年から2010年の30年間で、高齢者人口に占める一人暮らし高齢者の割合は、約2倍にまで増えている。 こうした社会問題の解決に、ウェアラブル・IoTが一役買っている。テクノロジーは

シアトルのコスメティック会社Julepの驚くべき販売戦略

※Arch for Startupより寄稿 みなさんJulep Beauty(以下Julep)という会社をご存知だろうか? Julepはシアトルに本社を置き、元スターバックス、ボストン・コンサルティング・グループの役員であったJane Park氏によって設立された、コスメティック商品を専門に扱うスタートアップだ。2007年に設立されたJulepは当初4つの営業所でマニキュアやペディキュアなどを販売していたが、2008年にはオンライン販売を開始し、現在の主な収入源はノードストロームやSephoraへの委託販売とオンライン販売となっている。 Julepはこれまでなんと5600万ドル(約67億円)の

ウェアラブルが未来の生活を変える?障碍者支援ウェアラブル事例3選

昨今、ウェアラブルデバイスへの注目が集まっている。総務省のデータでは、ウェアラブルデバイスの端末数は2013年度の40万台から、2020年には600万台以上へと増加し、7年間で約15倍になると予測されている。一口にウェアラブルデバイスといっても、様々な用途があるが、今回は障碍者支援に向けて開発が進められているウェアラブルデバイスを紹介したい。 盲導犬の代わりに道案内をする「INDEPENDENCE DAY」 [su_youtube url=”https://www.youtube.com/watch?v=BEzncMLLOxE” width=”500&#82

Pebble社CEOが語るスマートウォッチ戦国時代を生き抜くための6つのヒント

2015年はスマートウォッチ戦国時代の幕開けとなりそうだ。Googleとパートナー企業達は「Android Wear」を昨年の夏から次々と投入しており、Apple は「Apple Watch」の発売を2015年4月に予定している。アナリストの予測では、Apple Watch の発売を機に、スマートウォッチやウェアラブルデバイスへの認知が急激に高まり、市場規模は2020年までに約230億ドルまで成長するとされている。 世界の巨大IT企業が相次いて参入するスマートウォッチ市場の中で、大きな存在感を示しているのが「Pebble」だ。「Pebble」 は電子ペーパー用のディスプレイを特徴としたスマート

2015年Beacon関連市場規模は43兆円に!関連記事総まとめ

2014年は「Beacon(ビーコン)の年」といっても過言ではないほど、Beaconに注目が集まった。Beaconとは、BLE(Bluetooth Low Energy)という通信規格で、モバイル端末の位置情報を特定し、必要な情報を常時配信するというものである。NRI Knowledge InsightによるとBeaconを含むO2Oの2015年の市場規模は43.8兆円と推測されている。 2013年6月、Appleの開発者イベントで発表されたiBeaconは、国内外問わず、広い範囲で導入されている。しかし、まだ多くの人はiBeacon機能を実際に体験したことがなく、どのような便利さがあるのかイ

来場者8万5千人!ウェアラブルエキスポで注目を集めた3つのトレンド

2015年1月14日(水)〜16日(金)の3日間、東京ビックサイトにて第一回ウェアラブルEXPOが開催された。ウェアラブルEXPO公式サイトによれば、開催期間3日間を通じての来場者は85,924人を記録し、日本国内でのウェアラブルデバイスへの注目度の高さが伺える。以下では、ウェアラブルEXPOで見られた3つのトレンドを紹介したい。 ヘッドマウント系ウェアラブルは、B2B向け作業現場での活躍に期待 ウェアラブルEXPOでは主に工事現場、医療現場など、B2B向けのグラス系ウェアラブルデバイスが多くみられた。野村総合研究所の資料によれば、プライバシーやコスト、社会的規範等の観点から、まずはB2B向け

各社オムニチャネル事例~アプリから決済まで~

この記事は、「アパレルマーケティング」より転載。 各社オムニチャネルを進めていく上で、アプリ導入は必須になってきました。 スマートフォンでの購入が主流になりつつありますが、その次はIoT(インターネットオブシングス)で身の回りのあらゆるものがコンピュータに組み込まれ、ネットワークで接続されると言われています。 最近、話題のウェアラブルデバイスや自動車(スマートカー)、家屋(スマートハウス)など等がその流れです。 IoT時代にはどうのような購買活動になるかは未知数です。今回は、各社の最新オムニチャネル事例をご紹介します。 ナノ・ユニバースは決済を利用 引用:株式会社ゼウス ナノ・ユニバースはO2

パルコシティがショップブログ連携型ネット通販サービス 「アミュカゴ」をスタート

パルコグループでWebコンサルティング事業を運営する株式会社パルコシティ(以下パルコ・シティ)は、本日2月19日に、鹿児島ターミナルビル株式会社が運営する商業施設アミュプラザ鹿児島で、ショップブログ連携型ネット通販サービス「アミュカゴ」の提供をスタートさせたことを発表した。「アミュカゴ」はパルコが2014年に開始した「カエルパルコ」の仕組みを利用したサービスで、パルコ以外の外部の商業施設においては、今回が初の導入事例になるという。 ▼参照 株式会社パルコニュースリリース 店頭在庫で運営ができる、ショップブログ連携型ネット通販サービス 「アミュカゴ」 引用:ニュースリリース 「アミュカゴ」は、ア

シアトルNFLチーム「シーホークス」公認ストアも導入するBeaconテクノロジースタートアップ

※「Arch for Startup」より寄稿 引用: Seahawks 公式サイト 約2週間前にアリゾナ州で行われたアメリカのスポーツ史上最大の影響力を誇るスーパーボウル。対戦した2チームのうちの一つはシアトルを拠点とするシーホークスである。日本ではアメフトは馴染みの薄いスポーツかもしれないが、アメリカでは一番人気のスポーツということもあり、スーパーボウルの盛り上がりはとてつもない。 周辺地域への経済効果は、なんと1試合につき約6億円以上というデータもあるほどだ。今年は優勝を逃してしまったものの、シーホークスは2年連続のスーパーボウル出場ということもあり、チーム関連グッズの売り上げはすごいス